冬のカサカサ乾燥肌にサヨナラ!効果的な食事・栄養素とは?

冬のカサカサ乾燥肌にサヨナラ!効果的な食事・栄養素とは?

だんだんと寒くなり、お肌の乾燥が気になるこの時期…カサカサした乾燥肌にいい栄養素をしっかり摂ることで、体の内側からも乾燥肌対策ができること、ご存知でしたか?効果的な対策方法をひとつひとつご紹介しますね。

乾燥肌になる原因とは?改善できるのは食事?

乾燥肌の原因は、皮脂の分泌や、角質層の水分、天然保湿因子の量が少なくなることで、皮膚の表面が乾燥してしまっている状態です。この原因を予防したり、改善したりする栄養素をしっかり摂ることで乾燥肌対策ができます。また、毛細血管の血行を良くすることでも、皮膚の乾燥を防ぐことができます。よって、新陳代謝を活発にし、血行促進作用のある栄養素も乾燥肌対策になるのです。

乾燥肌にはこの栄養素が効果的!

一般的に肌にいいと言われている栄養素はたくさんありますが、特に乾燥肌に良いと言われる栄養素としては、ビタミンA、B、C、E、セラミド、α-リノレン酸、亜鉛などが挙げられます。以下の一覧表を見ていただくとお分かりいただけますが、乾燥肌にいい栄養素は、どれも身近に手に入る食材ばかりです。是非普段の食事メニューに積極的に取り入れ、乾燥肌対策をしっかり行っていきましょう!

<ビタミンA>
皮膚や粘膜の潤いを維持する。
新陳代謝を活発にする。

レバー、うなぎ、穴子、サバ、イワシなどの青魚、緑黄色野菜、海苔、ワカメ、緑茶など

<ビタミンB>
新陳代謝を活発にする。
肌が乾燥することで起きる炎症を抑える。

豚肉、レバー、卵、大豆、納豆など

<ビタミンC>
乾燥肌を防ぐために必要な肌のコラーゲンの生成を促す。
抗酸化作用で肌を若返らせる。

パプリカ、レモンを始めとする野菜や果物

<ビタミンE>
血行を促進し、肌の新陳代謝を活発にする。
シワやたるみなどの老化を引き起こす過酸化脂質を分解する。

かぼちゃ、ゴマ、くるみ、大豆、アボカドなど

<セラミド>
皮膚の角質層に存在する脂質。
皮膚を外部の刺激から守り、角質層の水分を保持する。

こんにゃく、しらたき、大豆、黒豆、小豆、ひじき、ワカメなど

<α-リノレン酸・亜鉛>
α-リノレン酸は細胞膜を作る原料になり、亜鉛は細胞分裂に必要な酵素を働かせる助けとなる。
α-リノレン酸は、セラミドを作る原料にもなる。

亜麻仁油、エゴマ油、牡蠣、卵黄、タラバ蟹など
関連キーワード

関連記事