揉むだけ簡単!むくみを取り、くすみ肌にさよならする方法とは

揉むだけ簡単!むくみを取り、くすみ肌にさよならする方法とは

朝起きた時に顔がむくみ腫れぼったい。なんだか顔色も冴えない。肌がくすんでいる時は化粧ノリも悪くなる為、それだけで心も沈みがちに。そんな顔のむくみをやっつけて、くすみ肌とさよならする為の方法をご紹介します!

こんな人はくすみ肌になりやすい?むくみの原因をチェック!

顔のむくみやくすんだ肌の状態、女性にとっては大敵ですよね。
その主な原因には「首や肩のこり」が考えられると言われています。
首や肩は、リンパを通して顔とつながり頭を支える大切な部分。
ここで血流が滞り老廃物が詰まってしまうことで、顔の細胞に十分な栄養補給が行われなくなります。
細胞の老化によりむくみやくすみ肌の原因となり、美肌からどんどん遠ざかることになってしまうというわけです。

【首&肩こりの原因】
今や、国民病と言っても過言ではない首や肩のこり。
肩周辺の頸椎を支える特定の筋肉に疲労がたまることで引き起こされると言われています。
慢性的にこりや痛みを感じている方は、次の原因が当てはまるかどうかチェックしてみてください。

・長時間同じ姿勢を取っている
・よくスマホをいじる
・姿勢が悪い(首より顔が前に出ている)
・細かな作業で目を酷使している
・運動不足
・背中や腰回りの筋力が不足している
・車を運転する時間が長い
・ストレートネック(頸椎の緩やかな湾曲がなくなり首がまっすぐになっている状態)等

成人の頭は3~5kgあると言われており、それを支えているのが首と肩です。
デスクワークなどで長時間同じ姿勢を続けていると、身体がこわばり慢性的な血行不良を引き起こします。
そうなると、もう一時的なマッサージでは取れない痛みへと変わってきます。
重しを背負っているかのようなこのツラサ、放っておくと頭痛やさまざまな身体の不調の原因にも。

むくみやくすみ肌を解消する「頭皮揉みマッサージ」とは

私たちの顔と頭皮は、薄い皮ふ一枚でつながっています。
この頭皮が硬くなると、血行不良になってしまいリンパの流れが滞りがちに。
老廃物が流れなくなることで顔色も冴えなくなり、むくみやくすみ肌を引き起こしてしまうのです。
デスクワークやスマホをいじる習慣など、普段の生活習慣を変えるのはなかなか難しいのが現実。
ですが、頭のこりを揉みほぐすことで上から血が巡るようになると、首や肩のこりも緩和されるのだとか。
これを試さない手はないですよね!

【オススメの頭皮揉みマッサージ3つ】
ここでは、忙しい方でも簡単にできる順に、頭皮揉みマッサージを3つご紹介します。

(1)ヘアブラシで頭皮マッサージ!
爪を伸ばしていて頭皮の揉みほぐしが上手くできない方にもオススメなのが、ブラシを使う方法。
頭には血行を良くするツボや、毒素を排出してくれるデトックスのツボがたくさんあると言われています。
ブラシを使うことでまんべんなく頭皮を刺激でき、血流促進の効果が期待できるというわけです。
なお、オススメはクッション性が高く面の広いブラシを使うこと。
プラスチック製のものや細いクシのブラシは頭皮へ負担がかかってしまう為、避けるのがベター。

(2)頭のツボ押しで頭皮マッサージ!
むくみの気になる朝や入浴後にオススメしたいのが、頭皮のツボ押しマッサージ。
オススメは次の手順です。

1,手グシで前から後ろに向かって髪をとかす(頭皮マッサージを意識しながら)
2,指先で頭皮を鷲づかみにして前後左右に動かす(指を固定しながら)
3,鷲づかみのままの状態で円を描くように動かす(指を固定しながら)
4,「百会(ひゃくえ)」を押す(頭頂部の中央付近、耳の先端を結んだ線の交わるところにあるツボ)
5,人差し指、中指、薬指の3本を使い、額の上の生え際中央から耳に向かって軽く押していく

頭皮を揉む時は指を滑らせると皮ふ表面が傷む場合もある為、指を固定しながら全体を揉みほぐすのがポイント。
また「百会(ひゃくえ)」は抜け毛や肌荒れ、頭痛や肩こりや血行不良などの解消に効果のある万病のツボと言われています。
気づいた時に、まめに押してあげましょう。

(3)ヘッドスパでプロによる頭皮マッサージ!
忙しくてなかなか日常的なケアが難しい。そんな方には、ヘッドスパがオススメです。
揉みほぐしだけでなく頭皮の毛穴洗浄までしてくれるプロの手によるケアは、育毛や美髪効果も期待できると言われています。
なにより、人にシャンプーしてもらったりマッサージしてもらったりすると気持ち良いですよね。
頭も心もリフレッシュしたい時にオススメなので、是非試してみてくださいね。

いかがでしたか?
寒さで身体の縮こまる今だからこそ、頭皮を揉んでむくみやくすみ肌にさよならしましょう!
関連キーワード

関連記事