喉の乾燥対策、していますか?毎日の喉保湿ケアでキレイ声をキープ

喉の乾燥対策、していますか?毎日の喉保湿ケアでキレイ声をキープ

女性の皆さんがお肌の保湿に力を入れているこの季節、喉の乾燥に気づいていますか?いくらキレイな女性でも、ガラガラ声では魅力も半減…。毎日の“喉保湿”ケアをきちんと行って、クリアなキレイ声をキープしましょう!

今だけじゃない!喉の乾燥が、声の老化を招く…?

「なんだか、喉がイガイガして痛い…。」そう感じたときには、喉はすっかり乾燥しきってしまっています。そこから慌ててマスクをしても、すぐには元の調子に戻りませんよね。
不調を感じてから初めて喉の乾燥対策を行うようでは、遅いんです。
普通の喉の状態って、自分にとって当たり前のものだと思いがち。でも、普段から喉の保湿ケアをおろそかにしていると、あなたの声自体が老化してしまうってご存知ですか?

喉が乾燥していると、声帯が傷つきやすく、炎症を起こしやすい状態になります。これは、顔や身体のお肌と変わりありませんね。そして、声帯が傷ついた状態で声を出すことで声帯はどんどん傷み、声を出しにくくなったりトーンが低くなっていくんです。
普段からしっかり保湿対策を行うことは、喉の乾燥を防くだけではなく、キレイな声をキープすることにもつながるというわけですね。

喉の乾燥を防ぐ4つの保湿ケア

喉の乾燥を防ぐためには、どのような保湿ケアをすればいいのでしょうか?簡単に実践できるケアを4つご紹介します。

1)外出中・就寝中のマスク
空気が乾燥している冬場は、長時間の外出をするだけでも喉が乾燥してしまいます。外出の際は、できるだけマスクを着けて喉の乾燥を防ぐようにするのがおすすめです。
そのほか、就寝中にマスクを着けるとさらに効果的です。口呼吸は喉の乾燥につながってしまうため避けたいところですが、寝ている時は知らないうちに口呼吸を行いがち。就寝前にマスクを着けて眠ることで、自然と鼻呼吸を促すことができるんです。マスクを濡らすとさらに保湿効果が高まります。

2)帰宅後のうがい
家に帰宅したら、まずはうがいをすることが喉の保湿になります。喉に付着した菌やウイルスを洗い流すだけではなく、乾燥した喉を直接潤すことができるんです。風邪予防の面から考えると、緑茶や紅茶でうがいをするのが効果的。

3)こまめな水分補給
夏に比べると水分補給が少なくなりがちなこの季節ですが、体自体が水分不足になると喉の乾燥にも影響を及ぼします。水を常に持ち歩いて、喉が乾かなくても少しずつこまめに水分補給を行うよう心がけましょう。

4)加湿器
オフィスや自分の家でも、空気が乾燥していることには変わりありません。上記の保湿対策を行いつつ、空気の湿度を上げるために加湿器を使うのがおすすめです。
あまり湿度が高すぎても部屋にカビが生えやすくなってしまうので、50~60%程度の湿度に保つのがベスト。上でご紹介したマスクにプラスして寝室で加湿器を使えば、就寝中の乾燥対策は完璧ですね。

いかがでしたか。一見なんてことのない対策に思えるかもしれませんが、こうした基本的な保湿ケアを毎日しっかり行うことが、喉の乾燥を防ぐ一番の方法なんです。いつまでもキレイな声を保つために、毎日しっかり喉を保湿しましょう!
関連キーワード

関連記事