実年齢プラス10歳!? 老けて見られてしまう大きな2つの原因とは?

実年齢プラス10歳!? 老けて見られてしまう大きな2つの原因とは?

いくつになっても女性は美しく見られたいもの。だけど、どんなにオシャレをしてメイクを頑張ってみても、2つのポイントが押さえられていないと老けてみられる原因に。その絶対押さえておきたいポイントとは?美ボーテ女子必見です!

年齢以上に老けて見られる原因(1)首元のシワ

空気の乾燥だけでなく、皮脂の分泌も抑えられる冬の季節。
こまめな保湿ケアが大切なのは言うまでもありません。
ですが、顔にはしっかり化粧水や乳液をつけるのに、首周りがおざなりになりがちな方も多いのだとか。
放っておくと首元のシワが進み、実年齢よりかなり老けて見られる原因にも…。
美ボーテ女子にオススメの「首元のケア」をご紹介します。

【首元の正しいマッサージケアとは】
首元のシワの原因としては、加齢、乾燥や紫外線によるダメージ、首を曲げる姿勢を長時間取っていることなどが考えられます。
また、枕の高さが合わないことでもシワの原因になるのだとか。
猫背の方も、背中と一緒に首が丸まり深いシワが刻まれる原因となるので注意が必要です。
顔のケア同様、普段からこまめにマッサージすることで対策を行いましょう。

1,化粧水をしっかり浸透させる
2,首を時計回り、反時計回りにゆっくり大きく回す(呼吸を意識しながら)
3,乳液またはクリームをつけ、首全体になじませる
4,指の腹を使って、耳の後ろから鎖骨に向けて上からゆっくり撫でおろす
5,中心から左右に向けて鎖骨周りを軽く押し、脇のつけねを親指でぐっと押す

化粧水で保湿をしてからクリームをつけることで、肌の潤いを閉じこめることができます。
また、クリームをつけてから優しくマッサージすることが、肌への負担軽減につながります。
なお、化粧水や乳液は顔用と同じものでOKですが、気になる方は首専用のクリームを使うのもオススメです。

年齢以上に老けて見られる原因(2)手や指のシワ

もう一つ、忘れてはいけない老けて見られる原因があります。
それは「手や指のシワ」。

「美は細部に宿る」という言葉がありますが、手元は意外と見られているもの。
やはり魅力的な女性には、隅々まで行き届いている方が多いのです。
せっかく顔周りのケアをしっかり行っていても、手がシワシワでは魅力も半減してしまいますよね。

【ハンドクリームによる正しいケアとは】
手や指のシワの原因には加齢はもちろんのこと、乾燥や紫外線によるダメージ、冷え性などが考えられます。
また、パソコンを日常的に使う場合は、タイピングの際に指先の水分が奪われるということも。
洗い物など日常的に水に触れる頻度の高い部分でもある為、こまめなケアが必要なんです。
ハンドクリームを効果的に使って、しっかり保湿ケアをしていきましょう。

1,化粧水で保湿する(手の平、手の甲同士をすり合わせて手を温めながら)
2,手の甲にクリームを取る(目安は人差し指の第一関節までの長さ)
3,手の甲同士を合わせてクリームを温め、指先に伸ばしていく
4,指を1本ずつマッサージしながら浸透させていく
5,就寝時に行う場合は、ハンドクリーム後に綿または絹の手袋をつけて眠る

ここでのポイントは、化粧水やクリームをつけた時に手の甲を使って温めてから伸ばすこと。
温めることでより肌への浸透力や保湿力が高まります。
また全体にクリームを伸ばした後、指の付け根から一本ずつマッサージしていくことで血の巡りが良くなり、冷え性の改善につながりやすいのだとか。

いかがでしたか?
美ボーテ女子にオススメの2つのポイントケアで、今冬は「うるおい美人」を目指しましょう!
関連キーワード

関連記事