下半身太りは股関節から?股関節ストレッチでじわじわサイズダウン

下半身太りは股関節から?股関節ストレッチでじわじわサイズダウン

「上半身に比べて下半身が太い!」とお嘆きのあなた、実は股関節にその原因があるかもしれません。股関節の状態によって下半身太りになってしまうメカニズムや、下半身をスッキリさせるストレッチをご紹介していきます。

股関節が固い人は、下半身太りしやすい?

股関節とは、大腿骨(太ももの骨)と骨盤が接する部分です。股関節周りには23もの筋肉がついているため、様々な方向に複雑な動きをすることができます。しかし、股関節の可動域が狭いとこれらの筋肉は使われずにどんどん衰えていき、下半身太りの原因となってしまうのです。

そのほか、股関節が固かったり左右で歪んでいたりすると、リンパの流れにも影響を与えます。股関節周りには、下半身で生成された老廃物や余分な水分を排出するリンパが集中しているため、その流れが滞ると不要なものが脚に溜まってむくみの原因になってしまうんです。

こうして、股関節が固い、または歪んでいるだけで下半身はどんどん太くなっていきます。この恐ろしい悪循環を断ち切るためには、股関節の柔軟性をUPさせたり左右のバランスを整える効果があるストレッチが効果的です。

股関節ストレッチで下半身スッキリ!

では、股関節のストレッチをいくつかご紹介していきます。

■あぐらストレッチ
1)あぐらをかくように床に座り、足の裏同士をくっつける
2)かかとをなるべく体に引き寄せ(手を使ってOK)、両膝を20回上下させる

■椅子あぐらストレッチ
1)椅子に座った状態で、右足をあぐらのように折り曲げて座面に乗せる
2)右肘を右膝に乗せ、上体を反時計回りにひねるようにする
3)息は止めず、お尻と内ももが伸びているのを感じられればOK。左右で3回ずつ行う

■あぐらストレッチ(上級編)
1)あぐらストレッチの体勢になり、両足には軽く両手を置く
2)背筋を伸ばしたまま、骨盤から倒れるようなつもりで上体を倒していく
3)限界まで倒したら1の体勢に戻り、前傾を10回繰り返す。最後の1回は、上体を倒したまま10秒キープする

カチカチの股関節を本来あるべき状態に近づけるためには、地道にコツコツとストレッチを続けていくのが最も効果的です。今回ご紹介したストレッチの1種類でも、毎日行うだけでだいぶ股関節が柔軟になってきます。
筋トレやエクササイズとは違ったアプローチですが、人によっては下半身がかなりサイズダウンする方法だと考えられます。筋トレをしてもなかなか脚が細くならない、という方は試してみる価値がある方法ではないでしょうか。ぜひお試しあれ!

関連記事