乾燥は美肌の大敵!保湿、乾燥対策で実はしてはいけないこと

乾燥は美肌の大敵!保湿、乾燥対策で実はしてはいけないこと

今の時期、乾燥は美肌の大敵ですね!毎日の保湿、乾燥対策の中でしてはいけないこと、実はやっていませんか?きちんと保湿しているつもりでも実は逆効果の可能性も…。そこで、今回は保湿、乾燥対策でしてはいけないことをご紹介いたします!

保湿、乾燥対策きちんとできていますか?

今の時期、切っても切れない縁で繋がっている乾燥。
乾燥によって肌は赤くなってしまったり、痛みを感じてしまったり、すごく悩まされますね。
乾燥によってメイクのノリもイマイチ…、なんてことも多々あるかと思います。
そのために保湿や乾燥対策は欠かせません!
しかし、その保湿や乾燥対策が実は間違っているかも、なんて思ったことはありませんか?
間違っているのか、正しいのか一つ一つ見ていきましょう。

保湿、乾燥対策であまりしてはいけないこと、とは?

1. 洗顔の際、熱いお湯で洗っていませんか?
雪が降ったり、気温が下がったり、一気に寒い冬となってきました。
気温が寒くなるとお風呂の温度はだんだんと上がります。
たしかに外が寒い分、熱いお湯で温まりたいですね。
しかし、その熱いお湯のまま洗顔をしていませんか?
熱いお湯で洗うとホカホカとするため保湿の効果も上がりそう、なんてことはありません。
むしろ乾燥へと導いてしまいます。
熱いお湯で洗顔をすることで、必要な分の皮脂も流れてしまい肌の水分の蒸発を手伝ってしまいます。
ですので、洗顔の際はできるだけぬるま湯で洗い流すようにしましょう。

2. タオルで拭くときにゴシゴシと強く拭いていませんか?
洗顔のあとや、お風呂から出た際にタオルで顔や身体についている水分を拭きますね。
その際にゴシゴシと強い力で拭いたりしていませんか?
皮膚は思っているよりも薄く、特に顔は身体に比べ薄くなっています。
そこをゴシゴシと拭くことで肌へ摩擦がかかり、大きな負担となってしまいます。
結果、乾燥への手助けとなってしまうことに…。
タオルで拭く際はゴシゴシと強く拭かずに、優しく拭くことを心がけてみましょう。

3. 暖房はつけすぎていませんか?
寒い時期、暖房は生活をするうえでとても役に立ちますね。
しかし、毎日24時間暖房に当たり続ける、なんて生活は送っていませんか?
よく、暖房をつけると空気が乾燥すると耳にするかもしれませんが、その通りです。
暖房をつけることで湿度が下がり、空気は乾燥してしまいます。
皮膚の水分は乾燥しているところへと流れやすくなっています。
暖房によって乾燥した空気に皮膚の水分は流れて行ってしまうのです!
暖房のついている部屋に居続けるときは、加湿器などを置くなどして乾燥を予防しましょう。

よく、やってしまいがちな事をご紹介させていただきました。
やってしまっていたことはありましたか。
もしやってしまっていたら、明日からでも来週からでも改善してみませんか?
関連キーワード

関連記事