更年期とは全くの別物!若い女性でも陥りやすい「プチ更年期」って?

更年期とは全くの別物!若い女性でも陥りやすい「プチ更年期」って?

のぼせやほてり、イライラ、動悸など、身体にさまざまな症状がみられる更年期。閉経を挟んだ前後10年の40~60代の女性に該当する症状と言われていますが、20~30代の女性に似たような症状が見られる場合、最近では「プチ更年期」と呼ばれているそうです。

20代~30代の女性が陥りやすい、プチ更年期とは

女性の更年期は、だいたい閉経を挟んだ前後10年くらいの、40~60代が該当する期間だと言われていますが、実はこの更年期より前、20~30代の女性にも、更年期障害に似たような症状がみられることがあるのだそうです。肩こりや頭痛、冷えなど、更年期障害に見られるような症状がある場合、最近では「プチ更年期」と呼ばれるようになりました。
もし、はっきりとした理由が分からないのに、生理不順になり、慢性疲労や倦怠感、冷え、うつ、不安感などの、更年期障害のような症状が2週間以上続く場合、プチ更年期を疑ってみる必要がありそうです。

プチ更年期は、通常の更年期とは仕組みが違う

ほてりやのぼせ、動悸やイライラなどの症状がみられる、20~30代の女性が陥る「プチ更年期」。症状は更年期と似ているのですが、実は全くの別物なのです。
通常の更年期の原因は、卵巣の老化。脳の視床下部がいくら指令を出しても卵巣が機能せず、脳が混乱することによって、ホルモンや自律神経のバランスが崩れるのだそうです。
一方で、プチ更年期は、ストレスなどによって、卵巣ではなく先に視床下部がダメージを受けることによって、ホルモンの分泌の指令をうまく出せなくなって起こると言われています。

関連記事