アンチエイジングや乾燥に効果的!?アルガンオイルの効果とは?

アンチエイジングや乾燥に効果的!?アルガンオイルの効果とは?

乾燥の時期にはお肌がカサカサになったりシワが目立ってしまったり、女性はお肌の悩みがありますよね。しばし話題になっている「アルガンオイル」って知っていますか?お手入れするだけでアンチエイジング効果もあると言われているアルガンオイルとは?

乾燥とアンチエイジングをサポートするアルガンオイル

乾燥の季節にアンチエイジングにも役立ってくれるアルガンオイル。アルガンオイルの成分は美白や、抗酸化作用など肌の再生機能を促進してくれるそうです。

アルガンオイルに含まれる美容成分をご紹介いたします。
・オレイン酸
皮膚に近い成分で、肌を柔らかくしたり乾燥から守ったりと肌のバリア機能を守ってくれます。食事でとると悪玉コレステロールを減少させて善玉コレステロールを増やしてくれるのです。
・リノール酸
美白効果が期待されている他にも、肌の油分と水分のバランスを整えてくれたり抜け毛やニキビなどの肌トラブルを防いでくれると言われているそうです。
・ビタミンE
オリーブオイルの3~4倍も含まれており、活性酸素を除去してくれる働きがあるそうです。
また、老化の原因となる脂質の生成も抑えてくれるそうです。
・フィトケミカル
ポリフェノール、カテキン、フラボノイドなどに抗酸化作用があり、アンチエイジングを助けてくれます。
・不けん化成分
肌のバリア機能を高めてくれる成分です。
リノール酸と一緒に取ることでより効果を発揮してくれるそうです。
紫外線予防や肌の保護などをしてくれる成分が不けん化成分には含まれているそうです。

アルガンオイルの使用時の注意

アルガンオイルは酸化がしにくく、保存期間も長期間なので、冷蔵庫などに保存しておくだけでいいという扱いやすいオイルなのです。
ただし、もしも酸化しているアルガンオイルを使用すると、逆に肌トラブルの原因になってしまうので要注意です。
酸化してしまったアルガンオイルは使用しないようにしましょう。

では、どうやって酸化したどうかを判断するのでしょうか?
アルガンいるは酸化すると強い臭いがするのです。
空気に触れると酸化するので、開封して長期間放置したり変色したりしているものは酸化している恐れがあります。
怪しいな、と思ったら手に取ってみて馴染みや香りを確認しましょう。なじみが悪かったりすっぱい臭いがしたりしていると酸化しているので使用は避けましょう。
買ってすぐのものでも、在庫として長期保存されていた場合もあるので、開封したらすぐにチェックしましょう。

関連記事