血流アップで風邪知らず!熱めのお風呂で○○するだけの健康法!

血流アップで風邪知らず!熱めのお風呂で○○するだけの健康法!

血の巡りをよくしてくれる入浴方法をご紹介。この時期の冷え症や、身体の不調が続いているという人は見直してみましょう。

寒さが本格化してくるこの時期、「足元から冷える」「手がいつも冷たい」と感じたことはありませんか? 身体を巡っている血液には、細胞に栄養や酵素を届けたり、老廃物や不要な脂肪分を排出したりするなどの働きがあります。でも、身体が常に冷えていたり、暴飲暴食が続き血液の巡りが悪くなると、肩や腰が凝りやすくなる、免疫力が下がって風邪をひきやすくなるなどの身体の不調につながってしまうんだとか。

私たちの健康と密接に関係している、血液の巡りを良くする入浴法をご紹介します。

1 入浴前に水分補給を

入浴中に汗をかくと血液の濃度が濃くなり、それが原因で血液の巡りが悪くなってしまうことがあります。そこで、血液がさらさらの状態をキープするためにも、入浴前に水分を取っておきましょう。身体が冷えてしまわないように、常温の水を。入浴中に飲みながらでも問題ありません。

2 少し熱めの湯船に浸かる

湯船の温度設定はぬるめがいいと言われていますが、血液の巡りを良くするには少し熱いなと感じる程度の湯温に設定するのがベター。途中で浴槽から出て休憩をはさんでもOKです。

3 足の指の間のツボを押して巡りをアップ!

湯船に浸かっている間に取り入れたいのが、足の指の間を揉むこと。指の間には血流をよくするツボが集中していると言われ、そこを刺激することで血液を心臓へ戻す力をバックアップできるんです。揉む時は、足の指の間をつまむようにして、気持ちいいと思える強さで行うのがポイント。

4 仕上げに足元をシャワーで冷やす

汗を程よくかいて、身体の芯から温まったと感じたら、浴室を出る前に体温より低い湯温のシャワーを足元にかけましょう。すると、足先に血液が移動し、体温を保とうとする働きが起こることで、全身の血液の巡りがよくなるというメカニズムです。

湯船に浸かる習慣はあったけれど、この季節の手足の冷えや不調が気になる人は、この入浴方法をぜひ取り入れてみてください!


お話を伺ったのは...
自然療法セラピスト・長谷川和美さん
東洋医学に興味を持ちスイナ(中国固有の手技療法)を勉強し、気の流れが健康と深く関わりを持つことを学ぶ。後にリッツカールトン東京にて活躍。さらにスキルアップするため渡米し、多くの自然療法を修得。2013年に帰国しHARMONITYを設立。多くの著名人からの高い評価を受けているセラピスト。

photo : shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。ご自身の責任においてご利用ください。

関連キーワード

関連記事