話題のグラスフェッドバターの美味しい取り入れ方。脂肪燃焼も無理じゃない!?

話題のグラスフェッドバターの美味しい取り入れ方。脂肪燃焼も無理じゃない!?

世界のウェルネス食通が注目している食材、グラスフェッドバターでダイエットができる!スーパーフードマスターのWOONINさんが実践している、グラスフェッドバターの活用法をご紹介します。

今、食への感度の高い人たちの間でムーブメントとなっている食材。それは、無塩タイプのグラスフェッドバターです。「世界でグラスフェッドバターが自分のせいで品薄になっている」と語ったのは、アメリカでベストセラーになった『(邦題)シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』 の著者であり、グラスフェッドバターコーヒーの発案者でもあるデイブ・アスプリー氏。私WOONINは、彼の著書がきっかけで、グラスフェッドバターのスーパークリーンな成分と秀でた栄養面の効用を知り、食生活に取り入れるようになって1年以上が経ちます。まずは、グラスフェッドバターがどんなに優秀な食材なのかをお話しします。

グラスフェッドバターは栄養の塊だった!

左:NYのホールフーズで見つけたPASTURE-RASED(放牧)グラスフェッドバター、右: NYのオーガニックスーパーで見つけたグラスフェッドバター

そもそもグラスフェッドとは牧草飼育のこと。抗生物質やホルモン剤の投与がなく、放し飼いで牧草を食べて育った健康な牛のミルクから作られたバターがグラスフェッドバターです。アレルゲンとなる乳たんぱく質がなく、一般的な穀物飼育された牛のミルクからできたバターに比べると抗酸化物質のカロテン、炎症作用を抑える酪酸塩、ビタミンK、D、Eが各段に豊富。身体に嬉しいクリーンな栄養分がたっぷりです!

WOONIN流のグラスフェッドバターの取り入れ方

そんなグラスフェッドバターを1年以上、ほぼ毎日取り続けているのですが、嬉しい変化を感じています。久しぶりに会う人々に痩せたと驚かれるほど、ボディラインが引き締まり、筋肉に弾力も増したように感じます。そんな私のグラスフェッドバターの取り入れ方をご紹介しますね。

①グラスフェッドバターコーヒー

左:毎朝ハンドドリップをして作る自家製グラスフェッドバターコーヒー、右:LAにあるBULLETPROOFカフェで飲んだ本家グラスフェッドバターコーヒー

1日の始まりはグラスフェッドバターコーヒーから♪ ハンドドリップした有機単一豆のコーヒー400mLとグラスフェッドバター約30gに、グッドファットであるMCTオイル(中鎖脂肪酸オイル)を加えて、クリーミーになるまでミキサーにかけます。コーヒーが飲めない私が唯一飲めるコーヒーです。

②トーストした玄米パンやサツマイモにトッピング

グルテンフリーの玄米パンのトーストや、トーストしたサツマイモにグラスフェッドバターを好きなだけのせるだけのシンプルメニュー。グラスフェッドバターは無塩なので、岩塩をふりかけて食べるのがお気に入り♪

③野菜と一緒に炒める

季節の好きな野菜とグラスフェッドバター約30g、味付けにドライハーブ、天然塩を加えて炒めたメニューが我が家の定番。グラスフェッドバターは加熱に強いのも嬉しいですね。同様に、スクランブルエッグやオムレツを作る時のバターとしても活躍します。天然塩とグラスフェッドバターだけで身体に優しくておいしい卵料理が作れます。

また、スープやシチューを作る時の具材の炒め油としても重宝しています。仕上がりにコクがプラスされて、ミルキーな味になりますよ。

④グルテンフリーの焼き菓子作り

グルテンフリーのマフィンやパウンドケーキを作る時に、使用するバターをグラスフェッドバターに変えるだけ。しっとりした仕上がりになり、一般的なバターを使用するよりも栄養たっぷりで身体が喜ぶ燃焼系スイーツができ上がります。

⑤オリジナルグラスフェッドバタードリンクを創作

グラスフェッドバターコーヒーにインスパイアされて、オリジナルバタードリンクを創作して楽しんでいます。グラスフェッドバターにターメリック、抹茶、ローカカオ、生はちみつ、酒粕、甘酒などを組み合わせます。これらのドリンクを飲むと身体が芯から温まりますよ♪

私はご紹介したように、いろんなシーンでグラスフェッドバターを取り入れています。1日の摂取量が50gを超える日もあるぐらいです。それなのに、太りやすいイメージのバターをグラスフェッドバターに変えるだけで、おいしくダイエットができるなんて夢のようですよね。グラスフェッドバターのある生活、始めてみてください!

参考文献: Dave Asprey『THE BULLETPROOF DIET』

photo : shutterstock(1枚目),WOONIN(2枚目以降)
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。ご自身の責任においてご利用ください。

関連キーワード

関連記事