あっ口がネギ臭い…ネギやニンニクの臭いを短時間で消す方法

あっ口がネギ臭い…ネギやニンニクの臭いを短時間で消す方法

冬場はネギも安くて、食材に取り入れやすく食べる機会が増えますよね。でも、生ネギを食べるとどうしても気になるのが、そのあとの口臭。朝は納豆にネギをまぶし、お昼はネギの乗ったお蕎麦なんて食べると一日中ネギ臭いことに…。

歯磨きをしてもネギの臭いは消えない

美味しいけど、とにかく厄介な臭いを放つネギ。「あ、ちょっとこれ生だったかも…」と思って食べたら一日中、口の中がネギ臭いですよね。慌てて歯磨きをしても、ずっとネギ臭いのは口内に残るネギの成分以外に、消化されたネギの成分が胃や腸から呼吸として出てくるからです。
つまりネギの臭いを消すには、口内のねぎの成分と体内からの臭いを取り除く必要があります。

【口の中の臭いを消す】
・歯と舌を磨く
・ブレスケアで胃の中から消臭
・ミント系のガムをかむ
・フリスク・タブレットを食べる
・口腔内洗浄(モンダミンなど)
・口臭スプレーを使用する
・ごま油で口をゆすぐ
【食べて胃の中からの臭いを消す】
・りんご
・レモン
・梅干
・パセリ
・ヨーグルト
・チョコレート
【飲んで胃の中からの臭いを消す】
・水を沢山飲む
・牛乳
・緑茶
・コーヒー
・野菜ジュース

どれも消臭効果があったり硫化アリルの臭いを抑える効果が期待できます。硫化アリルはタンパク質と結びつきやすいので、牛乳がいいですね。生乳よりも低脂肪牛乳の方がよりタンパク質を含んでいます。ネギやニンニク、臭いの強いものを食べることがわかっていたら、食前に牛乳を飲むことで胃の粘膜に膜を張り、においを抑えることもできます。

また、食事の途中には緑茶、食後にも緑茶または牛乳を飲むのも有効です。試した方の口コミではりんごもかなり効果があるんだとか。できれば食後すぐに最低4分の1程度のりんごを食べるとりんごのポリフェノールや酵素が、硫化アリルの臭い消しとして働いてくれるそうです。ポリフェノールは皮にもたくさん含まれているため、皮ごと食べても良いです。

今すぐ消したい!ニンニクの臭い

ニンニクも厄介な臭いを待つ食べ物ですよね。その臭いは16時間続くというデータも出ているんだとか。ネギとニンニクの臭いはなんだか違う気もしますが、実は原因は同じ「硫化アリル」。玉ねぎにも含まれています。どれも硫化アリルが分解された臭いなので上記のネギの口臭のときと同じものを試してみてください。

臭いの原因となるネギの成分「硫化アリル」ですが、栄養素としては風邪の病原菌を殺菌してくれるほか、疲労回復、冷え性、血行促進、血液をさらさらにするなどかなり優秀な栄養素と言えます。この硫化アリル、臭いが嫌だからと水にさらしたり加熱するとその栄養素は減ります。しかし1日のにんにくの摂取量の目安は生のままなら1片、加熱したものは2~3片なので加熱したものでも上手に摂取できそうですね。
関連キーワード

関連記事