キャンドルのトレンドにナチュラルブームが到来!選ぶ基準はボタニカルな素材&モチーフ

キャンドルのトレンドにナチュラルブームが到来!選ぶ基準はボタニカルな素材&モチーフ

インテリアアイテムとして人気を集めるキャンドル。1日頑張った自分へのご褒美にもなる、リッチでとっておきなアイテムをご紹介します。

部屋で好きな音楽をかけたり、のんびりと読書を楽しんだりと、思い思いの時間を過ごすリラックスタイム。そんな時間にキャンドルを取り入れている人は多いですよね。火を灯して、ゆらゆらと揺れる炎を何も考えずに眺める時間は、頭の中をクリーンにしてくれます。今回は、インテリアとして欠かせない存在になった、人気キャンドルの特徴をご紹介します。

自然素材使用、ボタニカルなキャンドルが人気!

炎のゆらぎがリラックスを誘ってくれるキャンドルですが、実はトレンドがあるんです。それは、ずばり自然素材が使用されていて、ボタニカルモチーフのアイテム!

ポイント1. ナチュラルで自然に優しいもの

食品やスキンケアアイテムにいたるまで、自然派でオーガニックなアイテムに注目が集まる中、キャンドルにもその流れが。大豆由来のソイやヤシの油脂であるパーム、みつろうなど、天然成分で作られたものが続々と登場しています。石油系のパラフィンで作られたものではなく、ナチュラルで自然に優しいキャンドルを選ぶようにしてみて。

ポイント2. 花や果物を閉じ込めたボタニカルキャンドル

グリーンやドライフラワー、果物までをも閉じ込めた、ボタニカルなキャンドルがダントツで人気! インテリア小物としてはもちろん、自然を感じられるキャンドルなら、モヤモヤしていた気持ちが一気に吹き飛びそう。火を灯さずに使うアロマワックスバーも飾っておきたくなるかわいさで注目を浴びています♡

ポイント3. アロマの香りと品質にもこだわって

キャンドルの火とアロマの香りのコンビネーションで、リラックスタイムにもってこいなのがアロマキャンドル。お気に入りの香りのキャンドルに火を灯して、1日頑張った気持ちを解放しましょう♪ ただ、あまりに安価なものは不純物が多く含まれている可能性があり、すすが出て炎が黒くなることも。香りだけでなく品質にもこだわって選んでみて。

自然素材で作られたキャンドルの中には、溶けたロウをマッサージオイルとして使えるタイプもあります。炎の癒やしや香りを楽しむだけでなく、+αの役割もあるキャンドルは重宝しそうで、これから注目を浴びることまちがいなし!
自分らしいデザインや香り、素材にこだわって、リラックスタイムを充実させてくださいね。


話を伺ったのは...
ファッションプレス/ディレクター・野尻美穂さん
アパレルブランドの看板プレスとして活躍後、独立。ファッションブランドのPRやスタイリスト、プランナーとしてジャンルにとらわれず幅広く活躍中。ファッションだけでなく、ライフスタイル情報をさまざまなメディアで発信している。

photo : shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。ご自身の責任においてご利用ください。

関連キーワード

関連記事