ココナッツオイル

スーパーフードでハッピーボディ 「ココナッツオイル」編

いま大注目のココナッツオイル(ココナツオイル)。最近は、さまざまな美容・健康効果が報告されていますが、果たしてどんな栄養があり、どのような美容効果が期待できるのでしょうか?

 ココナッツオイル

オーガニックバージンココナッツオイル

Amazonで詳細を見る
 

ココヤシの種子から生成される植物油。そのほとんどが飽和脂肪酸の中鎖脂肪酸といわれる脂肪酸です。中鎖脂肪酸は一般的な油より消化吸収が早く、すぐにエネルギーに変わる特徴があるため、体脂肪になりにくい油といわれています。

便秘改善効果も期待できるため、ダイエットの強い味方に。中鎖脂肪酸の中でもラウリン酸という脂肪酸が多く含まれているココナッツオイル。ラウリン酸は母乳にも約20%含まれている脂肪酸で、抗菌・抗ウイルス・抗真菌作用などがあるため、ココナッツオイルで口をゆすぐと口臭・歯周病・虫歯の予防になるともいわれています。

ココナッツオイル 便秘

HDL(通称:善玉)コレステロールを増やす働きや抗酸化作用があることから、生活習慣病予防にも効果的。脳の栄養源(認知症の予防)になることでも注目を浴びています。食べて良し、塗って良しの美容に嬉しいオイルです。

[注目ポイント]
ダイエットに効果的、抗菌・抗ウイルス・抗真菌作用

[選び方]
低温圧搾(Cold-Press法)のエキストラバージンココナッツオイルと記載のあるもの

[栄養]
中鎖脂肪酸

次に、ココナッツオイル、ココナッツロングを使ったレシピをご紹介!

おすすめの商品

有機JAS オーガニック エキストラバージン ココナッツオイル

有機JAS オーガニック エキストラバージン ココナッツオイル

Amazonで詳細を見る
 

カークランド オーガニック ココナッツオイル

カークランド オーガニック ココナッツオイル

Amazonで詳細を見る

ココナッツオイル・オーガニック
ココナッツオイル・オーガニック

Amazonで詳細を見る

エキストラバージンココナッツオイル