【自分を高める】輝く白い歯に!お家ホワイトニングで試行錯誤の末

【自分を高める】輝く白い歯に!お家ホワイトニングで試行錯誤の末

美BEAUTEではホワイトニングの記事が大ヒット中!ホワイトニングは自分磨きの一環ですね。歯の印象って大事。清潔感がにじみ出ますよね。なるべく安く、白い歯を手に入れたくて、何度もトライ&エラーを繰り返しています…。輝く白い歯にして自分を高めたい!

歯が白いと清潔感5割増し(な気がする)!

3年前からホワイトニングに興味があったものの、高価なイメージがあって、なかなか手を出せずにいました。千円くらいの自宅用アイテムもたくさん試してきましたが、正直変化がわからなかったです…。
2年前に安価なホワイトニングのお店に行ったときは、痛い上に変化もよくわからず、決められた回数を行かないまま挫折してしまいました。
最近は日本人向けのホワイトニングの種類が増え、痛みも減っているようなので、今回こそは理想の白い歯を手に入れることを決意!

歯は、ダイエットや美肌と違い、意識とお金をかければすぐに変えられるはず。自分を高めるべく、清潔感を出すために頑張りたいところです。
手始めに、ホワイトニング専門店の無料カウンセリングへ。歯を白くする方法や、なぜ黄ばんできてしまうかを説明してもらいました。
歯は、外側にエナメル質の半透明な部分があり、内部に象牙質があります。黄ばみの原因の1つには、加齢や老化があるそうです。

象牙質が黄色みおびている人は、エナメル質が薄くなり、透けて見えてきて黄ばんで見えるんだとか。表面の汚れだけではないのですね~。

安さを魅力に感じて行ってみたのに、理想の白さになるには、合計で7万円以上かかることが判明(!)。ホワイトニングを中途半端にやるのはお金と時間の無駄、やるなら最後まできちんとしたいところですが、7万円か…。

悩んだ末に、まずは自宅でどうにか安くて簡単にホワイトニングができないかと調べまくりました。

毎日の歯磨きで簡単お家ホワイトニング

安全性を考えた結果、【歯磨き粉】と【ホワイトニング用の電動歯ブラシ】という、無難なアイテムにたどり着いてしまいました。口に入れるものだし、ちょっとでも不安材料があるものはやめておこう、と。
「トゥービー・ホワイト ホワイトニング エッセンス」(写真左)はちっちゃくて、なんだか効果がありそうな予感。
1回の量はほんの少しでいいので、約40回使えて、専用の歯ブラシ(写真中央)もついているのでコスパは悪くはないかも。研磨剤、発泡剤、着色剤を使用していないのも魅力的。今まで使ってきたホワイトニング系の家庭用商品の中では、一番黄ばみが取れたかも。

電動ハブラシ(写真右)は、個人差があるようですが、約2週間使うことで自然な白い歯になれるそう。ホワイトモードでステイン(着色汚れ)を落とす機能もあるし、値段も1万円以下なので購入してみました。

電動歯ブラシを使ってみると、歯の表面のツルツル具合に感激!手磨きよりもよく汚れが落ちているのは、舌で触ってみてもわかります。1週間以上使ったところで、歯の表面の汚れは取れているように感じました。

しかし、輝く真っ白の歯を目指すのであれば
歯のホワイトニング専門店や歯医者に相談かな。結局は高額のお金は必要そうだわ~。やっぱりホワイトニングってお金かかるわ!
【咲子の出費(咲子購入時の金額)】
●フィリップス ソニッケアー ヘルシーホワイト充電式電動歯ブラシ 9,612円(税込)
●トゥービー・ホワイト ホワイトニング エッセンス 7ml 2,138円(税込)

関連記事