飲んだ後もOK!ハイチオールCが二日酔い対策・回復に効果的な理由

飲んだ後もOK!ハイチオールCが二日酔い対策・回復に効果的な理由

お酒を飲みすぎて二日酔いになることは、きっと誰でもあるはず。実はハイチオールCが二日酔い対策に効果的なんです。ハイチオールCはなぜ二日酔い対策に効果があるのでしょうか?お酒を飲んだ後でもOKなので、飲むタイミングも知っておきましょう。

なんでハイチオールC? 二日酔いにハイチオールCが効く理由。

ハイチオールCといえば、夏の日焼け対策の味方。そのハイチオールCに配合されている「L−システイン」という成分、これが、あの憎き二日酔いの原因物質のアセトアルデヒドを無毒化するサポートをしてくれるんです。

二日酔いの元凶「アセトアルデヒド」を無毒化してくれる

アルコールを摂取すると、肝臓で分解されるのですが、その際に発生するのが、アセトアルデヒドという成分。
このアセトアルデヒドがさらに分解されて酢酸となり、最終的に炭酸ガスと水に分解されるのですが、この分解が十分にできないと、頭痛や吐き気などあの嫌な二日酔いの症状が発生すると言われています。

ハイチオールCに含まれるL−システインはアセトアルデヒドが体内にとどまる時間を短くする働きがあるのです。
だから、ハイチオールCには二日酔い改善効果があるんですね。

ヘパリーゼもオススメです

最近ウコンに替わって二日酔い防止ドリンクとして人気があるのが「ヘパリーゼ」。飲んだことがある人も多いのでは?
ヘパリーゼも、ハイチオールCに含まれるL−システイン同様、アセトアルデヒドを分解してくれる働きがあります。

摂取のタイミング

ハイチオールCもヘパリーゼも、飲む前に摂取し、飲んだ後にも摂取するというダブル摂取で二日酔いから解放される人が多いようです。
でも、とりあえず、お酒を飲んだ後に飲めばあの二日酔いから早く解放される効果が期待できるので、習慣にしたいですね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事