【内側からの最強エイジングケア】5年後差がつく若返りレシピ

【内側からの最強エイジングケア】5年後差がつく若返りレシピ

30歳を過ぎると、シワやくすみなど美容面での不調を感じる人が多くなってくるのではないでしょうか?
そんな時取り入れたいのは、エイジングケアを意識した食生活!
食こそ最強の美容液なのです。くわしく見ていきましょう。

アンチエイジングを意識した食生活を送るポイントとは?

1. 三度の食事は規則正しく
規則正しく食事をとることは乱れがちの自律神経のリズムを整えることにつながります。食べたり、食べなかったりということのないよう、また食事時間が不規則になったりしないように気を配りましょう。食べ物を消化するという行為もエネルギーの消費につながります。

2. 野菜料理をたっぷりとる
野菜にはビタミンやミネラル・食物繊維が豊富に含まれ、しかも低カロリーです。さらにフィトケミカルと呼ばれる抗酸化成分がたくさん含まれることから、アンチエイジング食の強い味方となります。

3. タンパク質の多い食材を使った主菜をきちんととる
主菜は肉や魚・卵・大豆製品などタンパク質の多い食材を使ったおかずを中心に摂りましょう。タンパク質は肌や髪・骨・筋肉などの材料になる大切な栄養素です。アンチエイジングを意識した食生活を送るためにも毎食欠かさず適量を摂流ことが大事です。

アンチエイジング食に欠かせない良質なタンパク質の選び方

ハリのあるお肌をサポートする筋肉の材料になるタンパク質。その中でも若返りを意識したアンチエイジングレシピを実践する上で食事から毎日とって欲しいのが"良質の"タンパク質です。

良質のタンパク質はこんな食材に含まれます。
・鶏肉(皮付き)→モモ肉100gあたりの16.3g
・豚肉→モモ肉100gあたり20.6g
・牛すじ→100gあたり28.4g
・あじ→100gあたり20.7g
・マグロ(赤身)→100gあたり126.5g

【参考】※食と健康の総合サイト

見た目年齢に差がつく最強アンチエイジングレシピ(主菜・実践編)

おすすめレシピ:牛肉のマリネ焼き

<材料>1人分
・牛もも薄切り肉(赤身)→60g
・ピーマン→1/4個
・赤ピーマン→1/4個
・黄ピーマン→1/4個
・玉ねぎ→1/4個
・にんにく→1/2片

(マリネ液)
・酢→大さじ1
・塩・こしょう→各少々
・粒マスタード→大さじ1/2
・オリーブ油→大さじ1/2

<作り方>
1. ピーマン類と玉ねぎは縦3等分に切る。にんにくは薄切りにする。
2. 牛もも薄切り肉は一口大に切る。
3. バットに1と2を入れ、よく混ぜ合わせたAを加えて1時間ほど漬けておく。
4. フライパンを熱して3の牛肉と野菜類をつけごと入れ、強火で焼き上げる。
5. 4を彩りよく器に盛り合わせれば完成です。

【ポイント】モモ肉は若返りに嬉しい良質のタンパク質の宝庫!ピーマン・赤ピーマン・黄ピーマンという抗酸化作用の高いアンチエイジングにはもってこいのお野菜を取り入れています。

アンチエイジングには、日々の地道な食生活の改善が大事です。
ぜひ毎日の食事に取り入れてみてください。

関連記事