肌を傷つけない為に!冬の「ムダ毛処理」で気を付けるポイントとは?

肌を傷つけない為に!冬の「ムダ毛処理」で気を付けるポイントとは?

肌の露出が少なくなる冬は、「ムダ毛処理」の頻度が減りがちです。しかし、冬の間中、何もしないという訳にはいきませんよね。敏感になっている肌にダメージを与えない為に、冬ならではの気を付けるべきポイントがあります。早速チェックしてください!

冬の「ムダ毛処理」。シェービングのポイントとは?

冬になると、肌の露出が減るので、「ムダ毛の処理」を怠る女性が一気に増えるそう。
ムダ毛処理は、少なからず肌へ負担を掛けるので、処理回数を減らすこと自体は悪いことではありません。

しかし、肌に負担が掛かる「ムダ毛処理」ですので、乾燥しやすい冬でも、肌を傷つけない為のポイントを知っておきましょう!

■身体を温めてから
寒い冬は身体が冷え、肌も乾燥している状態です。その状態でシェービングをすると、肌がダメージを受けてしまいます。
その為、まずは湯船で身体を温め、水分で毛を柔らかくしてから、処理を行いましょう。

■お風呂に入って早めの段階で
長い時間湯船に浸かると、肌がふやけてしまいますよね。すると、肌が刺激に敏感な状態になります。
そこでシェービングをしてしまうと、ダメージが大きくなるので、なるべく早めの段階で、行うようにしてください。

■から剃りはNG
クリームなど、肌に何もつけていない状態でシェービングをすると、健康な角質まで剥ぎ取ってしまったり、怪我をしてしまう恐れがあります。
必ず、シェービングクリームなどを使用しましょう。

■毛の流れに沿って剃る
毛の流れに逆らって剃っているという方も多いのでは?
実は、毛の流れに逆らって剃ると、肌への負担が大きく、色素沈着や埋もれ毛の原因となってしまいます。
毛の流れに沿ってシェービングするのが、正しい方法です。

■同じ場所を何度も剃らない
冬の肌は敏感になっているので、何度も同じ場所にカミソリをあててしまうと、肌へのダメージが大きくなります。
何度もカミソリがあたらないよう、優しく肌を滑らせるようにシェービングをしましょう。

さらに「ムダ毛処理」による肌への負担を減らす為に

◎ムダ毛処理の後は、しっかり保湿
ムダ毛処理をした後の肌は、デリケートになっているので、しっかりと保湿を行うようにしましょう。
何もしないと、肌が乾燥するだけでなく、埋もれ毛の原因にも。

◎ムダ毛処理の頻度
寒い時期は、肌の露出も減るので、ムダ毛処理の頻度を減らして、肌への負担も減らしましょう。
目安として、2~5mm程伸びてから処理すると良いと言われています。

◎カミソリよりも電気シェーバー
電気シェーバーはカミソリと比べ、肌への負担が少ないので、ダメージが気になるという方にはオススメです。
皮膚を削ってしまい、肌を傷つける心配もありません。

「ムダ毛処理」は、肌へのダメージが大きい為、なるべく肌へ負担が掛からないようにすることが大切です。
肌への負担を減らす為にも、冬のムダ毛処理は、「必要な時だけ」「剃る部分を最低限に」するなどして、肌を休ませる期間を作るくらいが良いかもしれません。

冬ならではの気をつけたいポイントを知って、肌へ負担を掛けない「ムダ毛処理」を行いましょう!
関連キーワード

関連記事