乾燥の季節ちょっと気を付けるだけで指先や爪が美しいままに

乾燥の季節ちょっと気を付けるだけで指先や爪が美しいままに

寒くて乾燥する季節、指先や爪の先がひび割れていませんか?手は意外と人から見られているので、うるおいしっとり美しい手になりたいですよね。普段の爪や指先のケアを意識すると緩和されるので、お手入れ方法をお教えいたします。

乾燥の季節の爪の手入れ方法

冬は乾燥の季節、肌の保湿はしても指先のケアまではなかなかできない、そんなことはありませんか?
爪の簡単なケア方法をご紹介いたします。

1. 柔らかいやすりで磨く
爪の表面のデコボコを柔らかいやすりで磨きます。固いやすりだと痛めてしまう恐れがあるので、柔らかいものを使用しましょう。100均などにも売っているので手軽に試せます。
2.レシートで磨く
レシートにも細かいデコボコがありやすりの代わりになります。やすりでは刺激が強すぎる人にはお勧めです。
印字面でこするとピカピカになります。
3.保湿する
クリームやオイルなどで爪だけではなく周りの皮膚もマッサージしながら保湿しましょう。
4.除光液は控えめに
油分や水分も取り除いてしまうので爪を痛める原因になります。短期間での使用はひかえましょう。また、使用後は石鹸などでしっかりと洗浄して残らないようにし保湿クリームでケアしましょう。
5.栄養をとる
栄養のバランスが爪や肌に出るので、しっかりと栄養をとりましょう。ジャガイモやトウモロコシなどケイ素が含まれたものがおススメです。

爪を切ったりケアをするのはお風呂上りがおススメです。

乾燥を防ぐ手のケア方法

爪のケアと同時に大事なのは手のケアですが、間違った手の洗い方をすると手が荒れてしまいます。
正しい手の洗い方をご紹介いたします。

1. 熱いお湯で洗わない
肌に必要な油分まで取り去ってしまう恐れがあります。
2. 石鹸をきちんと洗い流す
洗い残しがある手荒れの原因になります。
3. 拭く時ゴシゴシしない
強くこすると皮膚を傷めてしまいます。ポンポンと軽く水気を摂るくらいにしましょう。
4. ハンドタオルは清潔なものに
同じタオルを使用し続けると雑菌などが繁殖してしまうので手を洗った意味がなくなってしまいます。
関連キーワード

関連記事