甘酒は飲む点滴!栄養剤と同成分の元気と綺麗のスーパードリンク

甘酒は飲む点滴!栄養剤と同成分の元気と綺麗のスーパードリンク

甘酒と言えば、初詣やひなまつりのイメージですよね。しかし、働く女性に必要な元気とキレイを叶える栄養素が沢山つまっている事が判明しました!美容目的で飲む場合の選び方や、飲む点滴と言われる栄養素についてご紹介します。

甘酒が「飲む点滴」と言われる所以は豊富な栄養!

甘酒が「飲む点滴」と言われているのはどうしてでしょうか。
実は、甘酒には、病院で栄養剤として用いられる点滴と同成分の栄養素が含まれているのです。

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、アミノ酸、ブドウ糖、オリゴ糖、食物繊維などが含まれています。
特に、ビタミンの一種である葉酸は、赤ちゃんがお母さんのお腹の中で成長するのに重要な役割を果たす栄養素で、妊娠中の女性はもちろん、妊活中の人にも積極的に摂ると良いとされています。

お腹の調子を整える働きをする食物繊維、オリゴ糖も豊富に含まれています。そのため、お通じが良くなったり、腸の調子が整うことで、肌荒れにも効果が期待できると言われています。 

甘酒の素である酒粕や米麹には、化粧品などにも含まれている、コウジ酸という栄養素が含まれています。このコウジ酸は、体の中のメラニンを抑制してくれる働きがあるため、白くて透明感のある素肌をキープしたい方にもおすすめです。

甘酒には2種類ある。美容目的で飲むにはどっちを選べば良い?

甘酒には、「米麹」から作られたものと、「酒粕」から作られたものの2種類があります。
スーパーなどで、粉末やフリーズドライとして販売されているもののほとんどが、酒粕の甘酒です。しかし、「飲む点滴」と呼ばれているのは、米麹の甘酒の方なのです。

酒粕の甘酒が悪いという訳ではありませんが、酒粕から作られているため、加熱していても、微量のアルコールが含まれています。そのため、アルコール分解酵素を持っていない人や、妊娠中、授乳中の女性や子供は飲むことができません。また、作る過程で砂糖を使用するため、美容目的で飲むにはあまり向いていません。

米麹の甘酒は、酒粕の甘酒には含まれていない栄養素が含まれていたり、独特の風味はあるものの、米麹が甘みを持っているので、砂糖が使われていません。何より、アルコールが含まれていないため、子どもから大人まで安心して飲むことができます。美容目的で飲むのであれば、米麹から作られた甘酒を選ぶようにしましょう。

甘酒は、元気とキレイを必要としている、働く女性にこそ、積極的に飲みたい飲み物です。

関連記事