美容断食で肌の負担を軽減!スキンケアのアレは今すぐやめて

美容断食で肌の負担を軽減!スキンケアのアレは今すぐやめて

スキンケアもやり過ぎてしまうと、肌に負担をかけてしまうことに…。また、ついついやってしまう「アレ」が、肌にいらない刺激を与えています。刺激を絶ってうるおいを与える「美容断食」で肌本来の美しさを取り戻しましょう。

「温クレンジング」でこすらない肌断食

メイクを完璧に落そうと、クレンジングでゴシゴシこすってしまうと、肌に必要なうるおいまで落としてしまいます。

汚れを浮かせて落とす「温クレンジング」に切り替えて、肌をいたわりましょう。

■温クレンジングのやり方
1 アイメイク・リップ・眉などのポイントメイクはあらかじめ落としておく
2 クレンジングを温める
3 薄く伸ばし、汚を浮かせる
4 ぬるま湯で優しく洗い流す

最初にポイントメイクを落としておくことで、ついつい肌をこすってしまわないようにします。この時のクレンジングには、クリームタイプがおすすめです。

洗顔後はティッシュで!美容断食ならぬ「タオル断ち」

洗顔後は普通タオルを使用しますが、美容断食では、タオルを使いません。
忙しい朝など、ついついタオルでこするようにして顔をふいてしまっていませんか?
ごくごく自然なことなのですが、この行為は肌にとってはかなりの刺激を受けていることになります。

特に乾燥が気になっている方は、美容断食の一環として「タオル断ち」を実践してみてはいかがでしょう。

洗顔後、ティッシュを優しく顔にあてがって、ティッシュに水分を吸わせます。こすってしまうと、ティッシュがちぎれて顔にぺたぺたくっついてしまうので注意しましょう。

こうすることで、肌への刺激を最小限に抑え、必要最低限の水分のみをすいとることが出来ます。

ティッシュで水分を取った後は、化粧水などでしっかり保湿しましょう。

「こする」ことは、肌にとってとてもよくありません。
肌の調子がイマイチ…と思ったら、美容断食でスキンケアをもう一度見直してみませんか。

関連記事