花粉の季節、荒れてしまうお肌を守る為に気をつけておきたい3ヶ条

花粉の季節、荒れてしまうお肌を守る為に気をつけておきたい3ヶ条

今年も花粉の季節が到来ですね。
毎年毎年、今年は昨年より花粉が多い…という言葉を耳にしますね。
花粉症じゃないから大丈夫とタカをくくっている方も、もしかしたら『花粉皮膚炎』で肌荒れをおこしているかもしれませんよ。

これって肌の花粉症?

花粉は口や鼻で吸い込む以外にも、肌に付着する事で体内に侵入します。
花粉が入り込んだ場所によってアレルギー反応を引き起こしているようです。
たとえば、鼻や口から吸い込んだ際には、くしゃみや鼻水、鼻づまり、喉の痛みなどが起こり、直接触れた場合は目のかゆみや充血、目やに、肌荒れや肌のかゆみ・かぶれやただれ、乾燥などの原因になるようです。
一般的に言われている目のかゆみ、鼻水などの花粉症の症状が出ない方も、春先の肌荒れや、化粧ノリの悪さの原因はもしかしたら、肌の花粉症が原因かもしれませんね。

花粉に負けない素肌作りのポイント

【メイクは最低限にしてみましょう】
肌への負担が極力少ないルースパウダーか、パウダーファンデーションにチェンジしましょう。
リキッドファンデーションやクリームファンデーションは、保湿効果が期待できる反面、界面活性剤や防腐剤などの添加物が多く含まれているようなので、皮膚炎を起こしている肌には不向きといえます。

【アレコレつけすぎない】
肌荒れを起こしている場合は、改善しようと焦って化粧品をあれこれ試してしまいがちですが逆効果です。
肌荒れがひどい場合は刺激の強い化粧品は避けて、肌当たりの優しい白色ワセリンなどを薄く塗るだけでも効果的です。
また、吹き出物などが悪化した場合には、朝晩の洗顔で雑菌や汚れをリセットしましょう。
朝の洗顔代わりにウェットティッシュや洗顔シートを活用するのは健康な肌の場合は効果的ですが、シートには防カビ剤などの強い薬品が含まれていることが多いため、荒れた顔肌にはお勧めできません。
洗顔は赤ちゃんでも使えるような低刺激タイプで、洗顔後にはビタミンC誘導体の含まれた化粧水などが効果的です。
ただ、肌質もあるので刺激を感じたらすぐに使用をやめてくださいね。

【春のストレスを認識する】
春は身体の内外からも肌に負担をかける条件が揃いやすい時期と言えます。
肌にどんな負担がかかっているか再認識しておきましょう。
室内外の寒暖差による刺激で体内の自律神経やターンオーバー、血流に影響が出やすい。
他にも、紫外線が一気に上昇する。もちろん花粉のアレルギーも肌ストレスの大きな原因ですね。
忘れがちですが、内面的な肌ストレスの要因として、春に起こる環境の変化も肌に影響を与えやすいと言われています。
いつも以上にしっかりと睡眠をとり、食生活のバランスを考え、花粉ストレスに負けない肌を作ってくださいね!
関連キーワード

関連記事