季節の変わり目は肌荒れに悩みがち…冬から春へのスキンケア法って?

季節の変わり目は肌荒れに悩みがち…冬から春へのスキンケア法って?

いよいよ2月になり、だんだんと暖かくなって春がやってきます。しかし、季節の変わり目は体調を崩したり、肌荒れに悩みがち…。冬から春へのスキンケア方法はどのようにシフトするべきなのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

春は特にバリア機能が低下し肌荒れしやすい時期

春は暖かい気候になり、新しい出会いの季節でもありますよね。楽しみなイベントが多い春ですが、実は季節の中でも春が一番肌荒れに悩まされる時期とも言われているのです。その理由は、冬の寒さで代謝が低下することでお肌が潤い不足に陥り、バリア機能も働きにくくなってしてしまうから。

さらに冬と春の気温の差により皮脂が過剰に分泌されてしまうため吹き出物やニキビなどの肌荒れを引き起こしてしまう場合もあります。

春は 油分より水分!保湿重視のスキンケアを

冬のスキンケアは、クリームや乳液、オイルなどの油分が多いものを選んでいた方が多いはず。ですが、肌荒れしやすい春のスキンケアは、油分より水分をたっぷり補うことが重要です。ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどの保湿成分が多く含まれたものや、春先は肌荒れしやすいため「敏感肌用」の化粧水を使うといいでしょう。

お肌がピリッと刺激を感じやすい場合は、アルコールフリーのものを選んでくださいね!化粧水のあとに美容液を贅沢に二度塗りしてゆっくり浸透させれば完璧です。

春のスキンケアは紫外線対策もしっかりしておこう!

春といえば桜の季節。ぽかぽか陽気で外出しやすくなりますよね。ここで気をつけるべきなのが紫外線対策。なんと3月の紫外線量はまだまだ暑さが残る9月とほぼ同じなのです。シワやシミ、肌荒れの原因になる紫外線の対策として、日焼け止めクリームをこまめに塗り直したり帽子や日傘を利用してシャットダウンしていきましょう。

季節の変わり目でも大丈夫!春のスキンケアで肌荒れ知らずの美肌へ

春は人間関係のストレスや、紫外線量の増加、肌のバリア機能が低下することで肌荒れに悩まされがち。冬のスキンケアに用いていたクリームやオイルなどから、低刺激タイプの化粧水や美容液で潤いひたひたのお肌づくりにシフトしていくといいですね。

関連記事