グラノーラはヘルシーじゃない?! 美容のためになるシリアルの選び方

グラノーラはヘルシーじゃない?! 美容のためになるシリアルの選び方

「グラノーラ」と聞くと、美容にも健康にも良さそう!っていうイメージありませんか?食事にとり入れているヘルシー志向の女性も多いのでは?
でも美容やダイエットに気を使うなら、実は要注意の食材なんです。みていきましょう。

美容やダイエットに気をつけながら、シリアルが食べたい人は〇〇がベター!

手軽に食べられるシリアルは、朝食にヨーグルトや牛乳をかけて食べるととってもヘルシーなイメージがありますよね。オートミールやミューズリー、グラノーラ、コーンフレークなどをまとめてシリアルと呼びますが、日本のスーパーでも手軽に買えるシリアルの種類がだいぶ増えてきました。穀物を丸ごと食べられるものや、オーガニックのものもあり、「なんだか身体に良さそう!」と思われる方も多いでしょう。ただし、シリアルの選び方にも気をつけてもらいたいポイントがあるので、今回はそのシリアルの選び方についてご紹介いたします。

まず、シリアルで使われることが多いのはオーツ麦。オーツ麦は、オートミールの原材料としても知られています。オートミールは、水や牛乳に溶かし、おかゆ状にして食べるのが一般的です。

次に、ミューズリーは、オートミールに数種類の穀物を加え、ナッツやドライフルーツなどを混ぜたものを言います。

そしてグラノーラは、オートミールなどにナッツやドライフルーツ、メープルシロップ、オリーブオイルなどを混ぜ、オーブンで焼き上げたものを言います。

これらの作り方を比較したときに、美容やダイエットのためにはできるだけシンプルな材料のものを選びたいところ。その基準で並べると、オートミール→ミューズリー→グラノーラの順となるので、「美容にもダイエットにも気をつけつつ、シリアルを食べたい」人は、オートミールを選ぶのがベターです。

オートミールには水溶性の食物繊維が含まれているため、便通が良くなり、脂肪がつきにくくなる、といったキレイを目指す女性には嬉しいメリットがたくさんあります。また、食物繊維は消化のスピードを緩め、血糖値の急上昇を抑える働きもあります。

グラノーラシリアルはヘルシーじゃない?!

グラノーラなど、加工のプロセスが増えたシリアルになるに従って、気をつけたい点があります。それは、「砂糖や塩、油、保存料が添加されている」という問題です。ドライフルーツや砂糖でコーティングされているものが多く、ドライフルーツがたくさん入っているほど、糖分をたくさん摂取してしまうことになります。またグラノーラはもともとシロップを加えて焼き上げるので、甘みがついている上にドライフルーツが加わると、糖分過多にならざるを得ません。

甘いコーンフレークも同じく要注意です。甘いコーンフレークは、揚げたトウモロコシに砂糖やシロップを加えてつくるので、栄養よりも糖質の高さの方が気になります。

糖質を摂りすぎると、肌の中でタンパク質と結合し、「糖化」を起こします。糖化した肌は、弾力を失い、シワやたるみをつくる原因になるのです。シリアルを購入するときは、原材料に何が使われているかを確認し、身体や肌を汚すものが入っていないものを選びたいですね。

関連記事