春の肌荒れの原因、もしかして花粉症のせい?気になる原因をチェック

春の肌荒れの原因、もしかして花粉症のせい?気になる原因をチェック

寒い冬が終わり暖かな春へ。
ところが喜んでばかりもいられません。花粉症を発症している方にとっては辛いシーズンでもあるからです。
そしてどうやらこの花粉症が、肌荒れを引き起こす原因の一つにもなっているのだそうです…。

花粉症が肌荒れの原因になっているって本当?

花粉症はご存知の通りアレルギー症状の一つです。
程度には個人差があるものの、くしゃみや鼻づまり、不快感をともなう目のかゆみなど苦しんでいる方も多いはず。
今や国民病とまで呼ばれているその花粉症、先に挙げたもの以外にも次の症状を引き起こしてしまうのだとか。

【花粉症による肌荒れの原因】
毎年花粉症を患っている方で、春先に肌トラブルがひどくなる…。
こんな悩みに思い当たるふしのある方は注意が必要です。
その肌トラブル、放っておいたり誤ったケアをしてしまったりすることで深刻な肌荒れにつながってしまうしれません。
それは、単なる肌荒れではなく「花粉皮膚炎」かもしれないからです。

「花粉皮膚炎」とは、その名の通り花粉が原因で引き起こされる肌の炎症の一つで、主に顔や首周りに症状が表れます。
皮ふがカサついて赤みを帯びたり痒みを伴ったりする為、かいてしまうことで悪化させてしまうことも多いのだそう。
そもそも花粉は、鼻や口だけから入ってくるわけではありません。
直接、肌にも付着します。
洋服などに守られていない顔や首周りは、特に花粉が付きやすい部分なんです。
また肌は、生活習慣や食生活の乱れによってもトラブルが発生してしまう為、「花粉皮膚炎」だったとしても自覚しにくいのだそう。
気づかないまま普段通りのスキンケアを行うことで、かえって悪化させてしまう恐れがあるんです。

春の肌荒れ対策の為に心がけたい「3つのこと」

では「花粉皮膚炎」による肌トラブルを抱えている場合、どのような対策を行ったら良いのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

【花粉による肌荒れの対策3つ】
(1)室内に入る前にしっかり花粉を落とす!
素肌をさらしている部分はしかたがないとしても、全身についた花粉はできる限り室内に持ち込まないようにするのがベター。
外出後、室内に入る前に必ず帽子やコートなどは脱ぎ、はたきましょう。
またマスクを着用している方は、マスクを折りたたみできるだけ花粉が飛び散らないように捨てるよう配慮をすることも大切です。

(2)帰宅後はできる限り早い段階で手洗い&洗顔を!
手や顔に直接ついてしまった花粉は、やはりできるだけ早い内に取り除きたいところ。
帰宅後、荷物を置いたらすぐ洗面所に行って手や顔を洗う習慣をつけるようにしましょう。

(3)スキンケアは保湿をメインにシンプルケアを心がける!
肌が炎症を起こしている時に、潤いを与えようとフェイスパックをつける、あるいは保湿クリームを塗りたくるのはかえって逆効果になってしまうことも。
保湿をしっかり行い、肌のバリア機能を高めるよう心がけましょう。
また、この時期にスキンケアアイテムをコロコロと変えるのもNG。
過敏になっている肌が、新しい成分に対して反応し肌荒れがひどくなることがあるからです。
スキンケアはシンプル&しっかり保湿がマストです。

ポイントとしては、化粧水を冷たい状態のままでつけないよう手の平でしっかり温める。
次に、優しく肌を押さえるようにして乗せてあげる。
そして化粧水がしっかり浸透してからクリームをつけてあげるなど、一つひとつの手順を丁寧に行うことが大切です。
なお、症状が重い場合や気になる方は、皮膚科を受信してみるのもオススメです。

いかがでしたか?
春先に花粉症による肌トラブルを抱えている方は、普段のスキンケアや生活習慣をチェックしてみてくださいね!
関連キーワード

関連記事