カサつき肌とオイリー肌の両方!「混合肌」のためのスキンケアとは?

カサつき肌とオイリー肌の両方!「混合肌」のためのスキンケアとは?

カサカサする部分とオイリーでテカテカした部分が混じっている混合肌。ベースメイクをするとTゾーンだけ崩れやすく、Uゾーンは粉がふいてしまうなどと言った悩みが付き物ですよね。そこで混合肌の方におすすめのスキンケア方法をご紹介。

場所によって肌質が異なる混合肌の特徴

そもそも混合肌とは、額〜鼻筋のTゾーンはオイリー、頬〜フェイスラインのUゾーンが乾燥しているという二つの肌状態が合わさった肌質のこと。Tゾーンのメイクは崩れやすいのに対し、Uゾーンはカサカサして痒くなる…などといった混合肌ならではの悩みがあるのではないでしょうか。
そこでまずは混合肌に合わせたスキンケアを行っていきましょう。

混合肌のためのスキンケア方法って?

混合肌は乾燥とオイリーが混じっているため、その部位によって使うアイテムを変えていく必要があります。

【洗顔】
乾燥が気になるUゾーンには、油分が含まれているクリームを薄くのばしてから洗顔をしていきます。Tゾーンはしっかり洗いたいけれどUゾーンの乾燥が気になる方、時間がない方にもおすすめな洗顔方法です。

【保湿】
混合肌の方のスキンケアは、まず化粧水を全体に馴染ませ、カサつきが気になる部分には保湿クリームを伸ばし、毛穴が気になる部分には収れん化粧水をつけていきます。オイルを使う場合はTゾーンを避け、乳液はUゾーン中心に、Tゾーンには少なめに…と量を使い分けることが大切。時間があるときには、スキンケアの最後に温めた蒸しタオルを当てると美容成分が浸透しやすくなりますよ。

混合肌の正しいスキンケアで美しい肌に

厄介な混合肌でも、洗顔時にはあらかじめUゾーンにクリームを塗っておけばTゾーンはスッキリ、Uゾーンはもっちりな洗い上がりになります。メイク崩れしやすい混合肌の方も、正しいスキンケアを行えば夕方まで崩れにくいベースメイクになるはずです。
ぜひ試してみてくださいね!

関連記事