瞳の美しさは白目で決まる?濁りのない綺麗な瞳をつくる白目ケア

瞳の美しさは白目で決まる?濁りのない綺麗な瞳をつくる白目ケア

皆さんは瞳の美しさのキーとなるのが黒目ではなく白目にあるということを知っていますか?充血や黄ばみのない、キラキラと輝く瞳はいくつになっても魅力的です。今回は瞳を正しくケアするために、瞳が濁ってしまう原因と対策を紹介します。

瞳の美しさのキーは白目のケア次第

よくカラーコンタクトなどで、黒目を大きく見せる女性がいますが、実は黒目と白目のバランスがとれていないと美しく見えないということをご存知でしょうか。黒目と白目の黄金比率は1:2:1で、中でも白目の濁りや黄ばみ、充血があると、美しい瞳とは言えません。

人は写真などの静止画では黒目がちの瞳に魅力を感じるようですが、動いている時は白目の美しさに魅力を感じやすいといわれています。

瞳をもっと美しく見せるために、白目が濁ってしまう原因と対策を紹介します。

白目が濁ってしまう原因

白目が充血したり、成長するにつれて濁りや汚れが出てくるといわれます。それは生活環境の変化に起因している可能性が高いのです。では実際にどんなことが原因で白目の美しさが失われていくのでしょうか。

(1)パソコンやスマートフォンなどのブルーライトによるダメージ
発売されてから一気に普及し始めたスマートフォンですが、パソコンやスマートフォンから出ているブルーライトは紫外線の次に強力なエネルギーを持っていると言われています。ブルーライトによってもたらされる目の疲れやダメージが蓄積されると瞳が濁る原因に。

(2)紫外線ダメージ
お肌と同様に、紫外線を受けると瞳は黄ばんでいきます。紫外線により活性酸素が過剰に発生し、シミになってしまうからです。

(3)飲酒や禁煙によるダメージ
タバコ顔の特徴に「黄色がかった目」もその一つと言われています。お酒やタバコを摂取すると、肝臓機能に影響を及ぼします。肝臓に異変が生じると、肌が黄色くなると言われていますが、肌よりも白目の方が先に黄色く濁っていきます。

(4)コンタクトレンズなどの使用
カラーコンタクトレンズを長時間使用すると、瞳に蓋を被せている状態が続くため瞳が酸素不足を引き起こします。酸素不足になると目の疲れを引き起こしたり、目に酸素を送るために目の毛細血管が太くなるため、充血します。

白目を美しくする方法と対策

白目の美しさを阻害する原因がわかれば前もって対策することもできます。例えばサングラスの着用、ブルーライトカットのメガネを着用する、アルコールやタバコの摂取量を少なくするなど。併せて白目のケアも行うことで、白目の黄ばみや充血などの改善につながり、美しい瞳の一歩となります。

では瞳にはどのようなケアの方法があるのか実際に紹介していきます。

(1)白目を綺麗にする目薬を使用する
最近では目の充血を抑える作用のある目薬などが販売されています。根本的な原因を取り除くわけではないため、一時的な効果しか得られない可能性もありますが、美しく見せたい瞬間などのために常備しておくと便利な一品です。

(2)『ルテイン』を多く含む食材を摂取する
『ルテイン』には抗酸化作用があるため、眼病予防や眼精疲労の解消など、目を守るための効果があると言われています。ルテインを含む食材としてほうれん草やケール、キャベツ、ブロッコリーなどがあります。

(3)ブルーベリーを摂取する
ブルーベリーには『アントシアニン』という疲れ目に効果のある物質が含まれています。ヨーグルトやジュースに入れて手軽に摂取することができます。

瞳を普段のダメージから守るための対策を考え、ケアしてあげることで魅力的な目元を作り上げましょう。
関連キーワード

関連記事