継続できるダイエット体質獲得!正しい姿勢と歩き方でできる痩せ習慣

継続できるダイエット体質獲得!正しい姿勢と歩き方でできる痩せ習慣

ダイエットしたいと決意して計画を立て、置き換えダイエットやストレッチなどを試しているのに、なかなか結果が出なくてという悩みはありませんか?積極的な方法を試すのも素敵なことですが、見落としがちな姿勢を見直すこともダイエットには大事なんですよ!

痩せている人の効果的なダイエット習慣!

ダイエットや運動など特別なことは何もしていないのに、スリムな体系を保っている人がいます。
一方で、おやつを食べないようにしてダイエットに効果的といわれるお茶を飲み、運動だってしているのに基礎体重が減らないのはなぜ?そんな疑問を抱いてる人もいるかもしれません。
計画的にがんばっているのに、なかなかダイエットの効果が出ない!そんな人は、いま一度痩せている人の「痩せ習慣」の秘密をさぐってみると、ヒントがみつかるかもしれません。ポイントは、日常生活の中のちょっとした行動です。

「痩せ習慣」が身についているスリムな人は、毎日体重計に乗っています。
朝起きたときや寝る前など、気がついたときに体重計に乗る習慣を持つことで、自分自身の状態の少しの体重の変化にも気がつくことができるようになるのです。
最近ちょっと食べ過ぎたかなというときにも、しっかりと体重計に乗って基礎体重を確認します。自分のそのときの体重を知ることができれば、間食を控えたり献立を工夫したりして、すぐに調整することができますよね。

一日一日を時間に追われるようにして過ごす現代人は、本当に忙しいです。朝ごはんは身支度をしながら急いで食べる、お昼はコンビニで買った惣菜弁当をもくもくと食べるだけという人も多いかもしれません。
本当に時間がないときは仕方ありませんが、痩せ習慣がある人はよく噛んでゆっくりと食べることを常に意識しています。
しっかり噛んで食べると満足感もあるといわれていますし、よく噛んで食べることは消化にも大切です。
食べ過ぎを防止するためにも、約30回を目安に噛むように習慣づけることができたら、それだけでも痩せ習慣がひとつ身についたことになります。

仕事の合間や休憩時間には、何を飲んでいますか?
痩せ習慣のある人は、ミネラルウォーターやお茶などを飲むことを基本にしています。
市販のコーヒーやコーラなど甘いタイプ飲み物には多めの砂糖が使われていることはよく知られていること。痩せ習慣のある人は、飲み物で余分にカロリーを摂取しないように常に意識しているんですね。
つい飲んでしまうコーヒーやコーラなどの糖分を控える習慣も身につけたいことのひとつです。

なんとなく手持ちぶさた、なんとなくお腹がすいたなあというときに、つい甘いものをつまんだりしていませんか?
痩せ習慣がある人は、本当に空腹を感じたとき、体が食べたいという欲求を出したときに、栄養バランスのいい食事をとる習慣を身につけています。
コンビニに行ったときについお菓子を買ってしまったり、目の前にあったからとチョコレートをつまんでしまったりということがないのです。

また、テレビを見ながらや、スマホの画面を前にしながらの「ながら食べ」をしてしまっていませんか?
食事をするときにも集中して食べることを基本とするのも痩せ習慣には大事なことです。
ながら食べは、食べているものから気持ちがそれていることが多いため、満腹感を感じにくいだけではなく前かがみの猫背の姿勢を続けることになるので、あまりおすすめできません。この猫背の姿勢もダイエットには深いかかわりがあるんですよ。

姿勢はダイエットの継続に大事です!

痩せるためには、筋トレや引き締め効果のある運動を続けること、置き換えダイエットをしたり、新しいサプリを試すことが大事と思いこんでいませんか?
自分なりのダイエット法にチャレンジするのはもちろんOKです。
でもダイエットの基本として意識したいのが、日常生活での姿勢!体重のことは気にするけれど、姿勢のことはほとんど気にしていないという人も中にはいるのではないでしょうか?
計画を立ててダイエットに臨んでいるのに結果が出ない方は、自分の背中が丸くなっていないか、姿勢が悪くないかチェックしてみるといいかもしれません。

背中をすっと伸ばした立ち姿の女性は、それだけでも見た目の良さがアップするような気がしませんか?
でも自分自身が、きれいな姿勢を保てているかどうか自信がない方も多いのでは?
猫背はよくないと知識では知っていても、近年のスマホの浸透率の高さの影響や仕事でもパソコンを使う機会が格段に増えていることもあり、自覚がないうちに猫背の姿勢が習慣になってしまっている人が多いかもしれません。
ある程度仕方のないことではありますが、実は長年猫背を続けることは見た目が悪いだけではなく、ダイエットにも、体にも多くのデメリットがあるのです!

歩きスマホをする時って自然に猫背になってしまっていますよね?
街中でスマホを手に歩く人を見ても、背中をぴんと伸ばして歩きスマホをしている人はあまり見かけないです。
スマホの画面を見ているから猫背になるのは当たり前ともいえます。
実はこの猫背の状態、腹筋や背筋の筋肉を使わないので、人はこの姿勢をとる状態を楽に感じるとか。肩の力を抜くと背中が丸くなることからもわかるように、猫背の状態は人間にとってリラックスできる姿勢でもあるんですね。

この猫背、自宅で休憩しているときはかまわないのですが、実はダイエットやアンチエイジングを気にする人には要注意ポイントでもあるのです!
猫背でいることが習慣になってしまうと腹筋と背筋の筋肉が衰えていくため、代謝が悪くなり脂肪がつきやすくなります。
特にお腹周りには猫背は危険ともいえる姿勢です。そして猫背の姿勢は、顎を突き出した状態になるので、本当ならほとんど使わないはずの顎の筋肉を使ってしまい、知らない間に筋肉が鍛えられてしまい二重あごの原因になってしまうのです。

猫背のほかにも、立っているときに片方の足だけに体重をかけたり、椅子に座るときに足を組むことが好きな人は注意が必要です。
これらの行為は骨盤のゆがみにつながるため、内臓の位置が下がりぽっこりお腹の原因になります。内臓が下がると代謝が落ちる→脂肪と老廃物が溜まりやすくなる→老廃物が溜まるとむくみやすくなり、その結果セルライトができやすくなるという、ダイエットに加えて体の老化にも様々な影響を与えるのです。
猫背がこれほど、体型や老化に影響があるなんてと驚いた人もいるでしょう。正しい姿勢を知って、内側と外側からのダイエット対策をしていきましょう!

筋トレなし!正しい姿勢でダイエット

自分自身の姿勢に自信がありますか?あまり意識していないからわからないという方もいるかもしれませんね。
気になった方は、姿勢をチェックできる方法をいくつかご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。
はじめに確認したいのが、鏡の前に立って鏡に映る自分の姿勢を見たときに左右の肩の高さが違っていないか、横向きに立って見たときに型が内側に入っていないかのふたつのポイントです。
そして椅子に座ったときに、肩が耳より前に出ていないか、 仰向けになって寝た時に床に肩が着かずに浮いた状態になっていないかも重要な項目です。
どれかに当てはまった人は、正しい姿勢で過ごせていない可能性が高く、骨盤がゆがんでいる場合があるかもしれません。

痩せ習慣にもつながる正しい姿勢の作り方ですが、壁の前に立ってください。
その後、壁に背中をつけて真っすぐ立つことを意識して、つま先を広げます。頭と肩、お尻・ふくらはぎ・かかとの計5箇所を壁につけます。
ここで、お腹とお尻に力を入れて背中と壁の間にすきまができないようにします。このすっと前を向いて立つ状態が正しい姿勢です。

普段の姿勢と違う点はありましたか?
壁を基準にチェックできるので、正しい姿勢が習慣になるまではときどき壁の前でやってみるといいですね。
もしもこの正しい姿勢をとってみてちょっときついなあと思った方は、猫背がくせになってしまっているかもしれません。
猫背がくせになっているなあと自覚できる方は、肩甲骨のストレッチがおすすめ!

体の前に両手を出して手のひらを裏返して組んでください。その状態のまま腕を天井に向かって伸ばします。
伸ばした状態で、おへそのあたりから上半身を大きく回します。左右にまわしてみてください。5回ずつを3セットやれば理想的です。
もうひとつのストレッチは、左右それぞれの指先を右は右の肩に、左は左の肩先につけます。その状態で、つけた指先を中心にして前後に大きく腕を回転させます。
特に後ろへまわすときは大きい動作を心がけてください。 肩甲骨を動かすことはダイエットにもよく、猫背には効果的なので面倒くさがらずにぜひ試してみてください。背中と腕を伸ばすとリフレッシュにもなるので、仕事の休憩の時間にやってみるのもいいかもしれません。

長い目でみるととても大切な姿勢。姿勢を正したからといって目に見えてすぐに痩せられるわけではないですが、アンチエイジングを気にする女性にとっては、老化にもつなる猫背の姿勢はぜひ改善したい重要なポイントです。
短期間で効果を出せるダイエットを期間限定で行うのもときにはいいと思います。
でも姿勢を正すことが結果的に痩せることにつながるのなら、姿勢をきれいにするだけで痩せ習慣がひとつ増えたことにもなりますよね。

ダイエットを決意してストレッチをしたり、歩くことを心がけたり、計画しながらやっているのに、あまり効果が出ない気がする・・・。
結果が出ないとせっかくの決意もそがれてしまいそうですよね。運動をしたり朝ごはんやお弁当に気をつけたりと、いろいろなダイエットの基本がある中で意外と見落としがちな姿勢に目を向けてみましょう。

ダイエットの常識?基本の歩き方を学んで習慣にしたい!

猫背で歩くことが基本になってしまっている人は、腹筋を使わないため自覚がないうちにだらしない体型になっていきます。
現代は、歩くときに顔を前にのめるように出しながら背中を丸めたままの人が多いようです。
この前のめりの姿勢、女性としてはあまり美しいとないえない歩き方ですよね。ほかに意外と多いのが内またで歩く人。
中には極端な内またの人を見かけますが、この歩き方はお尻の筋肉を使わないことになるので、お尻が垂れ太ももが太くなるという結果につながります。内またで歩くことは、骨盤のゆがみにも影響を与えることもあわせて覚えておきたいです。

これはそう多くはないと思いますが、足を引きずって歩くのもNGです。
引きずるということは、あまり足を動かしていない状態になり、コりや血行の悪化につながり、結果的に老廃物が溜まってしまうことになります。
老廃物はセルライトのむくみの原因にもなるので、しっかりと足を使って歩くことは、ダイエットだけではなく健康的な体を保つためにもとても大事なのですね。

痩せ習慣を身につけて自然に行えているスリムな人の歩き方、思い浮かべることができますか?
イメージでは想像できても、実際の歩き方って観察してみたことがないという人がほとんどかもしれません。
ダイエットにもつながる姿勢を正した歩き方にはいくつかのポイントがあります。まず腰は引き気味にして、腰が足の上にちゃんと乗っている状態を意識します。

次に、お腹に力を入れますが、このときにお尻が後ろに突き出ないように注意します。上からすっと引っ張られているような印象です。
胸を自然に開いて顎を引きます。この状態で歩くと、見た目もきれいですし、お腹とお尻の筋肉もしっかりと使え、顎を引いた状態になるので顎の筋肉も引き締まることになるのです。横から見たときに、体の線が一直線になっていればOKです。

歩くときのポイントは、先にかかとをしっかりとつけること、その後、膝をあまり曲げずに足の指で地面を蹴るようにするのが正しい歩き方です。
最初は、むずかしいかもしれませんが骨盤のゆがみも解消されるので、習慣にして続けてみましょう。
痩せる歩き方をより効果的にしたいときは、靴にも意識を向けてみたいです。サイズはきちんとあったものを履くこと、厚底の靴やブーツは正しい歩き方には向かないので、あまりおすすめではありません。

猫背の状態で歩くのも同じくデメリットが多く、見た目がよくないばかりか体型にも影響が出てくるなんて、知らなかっただけにちょっとこわいです。
アンチエイジングも気にする女性は、見た目の老化を徐々に促進する習慣は、直していきたいポイント。
日常生活での姿勢と正しい歩き方を知って実践していけば、一生涯使える痩せ習慣を手に入れたことになると思います。

関連記事