デトックスでカラダの中からきれい!本当に効果がある方法とは?

デトックスでカラダの中からきれい!本当に効果がある方法とは?

雑誌などでその言葉を目にすることが増えた「デトックス」。デトックスとは、体にたまった有害なものを排出し、健やかな状態に導くことです。ここでは、デトックス効果があるお茶や食べ物を紹介しながら、日常的にできるデトックスについてまとめていきます。

デトックスのメカニズム 季節は春がいい!?

「デトックス」とは、体内にたまった“毒素”を解毒して、尿や汗とともに排出する美容・健康法です。
毒素とは、体にとって有害とされる物質のこと。
例えば、排気ガスなどに含まれる金属物質や、食事で過剰摂取した脂質・糖質などのことを指します。
毒素をためたままにすると、むくみや肌荒れといったトラブルを引き起こすほか、ときには病気を呼び込んでしまうことも。
デトックスは、美と健康を保つために大切な習慣なんです。

●体のデトックス期は春

わたし達の体は、季節や取り巻く環境に合わせて、常に変化し続けているといわれています。
外界の変化によって体の働きに不具合が起こらないように、リアルタイムで最適化しているというわけです。
寒い冬には、体内に熱を閉じ込めて逃がさないように、筋肉が自然と収縮。体は緊張状態になります。
寒い季節に首や肩が凝るのはこのためです。
一方、春が来て寒さが緩むと、体は熱を逃がそうとし始めます。緊張していた体は緩み始め、1年の中で1番のリセット期を迎えることとなるのです。

体のリセット期は、暦の上での春の始まりである2月に訪れるとされています。
そして、3月頃にそのピークを迎えます。このタイミングが、自然のリズムとともにデトックスを行うのに最適なのだとか。
気温が少しずつ上がり始めると、アレルギーが出たり体調を崩す人も多いもの。この時期は、体が大きく転換していく時期なのです。

●転換期に取り入れたいこと

体がリセットされ転換していく時期には、ぜひ、デトックス習慣で体のリセットを助けてあげたいもの。以下のようなことがおすすめです。

・油脂分を控えるなど、食事は胃腸に負担がかからないものにする。
・体が抱えるストレスを軽減するために、休息を十分にとる。
・適度に体を動かし体内の循環を促す。
・体をねじるヨガのポーズで内臓を刺激してあげる。

以上のような習慣を取り入れて、体が持つ自然なリズムでリセットする力を、引き出してあげたいですね。

●日常的なデトックスは排尿・排便・発汗を十分に

上記のような特別な時期に行ったり、短期間でスペシャルなデトックスを行うだけでなく、デトックスには普段の“排出”の習慣も大切です。
日常的なデトックスで重要なのは「排尿」「排便」「発汗」の3つ。どれも人間が生きていく上での基本的な機能ですが、じつはこれらが十分にできている人は意外と少ないんです。

・排尿
溜まった毒素を十分に排出するのに必要な排尿の回数は、1日に9回だといわれています。女性では8割もの人が、この基準を満たせていないのだそう。こまめに水を飲むなど、排尿を促す工夫を取り入れたいですね。

・排便
体から排出される毒素の約7割が、便とともに排出されるのだとか。食物繊維や水分を積極的に摂り、適度な運動をして、最低1日1回の排便を目指したいところです。

・発汗
尿や便で排出できなかった毒素が、発汗により排出されます。ゆっくり湯船につかるなど発汗を促す習慣を身に付けることで、毒素が溜まらず排出されるようになるでしょう。

デトックスにはお茶が効く!

デトックスで大切なのは排尿や排便を十分にすること。
簡単に取り入れることができて、利尿作用や整腸作用があるさまざまな「お茶」が、デトックス飲料として注目されているんです。デトックス効果が期待できるお茶の中から5種類をピックアップしてご紹介しますので、ぜひ試してみてください。

(1)はと麦茶
「はと麦茶」に含まれるヨクイニンには、血行を促進し新陳代謝を活発にする効果があります。
漢方の世界でも、古くから生薬として扱われてきました。
ヨクイニンによって新陳代謝が促されると、メラニンなどの毒素や、不要となった老廃物を排出することができるため、はと麦茶を飲むことで、デトックス効果が期待できます。
はと麦茶は、ヨクイニン以外にもビタミンやミネラル類、たんぱく質といった栄養素を豊富に含んでいます
そのため、美肌、美白といったうれしい効果も期待できます。

(2)ゴボウ茶
よく知られている根菜のゴボウ。漢方薬として用いられることでも有名です。
そんなゴボウをお茶にした「ゴボウ茶」は、水溶性食物繊維・イヌリンを豊富に含んでいます。
そのため、整腸作用によるデトックス効果やむくみや肥満の予防といった効果を期待することができます。
また、ゴボウ茶は、老化予防が期待できる健康茶としても、広く知られています。

(3)ゴーヤー茶
ニガウリとも呼ばれ、強い苦味を持つゴーヤー。しかし、「ゴーヤー茶」は、香りこそ独特ですが、苦味はなくさっぱりと飲むことができます。
ゴーヤー茶はミネラルをバランスよく含み、その中には、利尿作用があるとされるカリウムも豊富に含まれています。
そのため、ゴーヤー茶もデトックス効果が期待できるお茶の1つです。
また、ゴーヤーの種子には体脂肪を燃やす働きがあるともいわれ、ダイエット効果も期待することができます。

(4)たんぽぽ茶
タンポポの根っこを焙煎したものを粗びきして作られる「タンポポ茶」。
タンポポの根は漢方薬としても用いられ、古くからその薬効が知られています。
利尿作用が期待できるためデトックスにぴったりなほか、体を芯から温めてくれるともいわれる、女性にやさしいお茶です。
味わいがコーヒーに近く、ノンカフェインなので、就寝前や妊娠中にも安心です。

(5)菊いも茶
菊いもは、北アメリカが原産地の菊科の植物。あまり聞き慣れないお茶かもしれませんが、「菊いも茶」は、干しいものような香ばしい旨味と、まろやかな甘みを持った飲みやすいお茶です。
注目したいのは、その栄養価の高さ。食物繊維やイヌリン(水溶性食物繊維)を豊富に含んでいるため、スムーズな便通を促してくれます。
また、必須アミノ酸やミネラル、ビタミンなど、体にうれしい成分を多く含むため、健康にもうれしいお茶です。

簡単きれいデトックスウォーター

デトックス効果が期待できる飲み物として人気を集めているのが「デトックスウォーター」です。
好きな野菜やフルーツをカットして水に浸し、一晩置くだけの手軽さが人気の理由。添加物や砂糖を一切使わないヘルシーさも支持されているんです。
野菜やフルーツに含まれているビタミンCは水溶性で水に溶け出しやすく、水分補給と同時に、ビタミンをはじめ、体にいい成分を摂ることができます。
入れる野菜やフルーツは、基本的に何でもかまいません。むくみや便秘など、抱えている悩みに合わせて入れるものを選べば、より高いデトックス効果が期待できますね。
以下に、デトックスウォーターのいろいろなレシピをご紹介していきます!

●レモンウォーター
《材料》
・レモン 1個(輪切り)
・ミントの葉 適量
・水 1リットル

すべての材料を一緒に瓶に入れ、一晩つけ込みます。(最低でも4時間以上)

レモンの酸味とミントの清涼感が爽やかなデトックスウォーター。ミントの皮脂のコントロール効果と、レモンのビタミンCの抗酸化作用で、美肌効果が期待できそうです。

●りんごとシナモン
《材料》
・りんご 1個
・シナモンスティック 2~3本
・水 1リットル

りんごのデトックスウォーターからは、ビタミンCのほか、カリウムも摂取することができます。カリウムには体内の水分バランスを調節してむくみを取る作用があります。

●柑橘系
《材料》
・グレープフルーツ 1/2個(輪切り)
・オレンジ 1/2個(輪切り)
・レモン 1/2個(輪切り)
・ライム 1/2個(輪切り)
・水 1リットル

ビタミンCを豊富に含むグレープフルーツやオレンジといった柑橘類をふんだんに使ったデトックスウォーター 。美肌や美白といった効果を期待することができます。

●ベリー系
《材料》
・ストロベリー 8個(ヘタを取り、タテに切る)
・ブルーベリー 1カップ
・ラズベリー 1カップ
・ブラックベリー 1カップ
・タイム 3本
・水 1リットル

ビタミンCをたっぷりと含んだストロベリーと美白効果のあるブラックベリー、高い抗酸化作用を持つブルーベリーのデトックスウォーター。美容効果で女子力アップが目指せそうです。
ココナッツウォーターや炭酸水で作るのもおすすめ。

●安眠をサポート
《材料》
・ブルーべリー 1カップ
・ラズベリー 1カップ
・スペアミント 適量
・冷たい緑茶 1リットル

緑茶ベースで作るデトックスウォーター。緑茶とスペアミントには沈静効果があるため、ぐっすりと眠ることができ、ストレスを軽減してくれます。暑い夏にぴったりのレシピです。

●ハーブとスパイス
《材料》
・ハーブ、スパイス数種類
(例)ミント 適量、レモングラス 適量、クローブ 適量、シナモンスティック 2〜3本 など
・はちみつ 大さじ1(好みで)
・水 1リットル

集中力を上げてくれたり、リラックス効果が期待できるデトックスウォーター。ハーブは好みのものでOK。

注意したいのが、手作りのデトックスウォーターには保存料や防腐剤も入っていないということ。作ったら24時間以内に飲み切るようにしましょう。

食生活を見直して美味しいデトックス

デトックスの鍵を握るのは、排尿・排便と深く関わる腸と肝臓です。
食生活を見直すことで腸や肝臓に働きかけ、体内からデトックスを目指しましょう。
腸や肝臓にいい影響があり、デトックス効果が高いといわれる食べ物には以下のようなものがあります。積極的に食事に取り入れて、美味しくデトックスしたいですね!

●バナナ
デトックスの王様と呼ばれることもあるバナナ。バナナが持つ抗酸化物質や食物繊維、酵素は、毒素が体に吸収されるのを防ぐといわれています。食物繊維が豊富なので、整腸作用も期待できますよ。

●りんご
りんごに含まれているフロリジンが肝臓の働きを助け、体内にたまった毒素を排出します。食物繊維とビタミンも豊富です。

●にんにく
デトックスフードの代表格です。にんにくに含まれている含硫アミノ酸は、体に必要なミネラルや鉄分を残し、有害な金属成分を排出してくれます。

●スイカ
スイカの果肉や種子は、肝臓の働きを助けるカリウムを多く含みます。カリウムには利尿作用があるので、むくみの改善も期待できます。スイカに含まれるリコピンの抗酸化作用からも、デトックス効果が望めます。

●ブロッコリースプラウト
ブロッコリーの20~50倍の量の抗酸化物質を含むといわれ、毒素の排出に効果が期待できます。

●玄米
ビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に含み、腸をきれいにしたり、肝臓の働きを促す作用があります。また、玄米に含まれるフィチン酸は、化学物質や重金属を体内から排出する作用を持ちます。


意外と身近な野菜や果物が、高いデトックス効果を持っていることがわかりますね。スーパーなどで手に入る食材ばかりなので、いろいろな形で食卓に乗せることができそうです。
これ以外にも、豊富に食物繊維を含み、排便をスムーズにしてくれるキャベツや、小腸の掃除をしてくれるほうれん草などの野菜も、積極的に取り入れたいものです。

●キャベツ
キャベツの食物繊維のうち8割が、水に溶けない不溶性食物繊維です。
不溶性食物繊維には、腸の消化活動家を促して、老廃物や毒素を排出してくれる働きがあります。
同じように不溶性食物繊維を多く含む食材に、キノコのエリンギがあります。
また、利尿作用があり肝臓の働きを助けるカリウムも、キャベツは豊富に含んでいます。

●ほうれん草
緑黄色野菜・ほうれん草は、鉄分や葉酸、ビタミンといった体には欠かせない栄養素を豊富に含んだ食材です。
また、体内の水分バランスを整えてくれるカリウム、活性酸素を抑制するβ-カロテンなど、デトックス効果が期待できる栄養素もたくさん含んでいます。
更に注目したいのは、クロロフィル(葉緑素)が豊富な点。クロロフィルは、食物繊維と同じように、腸をきれいにする働きをもっています。
クロロフィルの大きさは、食物繊維の約5,000分の1しかありません。そのため、食物繊維では入り込めない小腸にびっしりと生えた絨毛の間まできれいに掃除をしてくれます。
小腸から吸収される栄養素は、食物の栄養素の90%以上。効率よく栄養素を取り込むためにも、小腸の老廃物をきれいにしておくことは大切なのです。

関連記事