たるみ解消が若い印象作りにはマスト!正しいたるみの対処法とは?

たるみ解消が若い印象作りにはマスト!正しいたるみの対処法とは?

年齢を重ねると、気になってくるのが顔周りの「たるみ」です。たるみの改善には、美顔器を使ったマッサージやレーザー治療などさまざまな方法があります。しっかりとケアをして、若い印象のスッキリとしたフェイスラインを目指しましょう。

シャープな顔を保つ簡単たるみケア

●たるみの原因は?

たるみは、主に以下のような原因によって引き起こされるといわれています。

(1)肌の弾力の低下
(2)皮下脂肪の肥大化
(3)筋肉の衰え
(4)保湿機能の衰え

肌がこのような状態に陥ってしまうのは、何故なのでしょうか。それには、さまざまな「内的要因」「外的要因」「生活習慣要因」が関わっています。

(1)外的要因
・乾燥
湿度や気温の低下や紫外線の影響、加齢などで肌が乾燥した状態になると、肌表面の保湿力が低下します。
その結果、肌の新陳代謝が乱れてしまい、肌からハリが失われてしまいます。

・紫外線
紫外線が真皮のコラーゲンやエラスチンを破壊した結果、肌が弾力を失います。

・ストレス
ストレスによりストレスホルモンが分泌されると、欠陥の収縮や免疫機能の低下などを引き起こします。その結果ターンオーバーがうまくいかなくなり、肌のバリア機能も低下してしまいます。

(2)内的要因
・活性酸素
体内で活性酸素が過剰になると、コラーゲンや線維芽細胞にダメージを与えます。その結果、細胞の老化が引き起こされます。

(3)生活習慣要因
喫煙や睡眠不足、栄養不足などの生活習慣が、肌ダメージを引き起こすことがあります。

●簡単にできるたるみ顔改善ケア

顔や顎のラインのたるみを解消するためのケアには、美顔器を使ったケアや、美容皮膚科でのレーザー治療などさまざまな方法がありますね。
ここではまず、自宅で道具を使わずにできる簡単ケアを3つご紹介します。

(1)美しい姿勢でたるみ防止
肌のたるみは、弾力を失った肌に下方向への力が加わることで起こるものです。
普段から猫背ぎみの姿勢で過ごしていると、顔や顎の皮膚にも下向きの力がかかって緩みやすくなるのです。
美しい姿勢を保つには、股関節を起点に、上半身を下半身にしっかりと乗せることが大切。猫背だとお腹の皮が縮こまってしまいますが、そこを上下にぴんと伸ばすイメージです。
もしも長い時間美しい姿勢を保つのが疲れてしまうというときは、腰にクッションや厚みがあるタオルなどを当てて座り、サポートをしてあげるといいですよ。

(2)乳製品を控える
牛乳やチーズ、ヨーグルトに代表される乳製品が含む食材には油脂分は、内耳や鼻腔などにたまりやすい性質があり、たるみの原因の1つだとされています。
そのため、乳製品はほどほどに摂る方がたるみ改善という点では好ましいといえます。
カルシウムをしっかりとりたいという方は、代わりに海草類やキノコ類を食事に取り入れてみましょう。

(3)ツボ圧しをする
フェイスラインのたるみを改善するには、顎関節にある「頬車(きょうしゃ)」というツボを圧すといいといわれています。
このツボを刺激することで顎の筋肉がほぐれて血行がよくなり、フェイスラインが引き締まる効果が期待できます。

《場所》
耳たぶの下のライン、顎の真ん中あたり。口を開けたとき肉が軽くくぼむ箇所です。

《圧し方》
軽く口を閉じ、ゆっくりと息を吐き出しながら軽く圧し、回す。10回程度繰り返す。

1日1セットからはじめ、慣れたら回数を増やしてみましょう。

たるみの改善に美顔器を活用

簡単にできるセルフケアのほかに、ツールを活用したケア方法もあります。
フェイスラインのたるみを改善するのに便利なツールの1つが「美顔器」です。美顔器はなぜ、たるみに効くといわれるのでしょうか。どのような美顔器を選べばいいのでしょうか。

●表情筋の衰えがたるみを引き起こす

人間の顔は、表情筋という筋肉で覆われています。表情筋は骨ではなく皮膚と直接繋がっていて、細かい表情の動きを作り出す働きをしています。
年齢を重ねると、体の他の部分の筋肉と同じように、この表情筋も衰えてきます。
すると、表情筋と繋がる皮膚や皮下脂肪を支えきれなくなるのです。支えを失った皮膚や皮下脂肪は重力に逆らえませんから、フェイスラインが下がりぎみになってしまうというわけです。
また、表情筋が衰えると、リンパや血液の流れも滞ります。そうすると、老廃物の排出がうまくできなくなり、体内に蓄積されてしまいます。その結果、脂肪がつきやすい体質になります。このことも、たるみの原因になるといわれています。

●マッサージでリフトアップ

たるんでしまったフェイスラインを改善するためには、衰えてしまった表情筋を意識して鍛えることが大切です。
顔の筋肉は、無意識の状態では全体の30%程度しか使われていないといいます。フェイスラインをリフトアップするためには、普段使っていない残り70%の筋肉を動かし鍛える必要があるのです。
また、表情筋を鍛えリフトアップをするためには、マッサージをすることも効果的だといわれています。
顔のマッサージをして表情筋を刺激してあげると、滞りがちになってしまったリンパや血液の流れも改善することができ、老廃物の排出が促されます。その結果、たるんでしまったフェイスラインを引き上げる効果が期待できるのです。

顔のマッサージは、自分の手を使ってももちろんできますが、美顔器を利用することで、より効率よく行うことができます。

●たるみ改善効果が期待できる美顔器の種類

美顔器と一口に言っても、さまざまな種類やタイプがありますよね。その中でもフェイスラインのリフトアップに効果が期待できるのが、「超音波美顔器」「美顔ローラー」の2つです。

・超音波美顔器
超音波で顔には細かく振動を与え、不要な角質や汚れを除去しやすい状態を作ります。肌の汚れが取り除かれて肌の状態が整うことで、美容成分を浸透しやすくするのです。
超音波の振動は肌の深部まで届き、マッサージ効果をもたらすともいわれています。超音波による振動が肌を構成する分子同士に摩擦を起こりやすくし、摩擦が熱を生み出します。
その結果、肌の温度が0.5度~2度も上がり、血流が促進されます。そうすると新陳代謝がよくなり老廃物が排出されやすくなるという効果も期待できるといわれているのです。

・美顔ローラー
美顔ローラーで顔をマッサージすると、リンパや血液のスムーズな流れを促すことができます。
代謝が高められ、老廃物の排出が活発に行われるようになるのです。毎日継続的に行うことで、一層の効果が望めます。

たるみに効くマッサージ・ストレッチ

簡単にできるセルフケアのほかに、ツールを活用したケア方法もあります。
フェイスラインのたるみを改善するのに便利なツールの1つが「美顔器」です。美顔器はなぜ、たるみに効くといわれるのでしょうか。どのような美顔器を選べばいいのでしょうか。

●表情筋の衰えがたるみを引き起こす

人間の顔は、表情筋という筋肉で覆われています。表情筋は骨ではなく皮膚と直接繋がっていて、細かい表情の動きを作り出す働きをしています。
年齢を重ねると、体の他の部分の筋肉と同じように、この表情筋も衰えてきます。
すると、表情筋と繋がる皮膚や皮下脂肪を支えきれなくなるのです。支えを失った皮膚や皮下脂肪は重力に逆らえませんから、フェイスラインが下がりぎみになってしまうというわけです。
また、表情筋が衰えると、リンパや血液の流れも滞ります。そうすると、老廃物の排出がうまくできなくなり、体内に蓄積されてしまいます。その結果、脂肪がつきやすい体質になります。このことも、たるみの原因になるといわれています。

●マッサージでリフトアップ

たるんでしまったフェイスラインを改善するためには、衰えてしまった表情筋を意識して鍛えることが大切です。
顔の筋肉は、無意識の状態では全体の30%程度しか使われていないといいます。フェイスラインをリフトアップするためには、普段使っていない残り70%の筋肉を動かし鍛える必要があるのです。
また、表情筋を鍛えリフトアップをするためには、マッサージをすることも効果的だといわれています。
顔のマッサージをして表情筋を刺激してあげると、滞りがちになってしまったリンパや血液の流れも改善することができ、老廃物の排出が促されます。その結果、たるんでしまったフェイスラインを引き上げる効果が期待できるのです。

顔のマッサージは、自分の手を使ってももちろんできますが、美顔器を利用することで、より効率よく行うことができます。

●たるみ改善効果が期待できる美顔器の種類

美顔器と一口に言っても、さまざまな種類やタイプがありますよね。その中でもフェイスラインのリフトアップに効果が期待できるのが、「超音波美顔器」「美顔ローラー」の2つです。

・超音波美顔器
超音波で顔には細かく振動を与え、不要な角質や汚れを除去しやすい状態を作ります。肌の汚れが取り除かれて肌の状態が整うことで、美容成分を浸透しやすくするのです。
超音波の振動は肌の深部まで届き、マッサージ効果をもたらすともいわれています。超音波による振動が肌を構成する分子同士に摩擦を起こりやすくし、摩擦が熱を生み出します。
その結果、肌の温度が0.5度~2度も上がり、血流が促進されます。そうすると新陳代謝がよくなり老廃物が排出されやすくなるという効果も期待できるといわれているのです。

・美顔ローラー
美顔ローラーで顔をマッサージすると、リンパや血液のスムーズな流れを促すことができます。
代謝が高められ、老廃物の排出が活発に行われるようになるのです。毎日継続的に行うことで、一層の効果が望めます。

クリニックでたるみ解消!最新ケアとは

気になるたるみの改善には、美容皮膚科やクリニックで治療をするのも、選択肢の1つ。クリニックで行われている最新のたるみ治療には、次のようなものがありますよ。

●フェイシス(RF高周波療法)

「フェイシス」は、体全体の肌を引き締めるのに有効な、高周波を用いた治療法です。
高周波を皮膚に当てると熱が発生します。すると、皮膚の中のコラーゲンが増えて、肌の引き締め効果を得られるのです。
ほうれい線を改善したり、二重顎を改善するほか、フェイスラインのリフトアップや目元のたるみなどにはフェイシスは特に効果的だといわれています。
施術中に眠ってしまえるほど痛みが少なく、苦痛を伴わない最新治療として注目を集めているフェイシス。ぽかぽかと心地いいと感じる方もいるようですよ。

施術にかかる時間は、1回約20分から30分ほど。
頻度は月に1度ほどが目安で、繰り返し施術を受けることで少しずつ効果が現れるとされていますが、中には1度目の施術から肌のハリや引き締め効果を実感できる患者さんもいるのだとか。
個人差があるものの、5~6回通うのが効果が最も実感しやすいそうです。

フェイシスの良い点は、施術後のダメージ回復に要する“ダウンタイム”がほとんどないこと。
治療後すぐに化粧をすることもできるため、お勤めをしている方などでもマスクでカバーしたりしなくていいのが嬉しいですね。

●ハッピーリフト

「ハッピーリフト」とは、切開をせずに行うことができるフェイスリフトの施術のことです。
棘のような微細な“返し”がついたスレッドと呼ばれる特殊な糸を、顔の皮膚の下に埋め込み引き上げてリフトアップを図るという方法で、顎周りや頬などのたるみを引き締めるのに有効です。
ハッピーリフトでは、施術した直後からリフトアップの効果を感じることができます。更に埋め込まれたスレッドがおよそ8ヶ月~12ヶ月かけて体に吸収されてコラーゲンに変わることによる2次的なリフトアップ効果も。
局所麻酔や表面麻酔を施してから施術が行われるので、痛みを感じることはほとんどないのだとか。

施術にかかる時間は、たるみの程度次第で30分ほど~1時間半ほどと幅があります。
術後には麻酔による腫れ、針穴周辺にできる内出血などの後遺症が残る場合があります。腫れた場合は数時間、内出血ができた場合は数日間~2週間程度のダウンタイムを見込んでおけばいいようですよ。
施術に使われるスレッドは体内に吸収される特殊なものなので、アレルギーなどの危険性も低いといわれています。

このほかにも、クリニックで受けることができるたるみケアは色々あります。予算や所要時間、即効性などさまざまな条件を検討して、上手に利用できるといいですね。

関連記事