頭皮のお悩みすべて解決!美しい髪からスタートさせる女磨き

頭皮のお悩みすべて解決!美しい髪からスタートさせる女磨き

一朝一夕には片付かない頭皮の悩み。乾燥したり、逆にベタついたりというトラブルを抱えている方は多いのではないでしょうか。たくさんのケア方法が取り沙汰されていますが、いったいどれが正しい情報なのでしょうか。頭皮のケアについて特集してみます。

頭皮のお悩み、ありませんか?

頭皮の悩みの種類は多岐にわたります。とくに女性にとって、髪は自分らしさをアピールするための大切なものですから、美髪を願わない人はいないでしょう。
その美しい髪の基盤となるものこそ、健康的な頭皮にほかなりません。頭皮や頭皮を取り巻く環境が正常でなければ、当然、髪の美しさも損なわれてしまうのです。

まず、頭皮の悩みの代表選手と言えば、「臭い」や「ベタつき」が挙げられます。
毎日きちんとシャンプーやトリートメントをしているのに「臭い」「ベタつき」が気になるという方は皮脂の分泌量が過多になっている可能性があります。
皮脂分泌量を軽減してバランスをとることができれば、こうした問題は解消できるはずです。
また、トリートメントやシャンプーのやり過ぎということも考えられます。皮脂をキレイに取り除きたいあまりに、頭皮をゴシゴシ洗ってしまうと、必要な皮脂までもが取り除かれてしまって、頭皮がいつもよりも多めに皮脂を分泌しようとするからです。

次に、「カユミ」も頭皮の悩みの一つでしょう。
「カユミ」の原因はさまざまですが、皮膚炎などのトラブルでないかぎりは、乾燥がもとになっていることが多いです。
冬などの乾燥しやすい季節や、エアコンの風で乾燥している室内にこもりきになることが多い場合は十分に気をつけましょう。
乾燥による「カユミ」を解消したい場合は、頭皮に水分や潤いを補って与えてあげることで解決に導かれます。

最後に、白髪や抜け毛という悩みも多いですね。抜け毛は男性だけでなく、とくにプレ更年期や妊娠の前後で女性をも悩ますものです。
これは生活習慣や加齢と密接な結びつきがあります。日頃の生活を見直すことで、改善される場合があります。
白髪や抜け毛といった症状は、メンタル面でのケアも必要となってくる繊細な問題もはらんでいますが、食事の内容を見直すだけでも効果が期待できます。

このように、頭皮の悩みは、症状によってそれぞれに原因が違い、もちろん対策もケースバイケースです。
自分の頭皮がどのような状態なのかをきちんと見極めた上で、それに応じた適切な対処を行っていくことが求められます。

頭皮が健康であることによるメリットは、美髪だけではありません。頭皮は顔とつながっているものですから、当然フェイシャルケアの一部としても捉えられます。
頭皮がたるんでしまうと、顔にシワやたるみが生じてしまうことにもなります。
実際にどのような頭皮ケアを行うと良いのか、日頃の生活の中に取り入れやすい方法を取り上げていきます。

頭皮がベタベタするのをどうにかしたい!

シャンプーしてからそんなに時間が経っているわけでもないのに、すぐに髪がベタついてくるという方は、夏になると気分が落ち込みますよね。
ただでさえベタつく髪が、汗をかくことでさらに湿っぽくなってしまいます。
頭皮がベタベタしていると、ニオイも気になるものです。エレベーターの中など、人の視線が頭部に注がれる場面では気になって仕方がないですよね。

髪がすぐにジメジメしてきてしまうのは、頭皮の油分が多すぎるからです。
そこで、正しく頭皮ケアを行うことでベタつきを軽減する方法をご紹介していきます。参考にして、さわやかな頭皮を手に入れてください!

■頭皮の環境を左右する「皮脂腺」
頭皮の状態は「皮脂腺」を取り巻く環境によって左右されます。
「皮脂腺」とは、髪の毛や頭皮を滑らかに保つために皮脂を分泌する場所です。この部位に異常があると、頭皮全体の状態が悪くなってしまいます。

そして、頭皮の「皮脂腺」は、顔と比べて4倍以上もあります。
つまり、もしも通常よりも多く皮脂が分泌されると、顔よりも4倍以上もの大量な皮脂が生じてしまうことになるのです。
油分が多く出ているとされる額に比べても2倍程度の皮脂が分泌されます。
また、頭皮はとても薄くデリケートです。そのためちょっとしたことでトラブルを抱えてしまうことにもなりかねません。
フェイスケアには気を配っている方でも、頭皮のことは後回しにしていることが多いかもしれませんが、むしろ頭皮こそ大切にケアしてあげる必要があるのですね。

■自宅で簡単!シャンプー前の頭皮ケア
それでは、ベタつきが気になる場合の頭皮ケアについてご紹介します。
自宅での頭皮ケアは、マッサージを取り入れる方法がおすすめです。とくに、毎日のシャンプータイムを利用すれば、肩肘張らずに継続できますね。
ケアの方法は、シャンプー前に髪を濡らして湿らせます。そのうえで、頭皮クレンジング用の清浄料を使って頭皮全体を濡らしていきます。
このとき、こめかみから頭頂部に向かって、指の腹を使って優しくマッサージしていきます。十分にマッサージができたら洗い流してからシャンプーを。

■自宅で簡単!シャンプーで頭皮ケア
次に、頭皮の「皮脂ヨゴレ」を洗い落としてくれるスカルプケア専用のシャンプーを使います。
まず、ぬるま湯でホコリなどを取り除きます。それから手の平でシャンプーをよく泡立てて、指の腹を使いながらマッサージするようにシャンプーします。力を入れすぎないように注意して、気持ちが良い程度の圧力でくるくると頭皮をマッッサージしていきましょう。

頭皮がカサカサ!どうしたらいいの?

シャンプーしたてなのに、ドライヤーをかけたらすぐにカユミが出てきてしまう。そんな悩みをもっている方は、頭皮が乾燥しているのかもしれません。
カユミにまかせて頭皮を掻いてしまうと、カユミがさらにひどくなったり、フケのようなものが出てきてしまいます。
そこで、頭皮が乾燥しやすい方におすすめなのが、保湿ケアです。

■頭皮の乾燥を防いでアンチエイジング!
皮膚全般に対して言えることですが、皮膚が乾燥するとさまざまなトラブルが生じてしまいます。
例えばシワやたるみなど。頭皮についても同じことが言えるのです。
というのも、頭皮は顔の皮膚とつながっているので、頭皮がたるんでくることにより、お顔全体のたるみに直結するのです。
アンチエイジングしたいなら、頭皮をキレイに健やかな状態にしておくことが必須事項というわけなのです。

■頭皮と髪の毛の深い関係
よく頭皮が乾燥するからという理由で、髪の毛をトリートメントし保湿しようとする方がありますが、これは間違いです。
髪の毛のキューティクルをいくら整えたとしても、頭皮の乾燥を解消することはできません。
一方で、髪の毛だけを保湿しても、頭皮が乾燥していると髪全体がまとまりにくくなるということはあります。頭皮と髪の毛の両方に潤いを与えてあげることこそ大切です。

■頭皮の保湿方法
頭皮を保湿するときに便利なアイテムが、「椿油」です!椿油には二つの効果が期待できます。
一つは、頭皮のヨゴレをしっかりと落としてくれて清潔に保ってくれます。
もう一つは、保湿成分が頭皮に潤いをもたらしてくれるのです。

使い方は簡単です。シャンプー前の乾いた頭皮に、椿油を適量つけます。そして、指の腹を使ってマッサージします。
十分に椿油が頭皮に行き届いたら、ぬるま湯で油分を洗い流します。
その後、ダブルシャンプーとトリートメントを行い、タオルドライ。そして仕上げに椿油を髪の毛全体につけてあげましょう。その後、いつもどおりにドライヤーで乾かします。
これによって、頭皮を清潔に保ち、潤いをもたらし、髪の毛にもツヤとハリが出てくるという効果が期待できます。

■頭皮を保湿する際の注意点
椿油を頭皮に直接、大量に塗ると毛穴のなかに詰まってしまうことがあるので注意が必要です。
椿油は油分ですので、頭皮マッサージのあとにはしっかりと洗い流すことが大切。
乾燥を気にするあまり、頭皮を油分でベタベタにしてしまわないように注意しましょう。
また、椿油は、頭皮をすっきりとさわやかにしてくれますが、毎日ではなく一週間に2回までの使用がおすすめです。

白髪対策は日頃の頭皮ケアが大切

年齢とともに気になりはじめる白髪。白髪になりやすい体質の人の場合は、20代でもすでに少しずつ生えてきますよね。
髪の地毛色が明るめの方ならそれほど目立たないのですが、黒髪の場合は白髪がとても気になるもの。
見た目の問題もさながら、老化現象の一つでもある白髪は、無いにこしたことはありません。
白髪対策を万全にすることは、同時に若々しく健やかな髪をキープすることにもなります。

■どうして白髪になるの?
年齢を重ねると、どうして白髪が増えてくるのでしょうか。
そのメカニズムは意外と知られていないものですが、白髪対策をする上で知っておいたほうが良いでしょう。

白髪になる理由はさまざまなのですが、アンチエイジングの観点から言うなら、やはり加齢とともに衰える身体的な理由が挙げられます。
年齢を重ねて、体の機能が低下してきますと、頭皮や毛髪に関連する機能も徐々に衰えてきます。すると、髪に色をつける働きのあるメラニン色素が生成されにくくなってきてしまうのです。

■白髪予防には頭皮のケアが重要
白髪を予防するには、頭皮を健康に保つことが重要です。顔の皮膚に比べて皮脂之分泌量が3倍から4倍とも言われている頭皮。
この頭皮に、油分が溜まってしまいますと、毛穴が詰まってしまいます。それによって白髪になってしまわないように、頭皮のクレンジングを行いましょう。

やり方は、まず乾いた状態の髪をよくブラッシングしてホコリなどを取り去ります。
次に、クレンジングオイルを手のひらになじませて、頭頂部を中心に1分ほどマッサージします。
こめかみあたりから頭頂部までの部分を丁寧にくるくるとマッサージしましょう。
その後、ぬるま湯でしっかりと洗い流し、いつもどおりのシャンプーとトリートメントを行います。
仕上げには、育毛成分の入ったトニックなどをつけて、保湿した上でドライヤーでよく乾かします。

■白髪予防に効く食事
食事を改善することも白髪予防につながります。
白髪になる理由の一つに、栄養不足も挙げられますので、まずはバランスの良い食事を摂ることが大切です。
その上で、髪の毛に色をつけてくれるメラニン色素を作り出すための栄養素をしっかりと摂取していくように心がけましょう。

白髪対策になる食材として一番よく知られているのは、海藻類でしょう。海藻類には、細胞の成長を促してくれるヨードが多く含まれています。
例えば、昆布、ヒジキ、わかめ、海苔といった海藻類や、イワシ、サバ、鰹といった魚介類がおすすめです。

他には、乳製品やフルーツ、ナッツ類にもメラニン色素の原料となる成分が含まれています。
このような食材を積極的に摂取することで、食事の面からの白髪対策を行いましょう。

マッサージで健やかな頭皮をゲットしよう

肩凝りや、腰痛もちの方は多いかと思いますが、頭皮にも「コリ」が生じることをご存知でしょうか。
頭皮にコリがあると、さまざまなトラブルが発生してしまい、結果的に健やかな美髪から遠ざかってしまうことにもなりかねません。
頭皮のコリをしっかりほぐして、キレイで健康的な髪を手に入れましょう!

■シャンプーしながら頭皮のコリをほぐそう
頭皮がこっているなと感じることは、普段あまりないでしょう。でも、頭皮はストレスなどによってコリが生じやすい部分なのです。
頭皮のコリが原因で、顔の皮膚がたるんできてしまったり、髪の毛にツヤがなくなったりしてしまいます。
そんなことにならないように、マッサージで対策を講じましょう。
マッサージするタイミングは、いつものシャンプーのときが効果的です。

入浴時は、頭皮が柔らかくなっていて毛穴が開いた状態なので、マッサージ効果が期待できます。
マッサージのポイントとなる部位は、耳の上のあたりにあります。この位置には、頭皮や顔の血管の多くが集まっています。
シャンプーしたり、トリートメントしたりしながら、この位置をギューっと押したり力を抜いたりして繰り返すことで、血行が良くなります。
血行が良くなると、老廃物がスムーズに排出されるので、頭皮のコリが解消されるというわけです。

■毎日5分、頭皮マッサージ
シャンプーのときだけでなく、就寝前の5分間を使ってマッサージするのも効果的です。
やり方は簡単なので、一度やったら覚えてしまえるくらいです。マッサージは、爪を立てずに指の腹を使います。
まず、髪の生え際からスタートし、前頭部から少しずつ後ろのほうへずらしていきます。
頭頂部から後頭部まで順番にゆっくりと頭皮をもみほぐすようにしましょう。
次に、ボールを掴むような要領で指を軽く曲げて、ピアノを弾くような感覚でトントンと頭を軽めに叩いていきます。
最後に、頭頂部に位置するツボ(百会)をグっと指圧します。これを約5分程度をかけて行うことで、頭皮の血行がとても良くなりますよ。

■頭皮マッサージの効果とは?
頭皮をマッサージすることで期待できる効果には、いろいろなものが挙げられます。まず、抜け毛や薄毛の予防と、白髪予防。
血行が良くなることで、頭皮が健やかな状態を保つことができ、それによって健康な髪が生成されるようになるからです。
また、キューティクルも整って、髪の毛にツヤが出てくることも望めます。
その他には、リラックス効果やリフレッシュ効果、ひいては胃腸の働きを整えることにもなり、身体全体のアンチエイジングにつながります。

関連記事