女性の強い味方【オーガニック】で今すぐ美人生活をはじめませんか?

女性の強い味方【オーガニック】で今すぐ美人生活をはじめませんか?

近頃、さまざまな分野で「オーガニック」という言葉を目にしたり耳にしたりします。今さら誰にも聞けない「オーガニック」とは何かについて、またその美容と健康に効果的な利用方法について、とくにコスメと食材にフォーカスしてご紹介します。

オーガニックコスメとはなにか?

「オーガニック」というと主に食材や食べ物のことを指すのが一般的でしたが、最近はコスメにもこの言葉が使われるようになりました。
そもそもこのオーガニックコスメとは、農薬や化学肥料をいっさい使わない土地で有機栽培された植物原料を主に使用して作られた化粧品のことを意味します。
そのため従来のお化粧品に比べて肌に優しい傾向があり、敏感肌やアトピーなどお肌のトラブルを抱えている方にとってより使いやすいという特徴があります。

というのも、普段あまり気にすることはないかもしれませんが、一般的なお化粧品のパッケージにに目をやると、驚くほどたくさん化学成分が含まれていることがわかります。
いずれも基準を満たしたものではありますが、それぞれ成分が全ての人と相性が良いかというと、決してそんなことはありません。
場合によっては成分にお肌が過敏に反応し、肌荒れなどのトラブルを起こすケースが絶えません。
ですから、お肌のことを第一に考えるのであれば、なるべく人工的な添加物を使用しない化粧品を使用したいところですね。

「オーガニック」の商品には、それぞれの国に固有の有機認定基準が設けられています。
商品を販売する場合には、必ずその基準を満たしている必要があります。
オーガニックコスメといえ、多かれ少なかれ、有機栽培された植物以外の成分が含まれています。
つまり化学成分が含まれているかいなかではなく、どのような成分がどのくらい含まれているかをチェックすると良いでしょう。
なかには、お肌に悪影響を与えるとされる合成防腐剤などの成分が含まれていることも少なくありませんので、パッケージや広告だけを見て決めてしまうのではなく、成分表を注意深く見るのをおすすめします。

成分上は問題ないように見えても、オーガニックコスメであっても、実際に使用するとお肌に合わないというケースもあります。
ものによってはお肌への刺激が強いものもあるようです。
また、オーガニックコスメは、総じて一般的なお化粧品と比べて価格が高めに設定されています。
一度買ってしまってからお肌に合わないことに気がついても、簡単に買い換えるわけにはいきません。
できればサンプル商品やトライアルキットなどを利用し、少なくとも1週間以上は試用し、実際にお肌に合うかどうかを確かめてから購入すると良いでしょう。
お店で購入する場合は、お店の方とお肌の調子や性質についてよく相談してみるのも良いかもしれません。

オーガニックコスメってどんなもの?

残念なことに、商品のパッケージや広告で「オーガニック」と表示されているからといって、「オーガニック」をうたう全てのお化粧品が納得のいく原材料を十分に使用しているとは限りません。
たとえば、有機栽培された材料が1パーセントでも含まれているだけなのに「オーガニック」と記載されてしまっている例もあるようです。
実際にきちんと自分の目で確認した上で、「これなら」と思える品質のものを選ばなくてはなりません。
とはいえ、オーガニックコスメを提供するブランドは多岐にわたり、おびただしい商品数が展開されています。
どれを選んで良いか分からないというのが正直なところなはずです。
そこでおすすめできる評判のいいオーガニックコスメをご紹介します。

まず取り上げるのは、ラヴェーラ(Lavera)というオーガニックブランドです。
原材料の多くに有機栽培もしくは野生から採取された植物を使用していて、基礎化粧品だけでなく、ヘアケア、ボディケアなど商品のラインナップも充実しています。
とくにおすすめなのは、天然成分だけを使って作ったジェルタイプの洗顔料。お肌に塗る際に、通常の液状タイプに比べて肌すべりが良いので、皮膚へ負担が少なくて済むのが特徴です。
また、有機栽培されたエキナセア、メリッサ、マロウといった天然の植物成分が肌にほどよく潤いを与えてくれます。

オーガニックコスメブランド「ドクターブロナー」の石鹸もおすすめです。
ドクターブロナー社が開発したオーガニック原料で作られたカスチール石鹸と呼ばれるもので、海外セレブやメイクアップアーティストを始めとするプロの間で人気の高い商品です。
カスチール石鹸とは、スペインのカスチール地方で古くから作られ、王族を中心に愛用されてきた天然オイルベースの石鹸のこと。
洗顔だけでなくメイク落としにも使うことができます。
一般的なオリーブ石鹸とは違って、オリーブオイルやヤシ油をベースとして、美肌成分として注目が集まるヘンプオイルや保湿成分として名高いホホバオイルを最適な配合率でブレンドしているのが特徴です。
特筆すべきなのは、材料として使用されているオイルが、すべて1有機栽培された植物を使用しているという点。
もちろん、お肌に悪影響を与えるといわれる合成保存料や着色料、また合成界面活性剤といった添加物はいっさい使用していません。
様々な香りのものがラインナップされているので、ぜひ好みのものを見つけてみてはいかがでしょうか。

髪の美容もオーガニックで!

オーガニックコスメで人気のあるアイテムの一つがオーガニックオイル。
お顔や体だけでなく、頭皮のケアにも使えるのが特徴です。
頭皮の毛穴に溜まるといわれている酸化皮脂などの有害な物質をオーガニックオイルが丁寧に取り除き、丈夫な髪へと導きます。
髪の根元が立ち上がりやすくなるため、スタイリングもしやすくなると評判です。

オーガニックオイルを使った頭皮ケアの方法は次の通りです。まず、頭皮にじかにオイルを数滴たらしてください。
この時注意したいのは、オイルが一箇所だけにとどまらないよう、ケアしたい箇所にほどよくなじませることです。
次に、1箇所あたり5秒ずつ、手の5本の指の腹を使って、頭皮をゆっくりやさしくもみ込むようにマッサージを施してください。
オイルを塗って1時間ほどすると、頭皮の毛穴に溜まった汚れが浮かび上がってくるので、その前にマッサージを行うようにするとより効果的です。

オーガニックオイルは、頭皮ケアだけでなく、髪のケアにも有効です。
スタイリングの前に髪になじませておくことで、ドライヤーの熱から髪を守るだけでなく、つやを出したり、ドライヤー後の乾燥から守ってくれるほか、スタイリングしやすい髪にしてくれるなど、うれしい効果がたくさん。
ヘアケアの手順は次の通り。まず手のひらにオイルを数的たらして、髪全体になじませてください。
前髪については、最後に手のひらに残ったオイルをなじませる程度でOKです。
使用するオイルが多すぎるとベタついてしまうので、注意してください。
次に、指の腹を使って頭皮をやさしくゆっくりとマッサージします。

普段から、シャンプーの際に頭皮マッサージを行っている方も多いと思いますが、ヘアケア・頭皮ケアにオーガニックオイルを加えて、一手間増やすだけで、きっと頭皮が生き生きとし、髪が潤いやツヤを取り戻していくのを実感できるはずです。
ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

またよりきちんとスタイリングしたいという方におすすめなのが、「ザ・プロダクト ヘアワックス」です。
自然由来の原料を100%使用したオーガニックのスタイリング剤で、ヘアケアはもちろん、お肌やリップさらにはネイルにも使えるとても便利なワックスです。
オーガニックシアバターや天然ビタミンEといった頭皮にも体にも優しく成分を使用しているので、安心して使うことができます。
もちろん、着色料や無鉱物油、さらには界面活性剤も無添加です。

オーガニックボディケアでつるつるのナチュラル肌へ

ボディケアにもオーガニックオイルがおすすめです。
天然由来成分をベースにしているから、敏感肌やアトピーなどのトラブルを抱える方にもおすすめできます。
人気の高い2つのブランドについてご紹介しましょう。
はじめに取り上げるのは、「アヴェダ(AVEDA)」です。
とりわけ30代から40代の女性の支持を集めているアメリカのブランドで、できる限り有機栽培されてた植物由来の天然成分をベースに使用し、非石油系のミネラルなどを加えた製品づくりが特徴です。

お仕事している方もそうでない方も、日々ストレスに直面する30代や40代の女性にとって、お肌のケアは欠かすことができません。
疲れをそのままにしておくと、顔に出てしまうだけでなく、全身のお肌にも影響を与えてしまいます。
アヴェダの「シャンピュア」シリーズの「コンポジション」は、保湿性の高いオイルで、頭皮からボディまで全身に使える万能オイルです。
柔らかく潤いのある肌へと導く有機ヒマワリオイルを基本に、脂質をバランスよく保ってくれるメドウフォームオイルを配合しています。
シャワーの後の乾燥しがちなお肌に塗ることで潤いをキープしてくれます。
香りが良いのも特徴です。有機ラベンダーやプチグレインといった25種類の植物エッセンスを配合した優しく高級感のある香りに身も心も癒されるはずです。

またスイス発のオーガニックコスメブランド「ヴェレダ(WELEDA)」もおすすめです。
海外では自然医薬品ブランドと知れているくらい、医薬品に比肩する厳しい検査を行っていて、使用する成分は自然界に存在するものだけ。また製品を作る過程で動物実験は行わず、オーガニック化粧品の厳しい基準維持を目的するオーガニック認証制度「NaTrue」も取得しています。

「ヴェレダ」ではそれぞれに個性のある9種類ものボディオイルをラインナップしています。
なかでもおすすめなのが、「ホワイト・バーチ」です。
お肌のざらつきケアのために生まれた商品ですが、肌をなめらかにするだけでなく、引き締め効果もあると言われています。
爽やかなグレープフルーツの香りが印象的な人気NO.1ボディオイルです。

お肌の集中トリートメントなら「ざくろオイル」がおすすめです。
首まわりやデコルテなど、潤いやハリを与えたい部分に効果を発揮します。
保湿成分である不飽和脂肪酸を含むざくろ種子オイルと厳選された植物オイルエキスをバランスよく配合し、乾燥しがちな年齢を重ねた肌に輝きを取り戻します。スパイシーな大人っぽい香りも好感が持てます。

オーガニック食材で身体の内側から健康に

スーパーなどで野菜などの食材を買うときに、どこで作られたものかは気になっても、どうやって栽培されたものかを気にすることは普段はあまりないのではないでしょうか。
ですが身体の内外からバランスよく、効率よく健康な体を手に入れるなら、コスメだけでなく、オーガニックな食材を合わせて取り入れることも忘れてはなりません。
ところが国内でオーガニック食材だけを取り扱うお店はまだまだ限られていて、オーガニックな食材を取り入れたい気持ちはあっても、なかなか実践するのが難しいというのが現状です。
そこで2016年に日本初上陸を果たした有機食材スーパー「ビオセボン(Bio c' Bon)」について取り上げ、お店の特徴やおすすめ商品についてご紹介します。

「ビオセボン」はフランスを拠点を置き、ヨーロッパ全土になんと100以上もの店舗を展開するオーガニックスーパーです。
あまりの店舗の数にヨーロッパの方々の意識の高さに驚かされますが、ビオ(Bio)とはフランス語で「オーガニック(有機)」という意味。
国内には有機食材を取り扱う店舗はあっても、これだけの食材を一堂に揃えるお店は少ないので、こんなお店ができるのを首を長くして待っていたという方も多いのではないでしょうか。

そんな「ビオセボン」に行ったらぜひ購入したいのが、量り売りされている生ナッツです。
「ビオセボン」では、室内の気温と湿度を常にモニタリングするなど、徹底した品質管理が行われているため、ナッツ本来の香ばしい風味がそのまま。
とりわけ見た目にも美しい「生カシューナッツ」「生クルミ」は他ではなかなか体験できない、とっても新鮮なが味いが楽しめます。

またオーガニックサーモンや牧草飼育されたお肉なども取り扱っています。
いずれも国内では入手が困難な品ですが、サーモンは店内のお惣菜コーナーで気軽にテイクアウトできますし、ミートコーナーに足を運べば、これもなかなか手に入らない、牧草飼育の牛肉・豚肉・鶏肉はもちろん、ラム肉まで揃う充実のラインナップです。

お野菜だけでなく、動物性の食材もオーガニックにシフトすることで、体の中からも美容と健康を実現してみませんか?

関連記事