至近距離で見つめられたくない大人女子必見!毛穴レス肌を目指す方法

至近距離で見つめられたくない大人女子必見!毛穴レス肌を目指す方法

陶器のような毛穴レス肌。透明感のあるツヤツヤの肌には憧れますよね。お化粧のノリもよいですし、すっぴんでもキレイです。日頃のケアに気をつけたり、正しいメイク方法を知って、毛穴を目立たなくする方法をご紹介します。

できるかぎり減らしたい!毛穴の悩み

悩み①毛穴が大きい
加齢とともに毛穴の大きさが目立つようになったという悩みをもっている方は多いのではないでしょうか。
毛穴が目立ってくる原因にはいろいろなことが挙げられます。
まず、もともと毛穴の大きい肌質の方。そして、重力に起因する「たるみ毛穴」。
それから毛穴が黒ずんでいるという悩みの他に、ニキビなどのトラブルもありますよね。
こんなふうに毛穴が目立つ状態ではお化粧していても楽しめないですし、ノーメイクに自信がもてず鏡をみるたびに気分が落ち込む…ということにもなってしまいます。

毛穴が大きいという悩みを解消するのは、とても時間がかかります。
そして、年齢を重ねるとますます毛穴の開きが気になってくるものです。
でも、ケア次第で少しずつ良くなっていくので、あきらめるのはもったいないですよ。
大きさの原因は「毛穴の開き」にあります。しっかりと解消するためには、簡単にその場しのぎのためのコスメを使って済ませるよりも、毛穴周辺の皮膚にうるおいを取り戻し、ハリのある状態に近づけてあげることが大切です。

悩み②毛穴がたるんでいる
次に、毛穴がたるんでしまっている場合というのは、本来は丸いかたちであるはずの毛穴が、縦に長く開いてしまって目立つ状態になるものです。
たるみ毛穴が発展すると、帯状毛穴といってシワのような状態になってしまう場合もあります。
こうなると、自分でのケアは困難になるので、その前にきちんとケアしていきましょう。
たるみ毛穴は、主に小鼻の脇あたりにできます。
そこから頬に向かってひろがり、鏡で毛穴の状態をよく観察してみると、楕円形になっているのが分かるかと思います。
加齢によって肌がたるむことで、それに引っ張られて毛穴がひろがってしまうのです。

悩み③毛穴の黒ずみが気になる
それから、毛穴の悩みでよく知られているのが「黒ずみ」です。
黒くなるので目立ちますし、メイクしていてつい厚塗りになってしまうなど、気になっている方も多いのではないでしょうか。
こうした「黒ずみ」は、一朝一夕には解消しません。
クレンジングのやりすぎで、毛穴が詰まりやすい状態を自ら招いてしまうということもあるので、根拠なく自己判断でケアすると後悔することになりかねません。

悩み④ニキビなどのトラブル
上述した、毛穴の開きやたるみ、そして黒ずみといった問題だけでなく、ニキビや吹出物による赤みなどといった炎症によるトラブルもあります。
こうした毛穴の悩みを解消するには、市販されている専用のコスメを使ったりエステサロンで施術を受けたりということもできますが、こうしたスペシャルケアだけでなく、自宅で行う日頃のケアも大切です。
生活習慣によって大きく左右されるものだからこそ、毛穴レスの陶器肌を目指してがんばりたいものですね。

毛穴カバーに有効なメイクとは?

普段の毛穴ケアを怠っていないのに、どうしても毛穴が目立ってしまう方。
そして、毛穴ケアをスタートさせたばかりで、現状はまだ目立ってしまっているという方。そんな方は、メイクで毛穴をカバーしてみましょう。
メイクで毛穴カバーする方法は主に四つあります。順番にご紹介していきます。

■下地
お肌の表面に凹凸ができてしまうことによって目立つ毛穴。
そんな悩みを解決するには、表面を滑らかに整えてくれる下地クリームがおすすめです。
下地選びのポイントは、「毛穴ならし」効果と軽さです。あまりにしっとりとした質感の下地よりも、サラっとした塗り心地のものをチョイスしましょう。

■ブラシ
次に、ファンデーションを塗るときには、ブラシを使うようにしましょう。
リキッドやクリームの場合はもちろんですが、パウダーファンデの場合でもブラシを使って丁寧に塗ってあげると、お肌の表面が平らになって美しく仕上がります。
ブラシは、ほどよいコシのあるものがおすすめです。
お顔の部分によって、毛穴周辺にしっかりのせたり、ふんわりとのせたりという調整ができるように、毛の長さに角度をつけてカットされているものが使いやすいです。

■パウダー
ファンデーションを塗布したら、仕上のフェイスパウダーを。
毛穴をふんわりとカバーしてくれるものをチョイスしましょう。選び方のポイントは、粒子が細かいこと。
いくら毛穴が目立たなくなったとしても粉っぽくなってしまうようではキレイなお肌とは言えません。
キメ細かい粒子が特徴のパウダーであれば、お肌にしっかりとフィットしてくれます。
いかにもパウダーをのせたという厚塗りした感じにならないよう、上品かつ自然な軽さのある仕上がりが理想的です。ドライでもなく、ウエットでもない、セミマットぐらいの質感を目指すと良いでしょう。

■ハイライト
最後に、光の反射で毛穴を目立たなくするために、ハイライトを利用しましょう。
パールの入ったものを使えば、黒ずみをカバーできます。ただ、やり方を間違うと、逆に毛穴を強調してしまったり、テカテカ光って脂ぎっているように見えることも。顔全体をツヤ肌にしようとするのではなく、部分的にハイライトをいれましょう。
クリームタイプのハイライトは、お肌表面の凸凹感を強調してしまいますので、毛穴対策のハイライトとして使いやすいのは、パウダータイプです。
まるでお肌にフィルターをかけたようにふんわりとしたツヤ感をプラスしてくれるパウダーを、ブラシを使って薄くのせてあげましょう。

自宅でできるスペシャル毛穴ケア

エステに行かなくても、自宅でできるスペシャルケアをご紹介します。お休みの日や時間に余裕のある夜に試してみましょう。

■綿棒を使って
鼻の角栓が詰まっているとメイク映えしないだけでなく、大人ニキビなどの原因にもなってしまいます。
そこでおすすめしたいのが、このケアです。どこの家にでもある綿棒が、鼻の角栓を取り除くお手伝いをしてくれるんです。
エステに頼らずとも今すぐできるディープクレンジング、ぜひお試し下さい!
使うものは、綿棒と、オイルだけ。まず、綿棒の先にオイルをしっかりとしみこませます。
このとき、オイルの量が少ないとお肌を傷める原因にもなりかねませんので注意しましょう。
そして、オイルをしみこませた綿棒で、鼻の角栓が気になる箇所をくるくるとマッサージしていきます。
ひととおりマッサージしたら、ティッシュでオイル分を軽くオフ。そしてぬるま湯で優しく洗い流しましょう。最後に冷水ですすいでおくと毛穴が引き締まってくれます。

■シュガースクラブ
次にご紹介するのは、キッチンにあるお砂糖を使ったケアです。お砂糖には保湿効果があり、お肌をもちもちにしてくれますよ。
その結果、お肌がふっくらとするので毛穴が目立たなくなります。
お砂糖は、スクラブでよく使われる塩よりも粒子が細かいので肌あたりがマイルド。
だから、塩だとヒリヒリしてしまうという敏感肌の方にもおすすめです。
さて、使うものは、お砂糖とオイルを1:1の割合で混ぜ合わせて、そこにはちみつを加えたもの。
これを、適量お肌に乗せて、お好みで1〜3分ほどマッサージします。指の腹を使って優しくくるくると軽めに行いましょう。その後、よく洗い流します。
お砂糖に使うのは、テンサイ糖やきび砂糖など、できるだけ天然のものを。そして、ケアの頻度は週に2回までにしましょう。

■緑茶スチーム
私たちの生活に身近な緑茶。じつは、この緑茶が毛穴ヨゴレ対策にとても活躍してくれるのです。
緑茶には抗酸化作用や殺菌作用があります。そのため、お肌を清潔に保ち、トラブルを回避してくれるんですね。
この緑茶でスチームケアをすると、開いた毛穴からヨゴレや老廃物が取り除かれて、健やかで黒ずみのないお肌に近づくことができます。
「緑茶スチーム」ケアは、いつものとおりにクレンジング&洗顔を行ったあとに行います。
洗面器に沸騰したお湯と緑茶ティーバッグを入れて5分ほど放置します。
その後、お顔を洗面器から30cmほどの位置まで近づけて、生じた蒸気を顔にあてます。
大きめのタオルを頭にかぶり、洗面器ごと覆って。蒸気が毛穴を柔らかくしてくれるまでリラックスして待ちましょう。
最後に、普段どおりの保湿を行います。

即効性のある毛穴対策ならコレ!

とにかくいますぐにでも、毛穴を目立たなくしたい!
そんなときは、手軽に用意できるものを使って自宅でできるケアを覚えておきましょう。
特別な道具や技術は必要ないので、簡単にトライできるんです。
いくつかご紹介しますので、自分のお肌に合った方法を見つけておいて、いざというときに役立てましょう!

■ミルクピーリング
まず最初にご紹介するのが「ミルクピーリング」です。

やりかたはとっても簡単!まずは通常のお肌マッサージで、毛穴の周辺を柔らかくしておきます。
そのあと、お肌全体にたっぷりと乳液をなじませます。これだけでもお肌は柔らかくなりますが、ここからが「ミルクピーリング」の要です。
まず、コットンを用意します。これに熱めのお湯を含ませて軽く水気を切ります。水気を切ったコットンを顔にのせてホットパックを。
お肌にのせると心地良い程度の熱さ加減が良いですね。そして、コットンが冷めるまで放置します。
コットンが冷めたら、お顔の内側から外側へ向かって、優しく拭き取ります。

この「ミルクピーリング」を行うことで、お顔全体をうっすらと覆っていたくすみの軽減が期待できるんです。
なぜ、そんな効果がもたらされるのかというと、毛穴に詰まった角質が、乳液によってふやかされて柔らかくなり、除去しやすい状態になってくれるからなんです。
すると、お肌を傷めることなく、不要な角質だけを取り除くことができますよね。
「ミルクピーリング」は、ディープなクレンジングには抵抗感のある、乾燥肌・敏感肌の方でも安心して行えるというメリットがあります。
加えて、使うのは乳液とコットンだけなのでコスパ面でも安心ですね。

■マグカップ&スプーンを使ったケア
次にご紹介するのは、黒ずみを軽減する方法です。

これも身近にあるスプーンを使ってケアできるので簡単に誰でもトライできますよ。
黒ずみのケアは、毛穴からヨゴレを浮かすことが大切です。浮かしてしまえばあとは軽く圧力をかけて除去すればいいだけ。
通常のクレンジングをする際に、スチームをお肌にあてて熱して毛穴周辺をふやかすような感覚で蒸すのが効果的です。
お肌を蒸す方法は、蒸しタオルを使う方法がメジャーですが、さらに効果的で手軽なのがコップを使う方法。
やり方は簡単です。まず、黒ずみが気になる箇所にクレンジングオイルを軽くなじませます。
そして熱湯を入れたコップをお肌に近づけて30秒ほどキープします。これだけで、毛穴が開いてヨゴレが浮き上がってきます。
使うコップは、マグカップなど、厚みのあるものがおすすめです。
あとは、小鼻から鼻先に向かってスプーンの縁の丸みを利用しながら、ヨゴレをかきだしていきます。

■敬礼ぬり
最後にご紹介する毛穴対策は、「敬礼ぬり」です。

毛穴のヨゴレをしっかり除去してすっきりしたら、今度は美容液を毛穴の奥まで浸透させたいですよね。
毛穴にたるみがあると、きちんと美容液が浸透しきってくれません。
そこで、楕円形になった、たるみ毛穴を丸い形に戻してあげて、そこへ美容液をしみ込ませていきましょう。
やり方は、片方の手を敬礼をするようなかたちにして、人差し指の側面(親指側)をフェイスラインに沿わせてあてます。
そのまま人差し指で、顔の肌をギュっと斜め上へ引き上げるようにします。
するとたるみ毛穴が丸くなるので、反対側の指につけた美容液をお肌に浸透させます。
たったこれだけで、普通に美容液を塗るよりもずっと効果が期待できるのでおすすめです。

毛穴のトラブルはクリニックにお任せ

デイリーケアや、自宅でのスペシャルケアはもちろん効果がのぞめます。
でも、肌質や体質には個人差がありますので、もしもセルフケアだけでは満足できないという場合はクリニックを利用してみましょう。
また、自分でケアしていて何らかのトラブルを抱えてしまった場合は自分一人で解決しようとせずに、クリニックで専門医に相談してみるのがおすすめです。

それでは、専門クリニックではどんな施術が受けられるのでしょうか。主なものをご紹介していきます。

■ケミカルピーリング
毛穴の詰まりが気になっている方におすすめなのが、この「ケミカルピーリング」です。
セルフケアでは改善しにくい角質除去を行ってくれます。皮膚の表面に薬剤を塗布し、毛穴に詰まった老廃物を溶かして除去します。
これによって肌色が一段明るくなるという効果がのぞめますし、皮膚の新陳代謝が高まるので、シミやシワといった皮膚の悩み全般に効果的なのです。
ニキビのケアにも使われることがあります。普段のケアと合わせて利用すると良いですね。

■ハイドロフェイシャル
次に、ご紹介するのは「ハイドロフェイシャル(ハイドラフェイシャル)」。
このケアは、毛穴の奥に詰まった角質を吸引するだけでなく、水分や美容成分を補給してくれるので、理想的な透明感のある肌に近づけます。
通常のピーリングは、指の腹でマッサージすることによってヨゴレを取り除くので、肌に摩擦を与えてしまうのですが、ハイドロフェイシャルの場合は、水流によってピーリングするので肌を傷めません。
その上で、毛穴に美容成分を補って保湿することで柔らかな肌へ導きます。

■レーザーフェイシャル
最後に、毛穴の黒ずみが気になるかたは、「レーザーフェイシャル」を試してみましょう。
お肌のさまざまな症状改善に効果的な「レーザーフェイシャル」は、ポイント照射することで黒ずみやニキビ痕を改善してくれます。
毛穴の引き締めにも効果的で、ハリのあるお肌に近づけます。
また、出力を弱めにしたレーザーを顔全体に広範囲に照射すると、シミやくすみ、そばかすなどにも効果がのぞめます。
気になる症状によって、使い分けましょう。

お肌は生きているわけですから、古い角質は常に生じてきますし、加齢によるたるみも止められません。
だからこそ、こうしたクリニックによるフェイシャルケアは、定期的に行ってこそ意味があります。
自宅で行うケアと合わせてクリニックも上手に活用し、少しずつでもキレイな肌に近づけるように、がんばりましょう。
関連キーワード

関連記事