パサパサ髪の原因は乾かし方にあり?今すぐできるドライヤー術

パサパサ髪の原因は乾かし方にあり?今すぐできるドライヤー術

頑張ってヘアケアをしているのに、いつもパサパサの髪の毛になってしまう…とお悩みの方はいませんか?もしかしたら、ドライヤーでの乾かし方に原因があるのかもしれません。正しい髪の毛の乾かし方を身につけて、今すぐツヤ髪を目指しょう。

パサパサ髪の原因は乾かし方が関係しているかも…

トリートメントなどでしっかりヘアケアをしているのに、ドライヤーで乾かし終えたあとはいつもパサパサ髪になってしまう方は、乾かし方に原因が潜んでいるかもしれません。シャンプーをしたあとに、根元や内側よりも髪の表面や毛先が先に乾くことで、ねじれたり毛先がパサパサになってしまいます。
でも、正しいドライヤーを使った乾かし方を覚えればツヤツヤの美髪を手に入れることができますよ。

ツヤ髪になれるドライヤーでの乾かし方

ドライヤーで髪を乾かすときの基本は、根元からおこなうこと。先に毛先や表面を乾かすのではなく、根元→内側からしっかり乾かしていきましょう。
まずは、頭を左か右に傾けて、髪の毛を反対側に持ちながらドライヤーを当てていきます。(これを左右、前後繰り返す)
そのあと、根元にドライヤーの風を入れるように指の腹を使って優しく根元から乾かします。
根元が乾いてから、耳のほうの髪の毛は内側から手ぐしをするように指を入れつつ、前に引き出すように乾かしていきましょう。毛先は、手のひらで包み込むようにして弱風をかけていきます。
仕上げに髪の毛を手で押さえながら冷風をかければ完成です。

乾かし方次第で髪のスタイルが決まる!

ドライヤーで乾かしたあとは、ヘアオイルを手のひらに取って温めつつ、指の間にまで伸ばしてから髪の毛をとかすイメージでつけていくと全体的に塗布することができます。
正しい髪の毛の乾かし方を身につけて、早速ツヤツヤの美しい髪を自分のものにしてみてくださいね。
関連キーワード

関連記事