寒い日こそやりたい!シートマスクの効果を短時間で発揮させる方法

寒い日こそやりたい!シートマスクの効果を短時間で発揮させる方法

シートマスクは、つけると冷やっとするので寒い季節は避けてしまいがち。でも、シートマスクを週1回ほど使うだけでお肌がぷるぷるになるので、できればシートマスクでスペシャルケアをしたいですよね。シートマスクの効果を短時間で発揮させる方法をご紹介!

寒い日はシートマスクがストレスになりがち…

シートマスクを使うともちもちのお肌になれるとは分かっていても、寒い夜にシートマスクを使うのはちょっと…と躊躇ってしまう方が多いのではないでしょうか。

その上シートマスクは15分ほど放置しておかないといけないため、寒いとストレスになりがちですよね。ですが、短時間でシートマスクの効果を思い切り発揮させる方法があるのです。

短時間でシートマスクの効果を発揮させるには?

寒さで身体の冷えが気になりますが、寒いとお肌も冷えており血行が悪くなっています。そのため、血行が悪いお肌にシートマスクをつけてもなかなか浸透していきません。
そこでお風呂の中でシートマスクを使いましょう!お風呂の蒸気でお肌の血行が促進され、シートマスクの浸透力がアップします。さらに、シートマスクをつける前の乾いたお肌に美容液をあらかじめ塗っておき、ふっくらとさせた状態にしておくのも効果的。

目元や口元などのシートマスクが空いている部分には、最初にクリームを塗っておくといいでしょう。放置時間以内でシートマスクを剥がし、お風呂から出たら乳液やクリームで蓋をすれば夜のお手入れは完了です!

血行を良くしてからシートマスクを着用して美肌をゲット

寒い日はスキンケア自体が面倒だと思っている方も、お風呂で美容液を塗ってからシートマスクで潤いを与えるだけなのでとても簡単ですよね。
血行を良くすることで、シートマスクの美容成分がどんどんお肌に浸透していき、お風呂上がりは見違えるほどぷりぷりのお肌になっているはずです。ぜひ試してみてくださいね。

関連記事