思い込みって大切!ハワイに伝わる「ホ・オポノポノ」でストレスフリーに

思い込みって大切!ハワイに伝わる「ホ・オポノポノ」でストレスフリーに

仕事でもプライベートでも人間関係に悩むことはありますよね。そんな時は、ハワイの伝統的な問題解決法「ホ・オポノポノ」を使って改善していきましょう。そのやり方を伝授!

現代はストレス社会と言われていますが、みなさんはどんな時にストレスを感じますか? 仕事で思ったように成果が得られない時、彼とケンカをした時など、いろいろなシーンでストレスを感じていると思います。そのようなストレスは、ハワイに古くから伝わる「ホ・オポノポノ」の考え方を知って解消していきましょう。

4つの言葉を唱えるだけ

「ホ・オポノポノ」とは、ハワイ語で、「ホ・オ=目標」「ポノポノ=完璧」という意味で、完璧を目指して修正するという問題解決法。ハワイではこの方法が400年も前から使われてきたのだとか。
ホ・オポノポノに関する書物を読むと、ウニヒピリ(潜在意識=インナーチャイルド)の中に、今抱えている問題の原因となる記憶があり、それをクリーニング(記憶を消去)するといった表現で解説されています。これだけを読むとちょっと難しそう......と思ってしまいますが、実はとても簡単。さっそく、ホ・オポノポノの考え方を日常に取り入れてみましょう。

ホ・オポノポノのエッセンスを取り入れよう

例えば、ケンカをした恋人や友人がいるとします。反発心や怒りなどのいろいろなマイナス感情が湧き、相手との接触を拒んだり、自分が腹を立てていることを相手にわからせようと行動に出ることがありますよね。
そんな時は、相手へのこれまでのマイナスの記憶がさらなるマイナス感情を引き起こすと考えることができます。このマイナスの記憶を全部なかったことにし、これまでいい人間関係しか育んでこなかったかのように接するのが、ホ・オポノポノ流の問題解決法。自分との関係は、これまで尊敬と信頼と愛情に溢れたコミュニケーションしかなかったと記憶を塗り替え、思い込むのです。
尊敬と信頼と愛情を持って接し続けることで関係は変わってくるはず。

自己嫌悪もホ・オポノポノで改善できる

そして、ホ・オポノポノの考え方は、自己嫌悪に陥った時にも効果的。「いつも遅刻ばかりする」「ここ一番の時に押しが弱い」など、マイナスに感じていることがあるとしたら、その記憶を捨てて、自分は理想的な人間なのだと思い込みましょう。マイナスの記憶をなかったことにするのです。

実は気持ちひとつで問題解決できる可能性を秘めるのがホ・オポノポノ。人間関係で行き詰まったり、自分自身へのコンプレックスに悩まされたりした時は、ホ・オポノポノを思い出して、騙されたと思って取り入れてみてくださいね。

参考文献:
『ハワイに伝わる暮らしの秘法 みんなが幸せになるホ・オポノポノ』(イハレアカラ・ヒューレン著/徳間書店)
『ホ・オポノポノ ライフ ほんとうの自分を取り戻し豊かに生きる』(カマイリ・ラファエロヴィッチ著/講談社)

お話を伺ったのは...
ライフスタイルジャーナリスト/エディター・吉野ユリ子さん
美容関連の企画制作会社、ハースト婦人画報社を経てフリーに。女性誌や広告を中心に、ビューティ、ウェルネス、インタビュー、書評、インテリア、結婚&恋愛、旅、食などの分野で編集・執筆に携わる。プライベートではトライアスリートとしてアイアンマンを3度完走。

photo:Shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。ご自身の責任においてご利用ください。

関連キーワード

関連記事