医師が伝授!日焼けに危険な食べ物・治すのに有効な食べ物って?

医師が伝授!日焼けに危険な食べ物・治すのに有効な食べ物って?

紫外線による日焼けと食べ物には実は深い関係があるということをご存知ですか?日焼けに危険な食べ物、反対に、日焼け予防に効果的な食べ物について、皮膚科専門医で千春皮フ科クリニック院長である渡邊先生に詳しいアドバイスをいただきます!
教えてドクター! 後悔しない!正しい日焼けケア 渡邊千春先生

日焼けを促す危険な食べ物!ソラレン・アルコール

美容に敏感な女性たちの間で、日焼けを促してしまう危険な食べ物があると話題なのですが、実際はどうなのでしょうか?

「『ソラレン』という成分は、食べるタイミングに注意が必要です。なぜなら、この成分は紫外線を吸収しやすいからです。紫外線を浴びる可能性のあるときは、ソラレンを含むレモン、オレンジ、グレープフルーツ、キウイなどのような食材は朝食では食べないようにすると良いと思います。

その代わり、そういった食材に含まれるビタミンCは日焼け後の肌ダメージや健康な肌には欠かせないものなので、夕食に食べることをおすすめします。

また、アルコールは血管を広げて血行を促進させる働きがあり、日焼けの炎症を促してしまうので注意が必要です」(渡邊先生)

医師が伝授!日焼けを治すのにオススメの食べ物ービタミンE・C

うっかり日焼けをしてしまったときに、体の中から効果が期待できるような食べ物はありますか?

「日焼けで増えてしまった活性酸素を除去してくれるのがビタミンEとビタミンCです。ビタミンEが活性酸素を除去、ビタミンCがビタミンEの抗酸化機能を回復するという役割なので同時に摂取することが望ましいです」(渡邊先生)

食べるタイミングによって効果が変わってきますか?

「日焼けしてしまったら、なるべく早く、ビタミンEやビタミンCを摂取してください。緑黄色野菜を植物油で野菜炒めにするとビタミンEもビタミンCも同時に摂取できます。
そして夕食にはビタミンCが多く含まれた果物(オレンジ、キウイ、グレープフルーツ)などを食べると効果的です。ただし、ビタミンCを単独で大量摂取すると逆に活性酸素を発生させることがあるので、バランスよく摂取しましょう。

ビタミンEはアーモンドやカボチャ、植物油(べに油、ごま油)、ビタミンCは赤ピーマン、いちご、菜の花などに多く含まれています」(渡邊先生)

食べ物だけじゃない?室内でも注意が必要な身近なものとは?

食べ物以外に、普段生活する中で気をつけておくべきことはありますか?

「実はスマートフォンなどに含まれるブルーライトは、目だけでなく、肌の奥まで届きダメージを与えシミやくすみの原因にもなっています。
ですから、ブルーライトカットフィルムを使用したり画面の明るさを調整する、長時間の使用を避けるなどして対処することが大切です。

また、精油と呼ばれるエッセンシャルオイルの中には、肌についた状態で紫外線にあたると、皮膚にダメージを与える光毒性という作用をもつものがあります(例えば、ベルガモット、アンジェリカ・ルート、レモンなど)。
短時間で強い日焼けを起こし、度合いによってはシミや皮膚組織の損傷を促すので、特に原液のような濃度の高いものには注意が必要です」(渡邊先生)

室内にいるときにも、あまり知られていないポイントがあるのですね!これからはしっかり対策をとりたいと思います。
■監修
渡邊 千春 先生
千春皮フ科クリニック 院長

関連記事