肌がどんどん明るく?! 「米ぬかパック」が美白や美肌に効果抜群

肌がどんどん明るく?! 「米ぬかパック」が美白や美肌に効果抜群

昔から、健康や美容に良いとされてきた「米ぬか」。実際、様々な化粧品にも利用されています。そんな米ぬかを、「パック」として自宅で簡単に取り入れる方法があるんです!美白を始め、美肌の為に嬉しい効果がたくさんありますので、ぜひ試してみてください。

美肌も美白も!「米ぬかパック」のパワーがすごい!

ぬか漬けにも使われる「米ぬか」。
玄米を白米に精製する時に出る、皮や胚芽の粉末のことですが、お肌に良い成分がたくさん入っています。

お味噌を作る人や、お酒を造る杜氏の手は「白くて綺麗」とよく言われますが、これも「米ぬか」の力とされています。
美肌作りの為に、取り入れてみたくなる効果がたくさんあるんです!

◎美白効果
あまり耳にすることのない成分ですが、米ぬかには「フェルラ酸」という成分が含まれています。
フェルラ酸とは、ポリフェノールの一種で、高い抗酸化作用を持ち、シミやシワを防ぐ活性酸素の発生を抑えます。
また、肌のターンオーバーの促進に欠かせない栄養素である「ビタミンB群」が豊富な為、肌のトーンを上げ、老化を防いでくれる効果が期待出来ます。

◎保湿効果
米ぬかに含まれる「米ぬかセラミド」は、人の角質の中で乾燥から守ってくれるセラミドと同じ働きをする為、高い保湿効果を発揮します。

◎アンチエイジング
若返りのビタミンと呼ばれる「ビタミンE」を豊富に含み、メラニン色素を抑制してくれます。
また、活性酸素による、コラーゲンの減少を防ぐ効果も!

◎古い角質を除去
余計な角質を落としてくれるので、パックをした後は肌がツルツルに。
肌のターンオーバーを促し、くすみの改善も期待出来ます。

自宅で簡単!「米ぬかパック」を試してみよう!

【用意するもの】
・米ぬか
・小麦粉
・水またはぬるま湯

米ぬかは、精米店で購入出来る「生ぬか」でも、スーパーで購入出来る「煎りぬか」でも、どちらでもOK。
煎りぬかでも、美容に良い成分が失われていることはないと言われています。入手しやすい方を使いましょう。

【作り方】
(1)米ぬか大さじ2・小麦粉大さじ1を、容器に入れてよく混ぜる。
(2)水またはぬるま湯を、少しずつ加えていく。クリーム状になるまで、水を加えます。
ダマにならないようによくかき混ぜましょう。

乾燥が気になる方は、米ぬかを大さじ3くらいにすると、よりお肌がしっとりします。
好みで量を調整してくださいね!

【パックのやり方】
(1)パックをする前に、メイクオフ・洗顔をし、顔をキレイな状態にする。
(2)顔全体に「米ぬかパック」を広げる。
(3)5分程放置し、米ぬかの成分が肌へ浸透させる。
(4)ぬるま湯で、やさしく洗い流す。

【注意点】
・長く放置しすぎない。
・パックの後は、しっかり保湿する。
・作り置きはせず、使う都度作る。
・肌に合わない時は、すぐに中止!

「米ぬかパック」は、比較的どんな肌質の方でも使えます。
毎日行う必要はないので、週1~2回を目安に行ってみてください。

日本人に、昔から親しまれてきた自然の素材「米ぬか」で、透明感のある美白肌・美肌を目指してみてはいかがですか?
関連キーワード

関連記事