「しぐさ」は一生モノ!上品に見せる雰囲気美人になるコツとは

「しぐさ」は一生モノ!上品に見せる雰囲気美人になるコツとは

年齢を重ねても美しい方々に共通していることは、「しぐさ」が美しいです。実は何気ないしぐさにこそ、美人見せ効果は絶大なのです。ちょっとした所作を意識するだけでも印象はだいぶ変わります。容姿以上に大切である美しいしぐさをマスターしましょう。

美しく上品なしぐさのポイントは「重ねる」こと!

美人しぐさ1:「手のひらそっと重ね」
座って会話をする時にテーブルに両腕を置き、片手の手のひらを表にし、指をそろえます。反対の手をそっと重ねるときちんとした美人に見えます。もちろん背筋はピンと伸ばしましょう。

美人しぐさ2:「ひじのお皿受け」
ひじを机につくのは品のないNGしぐさ。しかし、片方の手をひじの受け皿として重ねると、とたんに美人しぐさに。また、相手に聞き上手な印象を与えることができます。

美人しぐさ3:「一の腕タッチ」
「一の腕」とは手首からひじまでのこと。親しい人との会話では、一の腕をもう一方の手でタッチするようにして重ねると上品に見えます。

しぐさ美人は立っている時もぬかりなし!

美人しぐさ4:「キュッと斜め立ち」
立って会話をする時は相手に対して、やや斜めになる角度で立ちましょう。ちょっとした雑談でもスマートに見えますよ。

美人しぐさ5:「ひじかけバッグは指先まで美しく」
バッグをかけた手の方は、指先を伸ばして軽く内側に丸めるとエレガント。手をグーにして握りこぶしを作らないようにしましょう。

美人しぐさ6:「フォーマルおじぎ」
敬意を伝える時は、美しいしぐさで対応したいものですよね。両手はおへその前で軽く重ね、きちんとかかとをそろえて立ち、背筋を伸ばしたままおじぎをしましょう。

以上6つのしぐさを、自然と身に付けるように意識してみてください。
大人の女性は、雰囲気こそが美しさを左右します。例えば、体の一部を重ねたり、傾けたり、ひねったりすることがポイントです。そうした上品な美人しぐさで、周囲に魅力的な印象を与えましょう!
関連キーワード

関連記事