ジェルネイルを楽しみたいのに爪に亀裂が…!そんな時の緊急対処法

ジェルネイルを楽しみたいのに爪に亀裂が…!そんな時の緊急対処法

ジェルネイルをしたり、爪を伸ばしている最中に衝撃などで爪が割れてヒビが入ってしまったことはありませんか?ジェルネイルを落としたくないし、せっかく伸ばした爪を切りたくない、ネイルサロンに行く時間もない!という方に緊急対処法をご紹介します。

爪に亀裂が入ってしまったけど、ネイルサロンに行く時間がない!

ジェルネイルを楽しんでいる最中に、何らかの衝撃で入ってしまった亀裂。
最初は少しの亀裂でも、生活していくうちにだんだん深くなっていき、シャンプーしたときに髪が挟まってしまったりして、いいことがありませんよね。

亀裂はネイルサロンですぐにケアしてもらうのが一番ですが、忙しい女性はなかなかネイルサロンに行けないはず。でもすぐにできる緊急対処法があるのです。

亀裂の入ったネイルにはグルーを使う

まずは手をしっかり洗ってエタノールを染み込ませたコットンで爪全体の油分を取り除きます。
そして、ピンセットや爪楊枝を使って、100円ショップなどで売っているネイルグルーをつけていきましょう。完全にグルーが乾くまで手で固定して亀裂が持ち上がってこなければOKです。

あとははみ出したグルーをやすりで削ります。この方法は一時的な処置なので、なるべく早くネイルサロンに行き、プロの手でお直ししてもらうことをおすすめします。

ネイルを楽しむなら日々のケアも忘れずに

爪に亀裂が入らないためにも、毎日しっかりと保湿を行うことが大切です。爪が乾燥すると割れやすくなると言われているため、ネイルオイルやハンドクリームを活用して保湿をしましょう。また、指先に負担のかかる動作を控えたり、強い力を指先に加えないことも効果的です。

これらのネイルケアをしておけば、亀裂が入りにくくなるはずですよ。
関連キーワード

関連記事