医師が伝授!ゆる糖質オフダイエットで正しく痩せる食事方法

医師が伝授!ゆる糖質オフダイエットで正しく痩せる食事方法

ゆる糖質オフダイエットを成功させて、きちんと痩せるためには、「効果的な食べ方」があるようです。そこで真弓愛メディカル美容内科・アンチエイジング内科の院長である真弓愛先生に、ゆる糖質オフダイエット成功のための食事方法についてお伺いします!
教えてドクター! ホントの「ゆる糖質オフダイエット」教えます 真弓愛先生

夜だけ糖質オフ!でダイエット 

ゆる糖質オフダイエットで効果的な食べ方について教えていただけますか?

「まずおすすめしたいのが、夜だけ糖質オフダイエットです。
夜はその後の活動が少ないので、どうしても血液中の糖が余りがちです。そこで朝や昼は必要な糖質(ごはんやパン、麺類など)を食べて、夕飯だけ糖質を抜きます。
1日全体の糖質量は130~200g(ごはん半膳を2回くらい)以下にするのが目安です。

この際よくある間違いが糖質の代わりに食べるサラダで、糖質が多い野菜(ジャガイモ・カボチャ・コーンなど)を多く食べてしまう例です。
糖質制限中のサラダには、糖質が少ない野菜(キャベツ・レタス・ブロッコリー・大根・きゅうり・もやしなど)を選びましょう」(真弓先生)

夜は食べたい!朝と昼だけ糖質制限してダイエット!

夜は食事会など外食が多くて糖質オフは無理!という方も多いと思うのですが?

「朝と昼を糖質オフするダイエット方法もあります。朝と昼は、糖質が少ない野菜とツナ缶やチーズ、大豆、お肉などタンパク質を中心にしたサラダにします。その際、ドレッシングは糖質がないオリーブオイルと塩コショウなどがおすすめです。

最近はコンビニでも糖質オフのパンやお惣菜なども販売されているので、それらをうまく活用するのも便利かもしれません。途中どうしても小腹がすいたら、アーモンドやヨーグルト、市販の糖質オフのおやつで乗り切りましょう。

夜は普通にごはんやジャガイモなど糖質を多く含む食べ物を食べてもOKです。ただし、お酒でも日本酒やビールは糖質が高いので、それら全体を含めて1日200g以下の糖質量を目安にするのがポイントです」(真弓先生)

週末だけ糖質オフ!毎食ごとに糖質オフ!でダイエット

週末だけ糖質オフダイエットという方法もあると聞きましたが、効果はどうでしょうか?

「週末の糖質を多く減らす方法です。目安は、土日の糖質は1日全体で120~150g(ごはん1膳)程度におさえます。この場合平日も、朝だけ糖質オフなど、軽い糖質制限を続けると、効果が表れやすくなると思います。

また、朝と昼を抜いて夜だけ食べるといった方法は、1度に血糖値が上がりやすいので、3食ごとに糖質を最小限にするという方法もおすすめです。1日全体の糖質量を130~200g(ごはん半膳を2回くらい)と考え、それを3食で小分けに食べます」(真弓先生)

いろいろな糖質オフダイエット方法があって、どれにしたらいいのか迷ってしまいます。

「ご自分のライフスタイルにあった無理のない方法を見つけることが成功への最も近道になると思います」(真弓先生)

無理なく進めることが一番の成功の秘訣のようですね!
■監修
真弓 愛 先生
真弓愛メディカル美容内科・アンチエイジング内科 院長

関連記事