乾燥によるかゆみの原因は?顔、背中、足などのかゆみをクリームや保湿で対策

乾燥によるかゆみの原因は?顔、背中、足などのかゆみをクリームや保湿で対策

「顔、背中、足…とにかく全身が痒い!」このような方は、乾燥によって痒みが引き起こされている可能性があります。乾燥による痒みを放っておくと湿疹が起こることもあり、放置は禁物です。今回は、乾燥による痒みの原因や対策などについてご紹介していきます。

皮膚が乾燥すると痒くなる理由は?

皮膚が乾燥すると、痒みが引き起こされることがあります。しかし、皮膚の乾燥によって痒みが引き起こされてしまうのは、一体どうしてなのでしょうか?
ここでは、乾燥によって痒みが引き起こされるメカニズムについて解説していきます。

●そもそも痒みが起こる仕組みって?
私たちの皮膚の中には、肥満細胞という細胞が存在しています。肥満細胞にはヒスタミンという物質を分泌する働きがあるのですが、このヒスタミンこそが痒みの原因。肥満細胞からヒスタミンが分泌されると、痛みや痺れなどを感知する知覚神経に刺激が加わります。このときに加わる刺激が、痒みの正体なのです。

なお、痒みが引き起こされると、ヒスタミンの刺激が神経の末端にまで及びます。すると、神経の末端からは、神経ペプチドという物質が放出され、肥満細胞に刺激を加えて、再びヒスタミンの分泌を促します。
顔や背中、すねなどの身体のあらゆるところが痒くなると、ついつい爪で掻いてしまいますよね。この行為は、神経ペプチドの放出を促して再度痒みを誘発してしまうため、おすすめできるものではありません。掻き続けていけば、皮膚に炎症が起こって湿疹の原因にもなります。
痒みが出た際には、神経ペプチドによってヒスタミンが再分泌されるのを防ぐためにも、患部へ刺激を加えないようにしましょう。

●皮膚の乾燥によって痒みが引き起こされる仕組みは?
皮膚の乾燥による痒みは、一般的な痒みとはまた違ったメカニズムで引き起こされるものです。

目には見えませんが、私たちの皮膚表面には、水分と皮脂で膜が張られています。この膜にはバリア機能の役目があり、異物などが皮膚内部に入り込むのを防いでくれます。しかし、皮膚が乾燥すると、皮膚表面に張られていた水分と皮脂の膜が壊れてしまいバリア機能が低下。あらゆる刺激に対して神経が敏感に反応するために、痒みが引き起こされてしまうのです。
そして、一般的な痒みと同様に、痒いからといって爪で掻いてしまえば、神経ペプチドの働きによってヒスタミンが分泌。ますます痒みが悪化し、最終的には湿疹などの皮膚トラブルにつながりかねません。

皮膚の乾燥による痒みを改善するためには、皮膚を保湿し、皮膚表面に水分と皮脂の膜が戻るように整えてあげる必要があります。また、皮膚が乾燥する原因をつきとめ、皮膚の乾燥を防ぐための対策をとることも大切です。

皮膚の乾燥を引き起こす原因は?

皮膚の乾燥による痒みを改善するためには、まず皮膚が乾燥するための原因をつきとめて対策する必要があります。
ここでは、皮膚の乾燥を引き起こす主な原因について解説していきます。

●入浴時のお湯の温度
普段、熱いお湯に浸かっているという方や、シャワーの温度が高いという方は要注意です。入浴時のお湯の温度が40度を超えていると、皮膚が乾燥しやすくなります。熱いお湯のほうが身体がきれいになりそうな気もしますが、それは大きな間違いといえます。浴槽やシャワーのお湯の温度が高いと、バリア機能を担っている皮膚表面の皮脂が失われてしまい、皮膚の乾燥を招いてしまうのです。

入浴時の温度は、少しぬるめに感じる38~40度が最適です。普段、入浴時のお湯の温度が40度を超えているという方は、肌の乾燥を防ぐためにも、今日から少し温度を下げてみましょう。

参考・参照:東京銭湯
(http://www.minamitohoku.or.jp/up/news/konnichiwa/200901/kenkou.htm)

●ボディタオルの刺激
入浴時に、ボディタオルで背中やすねなど全身をゴシゴシ擦って洗う方は多いはずです。しかし、こういった洗い方も皮膚の乾燥を招く原因となります。ボディタオルで擦るように身体を洗うと、皮膚表面の水分と皮脂の膜が失われてしまいバリア機能が低下します。外部の刺激を受けやすくなってしまうことから、皮膚が乾燥してしまうのです。

皮膚の乾燥を防ぐためには、皮膚に低刺激なボディタオルを使う、もしくは手でボディソープを泡立て、泡で皮膚表面を包み込むようにして洗うのがおすすめです。

●ストレス
ストレスが溜まると、血管の収縮によって皮膚に栄養が行き届きにくくなります。すると、皮膚の再生周期であるターンオーバーが乱れて皮膚内部の保湿機能が低下します。皮膚表面には古い角質なども残りやすくなるので、肌のバリア機能や保水機能も弱っていき、皮膚の乾燥を招いてしまいます。
普段から慢性的なストレスに悩まされているという方は、肌の乾燥を防ぐためにもストレスの解消を図っていきましょう。リラクゼーション施設を利用する、趣味に打ち込む時間を設けるなどして、自分なりのストレス解消方法を見つけていくと良いでしょう。

●老化
年齢を重ねると、皮脂の分泌量が減少してしまうため皮膚表面のバリア機能の低下につながります。皮膚中から水分が蒸発しやすくなり、皮膚が乾燥しやすくなります。
加齢による皮膚の乾燥を痛感している方は、保湿クリームなどを使って皮膚の乾燥を防いであげましょう。また、しっかり睡眠をとる、女性ホルモンと似たの働きをすると言われる大豆イソフラボンを摂取するなど、女性ホルモンのバランスを整えて皮脂の分泌を促していくのもおすすめです。

●空調による空気の乾燥
エアコンなどの空調を長時間つけていると、その空間の空気が乾燥し、最終的には皮膚表面までもが乾燥してしまいます。
空調による空気の乾燥が気になったら、加湿器を置く、濡れたタオルやハンカチを置くなどの対策を行ってみましょう。また、皮膚中の水分が奪われないように、しっかり水分補給をしておくことも大切です。

痒みだけじゃない!乾燥が招く症状

皮膚の乾燥によって引き起こされるのは、痒みだけではありません。
ここでは、乾燥が招く主な症状についてご紹介します。

●しわやたるみ
乾燥によって角質層の水分保持力が低下すると、皮膚に弾力がなくなり、重力に逆らいきれずに皮膚が垂れ下がってしまいしわやたるみにつながります。しわやたるみができると老けた印象となり、見た目年齢を大きく低下させてしまいます。

●湿疹などの炎症
皮膚の乾燥が進むと、角質層の水分が不足し、ひび割れや皮剥けなどが起こる乾皮症につながります。乾皮症になると痒みが増し、湿疹や水ぶくれといった炎症を併発することもあります。

●色素沈着
皮膚の乾燥による痒みを爪で掻くなどして刺激を加えてしまうと、メラニン細胞にも刺激が加わってしまいます。その結果、色素沈着が起こる恐れがあります。

●手湿疹
手の皮膚が乾燥することによって引き起こされるのが、手湿疹です。手湿疹とは、いわゆる手荒れのことで、空気の乾燥や洗剤などの刺激によって手の皮膚の保護機能が失われることで起こります。強い痒みが出ることもあれば、乾燥によって皮膚が割れ、出血することもあります。

●落屑(らくせつ)
皮膚の乾燥が進むと、水分を失った皮膚が剥がれ落ちることがあります。これを落屑といいます。落屑が起こると、皮膚表面が粉をふいたような状態となり、審美性に悪影響を及ぼしてしまいます。

このように、皮膚の乾燥は、痒みだけでなく様々な皮膚トラブルの原因にもなります。このため、今現在、皮膚が乾燥状態にあるという方は注意が必要です。このままでは、美容と健康に悪影響が及んでしまう恐れがあります。今からでも対策に取り組んで、乾燥状態にある皮膚をケアしていきましょう。

皮膚の乾燥による痒みの改善方法

皮膚の乾燥によって、顔や背中、すねなどの全身に痒みがあらわれた場合には、正しいケアが必要です。
ここでは、皮膚の乾燥による痒みの改善方法についてご紹介します。

●痒み止めクリームを塗る
皮膚の乾燥によって痒みを感じたら、薬局などで売られている痒み止めクリームを塗りましょう。市販の痒み止クリームには、主に抗ヒスタミン剤、セラミド、ビタミンEなどの成分が配合されています。

抗ヒスタミン剤には、痒みを引き起こすヒスタミンの働きを抑える作用があり、痒みの緩和を図るのに役立ってくれます。副作用も少なく、効き目も穏やかなので、比較的安心して使用できます。
次にセラミドは、皮膚内部に存在する成分です。水分や皮脂を溜め込む働きがあり、皮膚のバリア機能を高めてくれます。皮膚から水分が蒸発しにくくもなるため、皮膚の乾燥予防にも役立ちます。
そしてビタミンEは、肌の新陳代謝を高めてくれる成分です。保湿効果もあり、皮膚の乾燥の改善を図ることができます。

なお、乾燥による痒みが湿疹や皮膚炎などに進行している場合には、ユースキンがおすすめです。ユースキンは、古くから知られている塗り薬です。ひびやあかぎれ、しもやけのほか、湿疹などの皮膚トラブルにも効果を期待できます。ビタミンB2の働きで皮膚の保水力が高まり、柔らかく健康的な皮膚へと導いてくれます。

●肌触りの優しい衣服を着る
乾燥によって皮膚が痒みを感じているときに、セーターや毛織物といった皮膚への刺激が強い衣類を身に付けることは避けましょう。セーターや毛織物の素材が皮膚に刺激を与えてしまい、痒みの悪化につながってしまいます。
乾燥によって皮膚が痒みを感じているときには、無駄な刺激によってヒスタミンを誘発させないためにも、肌触りの優しい衣服を着るように心掛けましょう。
おすすめは、シルクや木綿素材です。なめらかな素材であればあるほど、皮膚への刺激を抑えることができるでしょう。

●皮膚を清潔に保つ
乾燥している皮膚はバリア機能が低下している状態にあるため、ちょっとしたことで外部の刺激の影響を受けてしまいます。何かしらの異物が皮膚内に侵入すれば、肌トラブルや炎症の原因となり、痒みの悪化にもつながってしまいます。これを防ぐためにも、皮膚を清潔に保つように心掛けましょう。

●皮膚科を受診する
乾燥による痒みが治まらない場合には、皮膚科の受診をおすすめします。痒みを放っておけば、湿疹や炎症などの皮膚トラブルにつながりかねないため、上記でご紹介した対策を行っても症状が改善されない場合には、皮膚で診てもらうようにしましょう。
皮膚科を受診することで、症状に効果的な薬も処方してもらえますし、専門医の診断によって根本的な原因をつきとめることもできるでしょう。

乾燥知らず・痒み知らずの皮膚になる方法

乾燥知らずの皮膚を手に入れることができれば、もう乾燥によって顔や背中、すねなどに痒みが起こることもなくなります。
そこで次に、乾燥知らず・痒み知らずの皮膚になる方法についてご紹介していきます。

●毎日徹底した保湿ケアを行う
私たちの皮膚は、入浴後や洗顔後、外出時や季節の変わり目など、ちょっとしたことで乾燥してしまうものです。このため、乾燥知らずの皮膚を手に入れるためには、毎日徹底した保湿ケアを心掛ける必要があります。
保湿ケアでは、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸やワセリンなど保湿効果の高い成分が配合されている化粧水や乳液、ボディクリームを使用することがおすすめです。バリア機能や保水力が向上し、乾燥に負けない強い皮膚づくりに役立ちます。

●ターンオーバーの促進に役立つ食材を摂取
乾燥知らずの皮膚を手に入れるためには、ターンオーバーの促進に役立ってくれるビタミンやミネラルが豊富に含まれる食材を積極的に摂取しましょう。
ビタミンAが豊富なレバーや人参、ビタミンEが豊富なナッツ類やアボカド、ビタミンCが豊富なキウイやパプリカなどがおすすめです。
皮膚のバリア機能が向上する上に、新しい皮膚の再生力も高まるため、乾燥をはじめとする肌トラブルの早期改善にもつながります。

●健やかな生活習慣を心掛ける
睡眠不足や喫煙、過度なアルコール摂取やストレスなど、不健康な生活習慣を送っていると、皮膚のバリア機能が低下して皮膚が乾燥しやすくなります。
乾燥知らずの皮膚を手に入れるためには、身体の中から皮膚の機能を高めてあげることも大切です。喫煙や過度なアルコール摂取は控え、十分な睡眠を取りとストレスフリーな生活を送り、身体の中から皮膚の健康を図っていきましょう。


乾燥による皮膚の痒みは決して放置してはいけません。放置することで、湿疹や炎症などのトラブルにも発展しかねないため、決して油断せず早期から対策していくことが大切です。
まずは皮膚の乾燥を防ぐことを第一に考え、今回ご紹介した改善方法やケアに取り組んでみましょう。これらを続けていくうちに、乾燥知らずの健やかな皮膚へと改善を図ることができるはずです。
万が一、乾燥や痒みが改善されないようであれば、早めに皮膚科を受診して、専門医に診てもらってくださいね。

関連記事