開いた毛穴とおさらばする!頬の毛穴が開いてしまうNGな習慣

開いた毛穴とおさらばする!頬の毛穴が開いてしまうNGな習慣

年齢とともに開いてくるものだと思っていた毛穴の開き。最近では若い人でも毛穴が開いてしまうという悩みを見かけます。必死に開いた毛穴を閉じようとスキンケアに力を入れるより、いつもの習慣を正すだけで改善されるかもしれません。

頬の毛穴が開いてしまう原因と習慣

そもそも毛穴が開く原因は『肌のたるみ』。たるみによって重力に逆らえず、開いてしまった毛穴は通常の丸い形ではなく、帯状の形になってしまいます。

また、肌の水分が不足し、乾燥状態が続いてしまうことも毛穴の開く原因となり、保湿をしっかりと行うだけでもキメが整い、毛穴を目立たないようにしてくれます。

それでは、知らないうちにやってしまいがちな毛穴を広げてしまう習慣を紹介していきます。

<洗浄力の強すぎる洗顔料、クレンジングを使用している>
お肌には水分を保持するための角質層や細胞間脂質がバランスをとって存在しています。このお肌を保護するための成分が流出してしまうことでお肌の水分の保持力が激減し、毛穴の原因でもある乾燥肌へとつながってしまいます。その場合は保湿に時間をかけるよりも、洗顔料やクレンジングの見直しを行うと改善につながります。

<保湿が足りない>
お肌の保湿は主に細胞間脂質が行っています。しかしこの細胞間脂質の主成分であるセラミドは加齢とともに生成される量が減ってしまうため毎日保湿ケアで補う必要があります。保湿が足りていないと前項でも説明したように、乾燥肌の原因となり、毛穴の開きやすい肌になってしまうのです。

<紫外線の浴びすぎ>
紫外線の影響でコラーゲンなどが失われると、肌のハリが失われ弾力のない肌になってしまいます。また、活性酸素の影響により、コラーゲンの生成が阻害されてしまうため、結果的に毛穴の開きだけでなくお肌全体のトラブルにつながってしまいます。紫外線はオールシーズン発生しているので冬場にも対策をしておくことをお勧めします。

<顔の筋肉が衰えている>
表情筋が弱くなると、肌に栄養が行き渡らなくなってしまったり、土台が緩んでしまうことで肌全体の脂肪や皮膚がたるんでしまう原因になります。「あいうえお体操」など簡単なものでもいいので、空いた時間にフェイスエクササイズを行うなど適度に筋肉を保ちましょう。

毛穴ケアは気付いた時に行うのがベスト

いかがでしたでしょうか。毛穴のケアで重要なのは気付いた時にケアを行うことです。毛穴が開いたままの状態では、毛穴から雑菌などが入り込み、様々な肌トラブルの原因にもなります。

毎日の習慣をちょっと変えるだけで毛穴が開くことを阻止することができるので、気付いた時に少しずつ行いましょう。
関連キーワード

関連記事