ジメジメ梅雨の広がる髪に負けない、簡単ヘアケアテクニック

ジメジメ梅雨の広がる髪に負けない、簡単ヘアケアテクニック

梅雨といえば湿気でボサボサになる髪の毛が悩みの種ではありませんか?せっかく巻いてスタイリングをしたのに、梅雨のせいで広がってしまい台無しに…といった経験をしたことがあるはず。そこで今年は梅雨に負けないヘアケアをしていきましょう!

梅雨の湿気でスタイリングした髪の毛がボサボサ…

梅雨の時期は湿度が高くジメジメした状態で外に一歩出るだけでボサボサの髪の毛になってしまいますよね。

また、湿度が気になるからといってエアコンの除湿をつけると部屋が乾燥してしまい、髪の毛がうねったりパサパサになりがち。パーマをしていたり、ブリーチやヘアカラーなどで深刻なダメージを受けている髪がジメジメした梅雨の時期に一番影響が出やすいと言われています。

そのため髪がかなり痛んでいる時は、特に梅雨のヘアケアに力を入れていくことをおすすめします。

梅雨の時期に最適なヘアケア方法って?

特に梅雨の時期は、髪の毛をしっかりドライヤーで乾かすことが大切です。髪が広がる場合は、ドライヤーを上から当てて、優しく引っ張っていくとうねりにくくなります。

ドライヤーを当てる前に洗い流さないヘアオイルを毛先中心に塗布しておくとダメージを防ぐことができますよ。マイナスイオンが発生するドライヤーもおすすめです。そして梅雨のスタイリングは、無理に巻かずにストレートアイロンで真っ直ぐにするのが無難。毛先だけくるんと内側にアイロンを当てておくと、はねにくくなります。

仕上げにキープスプレーをくしにかけて、とかしてあげると広がりを防ぐことができます。週に2〜3回はトリートメントをつけて蒸しタオルで保湿するスペシャルケアを取り入れるのも効果的ですよ。

梅雨のヘアダメージには食べ物も大切!

髪に必要なたんぱく質をしっかり摂らないと、髪のダメージや抜け毛につながってしまう可能性があるため、肉、魚、卵、大豆、乳製品の良質なたんぱく質を毎食に取り入れるといいでしょう。

サプリメントを摂る場合は、亜鉛やクエン酸、ビタミンCや銅なども美髪に欠かせない成分なのでこれらを選んでみてくださいね。髪の毛を優しく労わり、梅雨に負けない美髪を手に入れましょう。

関連記事