気付かぬうちに台形お尻に!? 2ステップで美小尻に戻せる簡単テク

気付かぬうちに台形お尻に!? 2ステップで美小尻に戻せる簡単テク

O脚、外反母趾、骨盤の歪みやゆるみなど、年間2000人もの悩める女性を救う、骨盤矯正パーソナルトレーナー・中村奈緒子さんが提唱する、中村式メソッド。今回は、特にVOCE世代の女性たちに多い、台形お尻の解消法をご紹介します。

腰痛をお持ちのVOCE世代の女性たちの特徴は、2点!

1:キレイな姿勢を保とうとして、逆に腰が反りすぎちゃう(骨盤の前傾)
2:おばちゃんのように太ってなくても、お尻が台形

前回は、「キレイな姿勢を保とうとして、逆に腰が反りすぎちゃう(骨盤の前傾)」についてお伝えしました。

前回の記事はこちらから

今回は、「太っていなくてもお尻が台形(おばちゃん体型への一歩!)」についてのセルフケア対策法をお伝えしたいと思います。

私のメンテナンスルームにお越しになられるクライアントさん達のお悩みランキングは、こちら。

1位 腰痛
2位 肩こり
3位 お腹のたるみ、ダイエット
4位 頭痛、首コリ
5位 О脚
(2016年11月~2017年2月 クライアント70名分のアンケート結果)

「太っていなくてもお尻が台形」の原因と対策法

VOCE世代の方は、「年齢を重ねるごとに太ってきたなー。」という感覚の方はまだ少ないかもしれませんが、お尻の形が台形に変わってきたなって思う方、多いのではないでしょうか。少なくとも、私のクライアントさん達は、かなりの割合でこのお悩みを持っている方が多いです。

これは、お尻の筋力を使わなさすぎるのが原因で、お尻の筋力が落ち、骨盤サイドに脂肪がついている状態なのです。お尻の筋肉の中でも、特に、中殿筋という殿筋の上にある筋肉がうまく使えていないからなんです。

腰痛の方もこの中殿筋の部分に、強い張りを感じる方が多く、ここをほぐすと、私のクライアントさん達のデータですが、8割くらいの腰痛が軽くなります。お尻に手を当てて歩いたり、脚を上げてみたり、股関節を回してみたりしてください。動くたびに、お尻の筋肉が使われるのがわかると思います。

お尻の筋肉は、腰を下から支え、腰にかかる衝撃と重さを引き受ける土台のような役目をしています。腰に問題がある時、腰の痛みをかばおうとした動作になったり、前のめりの姿勢になったりする方、多いのではないでしょうか。

それでは、本来使われるはずのお尻の筋肉がうまく機能していません。お尻の筋肉、特に中殿筋をしっかりほぐし、筋力アップすることで、腰痛にならないからだになりますし、美小尻へのボディメイクにもなるんですよー!

お尻の筋肉がしっかり機能しやすくするために、柔らかい状態にしてあげることだけでなく、筋力をつけることが、VOCEの読者の女性に多い腰痛対策となります。美小尻にもなるんだから、やるっきゃないですよね。

改ページ:[ 美小尻になる方法とは? ]

2ステップで美小尻に!

ステップ1と2は、逆作用(筋肉の逆に作用する動き)なので、セットで行ってくださいね。腰痛があるときは、ステップ1はハードなため、ステップ2のみ行ってください。

ステップ1

仰向けに寝ます。足を腰幅に広げ、足はきちんと腰幅にし、真っすぐなポジションに置きましょう。お尻から上げ、ベリベリ背骨がはがれるようなイメージで持ち上げます。

注意点:この時、ハノ字に足を広げるように置く方や、左右対称でなく足を置く方も多いですが、それでは骨盤が開いたり、左右の歪みが解消しないので、注意しましょう。

悪い例

ステップ1を続けます。お尻をしっかり持ち上げたまま、3呼吸ほどキープしましょう。お腹は、しっかり凹ましたままでの呼吸法です。

これくらい吸っても、吐いても凹んでいるお腹をイメージして下さい。

注意点:お尻から、肩まで上がり切ったポーズをキープするのに、腰が痛むようでしたら、必ずこのように手で腰を支えてくださいね。

逆に、余裕がある方は、この写真の様に、手を伸ばすポジションで支えても、より体幹サイドに効いてくるので、おすすめです。

改ページ:[ ステップ2には疲れにくい脚になる効果も! ]ステップ2

片足を両手で赤ちゃんを抱くように横にかかえ、お尻が横に伸びるような気持ちのよい感覚を味わってくださいね。殿筋の疲労を解消し、ほぐれる効果があります。特に梨状筋という筋肉を伸ばしています。

脚全体に流れる太い神経の近くにある筋肉を伸ばす動きなので、お尻をほぐすだけでなく、疲れにくい脚になる効果もあります。

筋が硬くなるコリは、血行が悪くなり、柔らかくなくなった状態ですが、この筋に柔軟性を戻してあげることが、腰痛対策としてかなり効くのです。この状態で、曲がってる方の足をゆらゆら揺らし、股関節を動かしてあげても効果的ですよ!

ステップ1と2は、逆作用(筋肉の逆に作用する動き)なので、セットで行ってくださいね。ステップ1の後にされると、気持ちがいいはずなので、ぜひ行ってください。デスクワークが多くなった時など座りっぱなしや、また、立ちっぱなしの時にも、とっても効きます。腰痛どころか、ヒップアップまでできちゃいます。

Before&Afterはこちら

いかがでしたでしょうか?すぐ生活の中でできるものなので、ご自身の生活の中で、行ってくださいね。自分でできる腰痛防止ボディケア方法になります。

次回は、お悩みランキング2位の、肩こりについてです。肩こりを解消すれば、バストもアップするんですよー♪生活面でよくする動作から、自分でできる肩こり防止ボディケア方法をお伝えしていきますね。お楽しみに!

VoCE最新号は「dマガジン」でお楽しみ下さい!

VoCE最新号

dマガジン会員の方は「最新号を読む」から是非続きをご覧下さい。

dマガジン非会員の方はまずはお試し!
今なら初回31日間無料「無料トライアル」へ

関連キーワード

関連記事