日焼け防止!日頃からどんなケアをすれば日焼け対策になる?

日焼け防止!日頃からどんなケアをすれば日焼け対策になる?

すでに紫外線対策はされていますか?この時期の紫外線は初夏と変わらないと言われています。ちょっと外に出ただけなのに…と、うっかり日焼けをしないためにも、日焼けしにくい肌作りをして初夏を綺麗な美白・美肌でむかえましょう!

日頃から日焼け対策をしていますか?

春もすっかり過ぎ、梅雨の時期に入ろうとしています。その前に、もう夏なのかなと勘違いしてしまうくらい日差しの強い日がありますよね。そんな時に一番気になるのが「紫外線」ではないでしょうか?

この時期の紫外線は、初夏の7月と変わらないと言われています。しかし、まだまだ春気分が抜けず、うっかり日焼けをしてしまうことがありませんか?今回は、うっかり日焼けを防ぐために、日頃からのちょっとしたケアをご紹介いたします。

日焼け対策のご紹介

【保湿をしっかりして日焼け予防】
肌が乾燥していると焼けやすくなってしまいます。干物の魚と生魚を一緒に焼くと、干物の魚の方が早く焼けます。干物は水分が元々ないので焼けやすく、生魚は水分があるためになかなか焼けないのです。その原理と同じように肌にも水分があると日焼けをしにくいので、しっかり保湿をすることが大切です。最近は、日焼け止め効果のあるボディクリームもありますので、そちらを使うと保湿と日焼け対策が同時に出来ます。

【高濃度ビタミン点滴で日焼け対策】
もし日焼けをしてしまったら、身体の中から対処しましょう。高濃度のビタミンCが肌が黒くなる原因である「メラニン」の生成を抑えてくれます。また、コラーゲンの生成を促し、肌に弾力を与えてくれると言われているので、美白と美肌が手に入りますね。日焼けした時だけでなく、1〜2週間に1回のペースで点滴をすると、より美肌に近づけるでしょう。

保湿は、お風呂上がりやちょっとした時間で出来るケアです。点滴は少しラグジュアリーなケアですが、女子力アップが期待できる時間を過ごしながら日焼け対策をして、今年の夏は美肌で過ごしましょう!

関連記事