入れて飲むだけで美容効果抜群!話題のチアシードの効果と成分は?

入れて飲むだけで美容効果抜群!話題のチアシードの効果と成分は?

最近モデルさんなども活用しているほど話題のチアシードは、1粒1粒は小さいのに豊富な栄養が詰まっています。栄養価が高いうえ、美容に嬉しい効果もたっぷりと詰まっています。今回はそんなチアシードに含まれる美容成分と効果について紹介します!

チアシードに含まれる美容効果とは

チアシードは有名なモデルさんや芸能人にも愛用者が多くいるほど、美容に良い食べ物として注目されているいわゆるスーパーフードのひとつです。それでは実際にどのような効果があるのかを紹介していきます。

■ビタミンE
ビタミンEはチアシードに含まれるミネラルの一つです。肌トラブルを予防し、シワやシミなどを防ぐ効果が期待でき、エイジングケアに有効的だと言われています。
■オメガ3
美容に良いとされるオメガ3は体内で作り出すことが難しいため、青魚やエゴマ油などの食材から摂取する必要があります。Αリノレン酸は細胞間脂質の原料となる大切な物質で、血液の循環を促進したり、肌の新陳代謝を促進し、お肌の保湿力を向上させる働きがあります。
■亜鉛
亜鉛はエイジングケアに有効とされている栄養素の一つです。他にもニキビを予防してくれたり、お肌にハリや弾力、柔らかさを与えてくれる効果があります。
■マグネシウム
マグネシウムにはホルモンバランスの崩れを防止し、自律神経を整え、ストレスからくる肌荒れを予防する効果を期待することができます。

チアシードの摂取方法

そんな栄養価が高いチアシードですが、実際にそのように摂取するのがベストなのでしょうか。

美容に良い食材のチアシードですが、カロリーは10gで50kcalあります。美容に良いからといって食べ過ぎてしまうと、高カロリーになってしまいます、そのため、チアシードの1日の摂取量の目安としては大さじ1杯と推奨されています。

また、チアシードを摂取する際は、そのままの状態で食べるのではなく、10〜12時間ほど水に浸しておくと良いとされています。これは、チアシードに発芽毒と呼ばれる人の体に悪影響を及ぼす可能性がある成分が含まれているためです。水に浸して、ジェル状になったチアシードを摂取することをお勧めします。

チアシードの摂取方法としては水や飲料に含めたり、ヨーグルトに入れると食べやすくなるようです。いつも摂取している飲み物や、ヨーグルトやお料理にプラスして健康的に美肌を目指しましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事