今話題のメイクアイテム「水チーク」の正しい入れ方・魅力とは?

今話題のメイクアイテム「水チーク」の正しい入れ方・魅力とは?

自然な血色感が出せると話題の最新メイクアイテム「水チーク」の正しい入れ方について解説します。もし水チークがない場合には、最適な代用品についてもご紹介していますので、あわせてチェックしてみてくださいね!

イマドキ女子に話題!水チークの正しい入れ方について

徐々に話題になり始めている最新メイクアイテム「水チーク」。外観は一見マニキュアのようですが、蓋を開けるとマニキュアのようにドロドロしていなく、サラサラとした水のようなテクスチャーになっています。液状になっていることでクリームチークやパウダー状のチークよりもスーッと肌になじみやすく、今流行りの血色メイクにも適していると評判がいいそうです。

<水チークの正しい入れ方>
1.頬の高い位置に3本線を描きます(猫のヒゲを描くようなイメージです)
2.指の腹を使ってくるくる円状に回しながら、乾かないうちに肌にしっかり馴染ませていきます
3.反対側も1〜2と同様に塗っていきます

水チークを使用するメリットについて

水チークにはどのような特徴・メリットがあるのでしょうか?水チーク初心者の女性向けに紹介します。

<水チークを使用するメリット>
水チークにはウォータープルーフ処方の製品が多く、朝つけたら夕方までしっかり色持ちを維持してくれるなどの効果が期待できます。

たった2滴ほどで両頬分のチークが完成するのでコストパフォーマンスも高いと言われています。節約しながらメイクを楽しみたい方は、毎日メイクに取り入れてみてはいかがでしょうか?

水チークに代用品はあるの?

水チークを検討している方にとって購入までの間、チークをアイシャドウとして使うメイク方法があるように、水チークの代用品があれば嬉しいものですよね。こちらでは、水チークの代用品として一時的に使えるアイテムをご紹介します。

<水チークの代用品について>
水チークの代用品としてテクスチャーや発色具合も非常に似ているリップティントがおすすめです。使い方としては、少し濃いめのリップティントを手の甲に塗り、綿棒を使って少量のパウダーファンデーションを混ぜてください。リップティントをそのままつけるよりもファンデーションを混ぜることでより自然な仕上がりに近づけることができます。

また、リップティントがない場合は、口紅とフェイスオイルを混ぜることで水チーク風の頬メイクを楽しむことができますよ。ティントよりも色持ちは短いですが、近場でのショッピングなどにおすすめです。

なお一時的な代用品としてお使いになる場合、お肌に合わないことがありますので必ずパッチテストを行ってから使用するようにしましょう。

関連記事