合わない制汗剤で体臭が悪化?! 制汗剤の選び方と使い方のポイント

合わない制汗剤で体臭が悪化?! 制汗剤の選び方と使い方のポイント

気温の上昇とともに、気になってくるのが汗やそのニオイですよね。夏に向けて使う機会が増えていく「制汗剤」。とても便利なアイテムなのですが、実は自分の体質に合っていなかったり使い方が悪かったりすると、逆に体臭が悪化してしまうことがあるんです!

使い方・選び次第で逆効果?!「制汗剤」で体臭が悪化する原因

汗をかきやすくなると、気になってくるのが「体臭」ですよね。手軽に出来るニオイ対策として、多くの方が愛用する「制汗剤」ですが、自分の体質に合っていないタイプや、間違った使い方をすると、逆効果となり、体臭が悪化してしまうことがあります。また、肌荒れや黒ずみの原因になることもあるので、選び方や使い方をチェックして、肌トラブルなく使いましょう!

では、ニオイや汗を防ぐ為の「制汗剤」が、どうして体臭を悪化させてしまうことがあるのでしょうか?
制汗剤には、様々なタイプのものが販売されていますが、効果を大きく分けると「汗の分泌をコントロールする」ものと「殺菌・消臭して汗のニオイを防ぐ」というものに分かれます。

汗が出ることは、人間の身体にとって自然な現象なのですが、制汗剤を使うことで、汗腺と呼ばれる汗の出入り口にフタがされ、汗が閉じ込められてしまいます。そうすると、身体の中の老廃物や毒素が排出されにくくなり、体内に溜まることでニオイの原因になるというわけなんです。

また、殺菌作用の強いものや、制汗剤の過剰な使用により、肌にいる必要な常在菌まで減らしてしまいます。その結果、悪玉菌が増えてしまい、ニオイの原因になることも。

体質に合ったものを!制汗剤の選び方・使い方とは

様々なタイプの「制汗剤」の中から、なんとなく選んでいる、という方も多いのでは? 一口に制汗剤と言っても、タイプによって特徴が異なるので、自分の体質に合ったものを選ぶこと・目的によって使い分けることが大切です。

◎スプレータイプ
制汗剤の中で一番主流なスプレータイプ。ニオイがあまり気にならない、という方にオススメです。
汗をかく量が多い方は、汗でパウダーが固まり、ニオイの原因になってしまうことがあります。

◎直塗りタイプ
ニオイが強いと感じる方には、直塗りタイプがオススメ。肌に直接塗ることが出来、密着度が高いので、ニオイを防ぐ効果が高いです。
殺菌作用が強く、制汗効果が高いので、肌が弱い方・汗をかく量が少ない方は注意が必要です。

◎シートタイプ
ニオイがほとんど気にならない方にオススメのタイプです。
汗のベタつきとニオイを一緒に拭き取ることが出来、便利です。

<使い方のポイント>
◆夜寝る前につける
外出前につける、という方が多いと思いますが、実は夜につけるのが効果的なんです!
制汗剤は、清潔な肌につけないと、上手く効果を発揮しません。お風呂上がりやシャワー後につけるのがベストでしょう。

◆汗を拭き取ってから
既に汗をかいていた上から制汗剤をつけても、効果は半減とか。
ウエットティッシュやタオルで汗を拭き取ってからつけましょう。

◆全身に使わない
汗には「体温調整」をする働きがあります。
全身に制汗剤を使うと汗腺が塞がり、体温調整にも影響が出ることが。使う時は、部分的にしましょう。

「制汗剤」はとても便利なアイテムですが、自分の体質に合った選び方をし、正しく使用することで、より効果的に使うことが出来ます。

汗ケアをしているつもりが、逆に体臭が悪化してしまう、なんてことがないように、自分に合ったアイテムを選んで、暑い季節を乗り越えましょう!

関連記事