日焼け止め+αになる「食べ物」&レシピでシミを予防&改善させる!

日焼け止め+αになる「食べ物」&レシピでシミを予防&改善させる!

紫外線による肌へのダメージを本気でケアしている美肌女子たちは、日焼け止め+αとなる食べ物で体の中からもケアをしています。その食材はどれも身近にあるものですが、効果的な食べ方をすることで効率が一段とアップします。美肌食材とともにご紹介します!

日焼け止め+αになる「食べ物」がシミに効く理由とは?

どんなにSFPやPA数値が高い日焼け止めを塗ったとしても、紫外線を100%遮断することはできないと言われています。また紫外線UVAはとても強く、室内にいてもガラス窓を平気で通過して、私たちの肌に入ってくるので、本当に油断できないのです。

そんなとき、日焼け止め+αのケアが重要になってきます。できてしまったシミや今後シミになるような状態(=隠れシミ)を改善させるには、すでにできたシミを薄くしたリ(=改善)、シミの元となるメラニンの過剰な生成を抑制してくれる(=予防)「ビタミンC誘導体」化粧品によるケアがおすすめです。

それと同時に、化粧水では届きにくい肌の奥深い部分には、「ビタミンC」を食べることが有効です。それはビタミンCの有効成分が、体の中から直接シミやシミの原因に働きかけることが期待できるからです。

日焼け止め+αとなる食べ物「ビタミンC」が豊富な食材とは?

具体的にビタミンCを豊富に含む食材というとフルーツなどが思い浮かぶと思いますが、以下のような野菜や緑茶にも豊富に含まれています。

・果物・・・イチゴ、オレンジ、キウイなど
・野菜・・・キャベツ、トマト、ブロッコリー、ピーマン・パプリカ、青菜類、イモ類など
・緑茶の茶葉、焼きのり など

日焼け止め+αの食べ物「ビタミンC」が効果的に取れるレシピとは?

◆生で食べるか電子レンジで調理する
ビタミンCは水に溶け出てしまう性質があります。キャベツなど生で食べられる野菜をお湯でゆでる調理法は、茹でこぼしたお湯の中に大量のビタミンCが流れ出てしまうそうです。生で食べるか電子レンジで蒸すように調理する方法がおすすめです。

◆ビタミンEと同時に摂取する
ビタミンEは、肌の回復を遅らせたリ、肌の老化を早めたりする活性酸素を抑える「抗酸化作用」があります。ビタミンCはそういったビタミンEの働きを助ける作用を持っているので、同時に摂取すると相乗効果で作用も高まります。
ビタミンEはナッツ類や魚に豊富に含まれているので、毎日食べるサラダには、市販の無塩ナッツや魚の缶詰などをうまく活用して同時に食べると良いでしょう。

◆ベータカロチンも忘れずに
活性酸素の働きを抑える作用があるもうひとつの成分がニンジンやカボチャ、トマトなどに豊富に含まれるベータカロチンです。日差しを多く浴びた日だけでなく、予防的な観点として野外レジャーなど日差しを浴びる予定がある前には、意識的に摂取していきましょう。

◆効果抜群!手作り野菜スープのススメ
ビタミンEはサラダ油、菜種油などにも豊富に含まれています。それゆえ、野菜類をビタミンEが豊富な油で軽くいためた後、その鍋に水を投入して煮込むだけでビタミンE、ビタミンC、ベータカロチンたっぷりの理想的の野菜スープが出来上がります。
特に、夏の冷房などで冷えた体は代謝が悪くなっているので、温かいスープで体を温め代謝を上げ、肌全体の新陳代謝も促しましょう。

◆煎茶は茶葉ごと食べられるものを選ぶ!
茶葉から抽出した液(通常私たちが「お茶」として飲んでいるもの)は、茶葉に含まれているビタミンCが大きく減っているのをご存知ですか?『七訂食品成分表2016』によると、茶葉の段階では260mgものビタミンCが含まれているのに対し、煎茶の浸出液になると6mgにまで激減してしまっています。
シミなどの美肌対策として、お茶を飲むときは、茶葉ごと飲める粉末タイプのものを選ぶか、茶葉を粉状に挽くことができるマシンなどを使って、茶葉ごとしっかりいただくことがポイントとなります。

日焼け止め+αの食べ物で、この夏こそは、真なる美肌をめざしましょう!
関連キーワード

関連記事