ボタニカルはオーガニックとどう違う?ボタニカルシャンプーの選び方

ボタニカルはオーガニックとどう違う?ボタニカルシャンプーの選び方

CMでも目にする、英語で「植物の」を意味するボタニカルシャンプー。オーガニックとの違いとは?どんな種類があるの?そんな素朴な疑問が多いボタニカルシャンプーについて調査しました。匂いも良い人気商品やボタニカルオイルなどオススメ成分、そして選び方のポイントを知って、理想の髪と頭皮を手に入れましょう。

そもそも「ボタニカル」って何?どんな意味?

ボタニカル(botanical)とは、英語で「植物の」「植物由来の」という意味。シャンプーに限らず、植物をモチーフにした柄のファッションやインテリア、ネイルなどにも使われていますよね。カフェやレストランのテーマになっていることも。

植物由来の成分を使用したシャンプーを一般的に「ボタニカルシャンプー」と呼んでいます。ただし、ボタニカルシャンプーの厳密な定義や基準はなく、メーカーが「ボタニカル」という名前にしたければ、どんなものでもボタニカルシャンプーと名付けることができます。

植物以外由来の成分が混ざっていてもボタニカルシャンプーと謳って問題はありませんし、反対に100パーセント天然成分でできたものでもボタニカルと呼ばれていないものもあります。「ボタニカルシャンプー」は曖昧なものと言えますね。

自然派志向が高まっている今、私たちは「ボタニカル」という言葉に「髪にやさしそう」「天然成分が良さそう」という良いイメージや興味を抱きがち。そのため「ボタニカルシャンプー」というアイテムが増えているというのが現状です。

オーガニックと何が違う?ボタニカルシャンプーとは?

もっと具体的にボタニカルシャンプーの特徴について見ていきましょう。

ボタニカルシャンプーのメリット&デメリット

〈メリット〉
・アミノ酸系や石鹸系などの低刺激な洗浄成分を使用しているものが多く、髪と頭皮に優しい
・適度な洗浄力で皮脂を奪いすぎないため、乾燥防止に
・環境に配慮したものが多い

〈デメリット〉
・洗浄力が弱めなため、スッキリ洗い上がった感じが少ない
・泡立ちがあまり良くない
・価格が高め

これらはそれぞれのシャンプーに使われている成分によって左右されます。ボタニカルシャンプーは「植物成分由来の成分を使用したシャンプー」を指しているため、それ以外の成分が入っているものも当然含まれているのです。キャッチコピーに惑わされず、成分をよく確かめてから購入することが大切。

オーガニックシャンプーとの違い

また、植物由来というと「オーガニックシャンプー」がありますが、ボタニカルシャンプーとの違いはなんでしょうか。「オーガニック」とは、化学肥料や化学合成農法などを使わず栽培された植物のことで、オーガニック認定を受けた植物成分を使用しているものをオーガニックシャンプーと言います。

ボタニカルシャンプーの場合は、植物成分由来という意味合いですので、オーガニックかどうかは特に関係していません。こう聞くとオーガニックシャンプーの方が優れているように思えますよね。ですがオーガニックの成分率に決まりはないため、たったひとつでもオーガニック成分が入っていればそれは「オーガニックシャンプー」。一概に優劣は決められません。

ボタニカルシャンプーの選び方のポイント

ボタニカルシャンプーも今は多くの商品が販売されています。「興味はあるけどどれを選んだらいいのかわからない…」というあなたのために、おさえておくべき3つの選び方ポイントをご紹介しますね。

自分の悩みにあった植物成分が配合されているかチェック

今ボタニカルシャンプーに興味を持っているあなたは、髪や頭皮に悩みがあったり、使っているシャンプーになんらかの不満があったりするのでは?せっかく試すのですから、成分をチェックして、自分の悩みにあったものをチョイスしましょう。

・乾燥しているなら…
頭皮が痒かったりフケが気になったりするのであれば、頭皮の乾燥を防ぐ天然植物オイルやヒアルロン酸、海草エキスといった保湿成分配合のものがオススメです。そのほか頭皮があれていたり炎症が出ているようなら、アロエベラエキスやカミツレ花エキスなど抗炎症作用のある成分もいいですね。

・抜け毛が気になるなら…
血行促進作用が期待できるセンブリエキスや、オウゴンエキス、オタネニンジン根エキス、シラカバ樹皮エキス配合のものなどが悩みにアプローチしてくれるでしょう。

・ダメージが気になるなら…
ハチミツやハイビスカス、アルガンオイル、トウキンセンカ花エキス、アボカドエキスなどの天然の成分が髪を補修して、ダメージをケアしてくれます。髪に馴染んでしっとりした手触りに。キューティクルの保護作用も期待できますよ。

・ハリやコシ、ボリュームが気になるなら…
マツエキスやアルニカエキス、フコイダン、サクラ葉エキス、ハイブリッドローズ花エキスなどが、髪にハリとコシを与えて強くしてくれると言われている成分です。年齢を重ねるとどうしても髪が細く頼りなくなってしまいがちなので、試してみては?

洗浄力や安全性をチェック

基本的には天然成分を使用している優しい洗浄力のものが多いのですが、「ボタニカルだから安全」と思わず、成分表は購入前にしっかりチェックしましょう。含有率の高い順に記載されているので、「洗浄成分は石鹸系」と謳われていてもその成分が後半に書かれているなら含有量はごくわずかということ。前半に「〜硫酸」や「〜スルホン」といった成分があるものは、比較的刺激の強い洗浄成分が多く含まれています。

また洗浄力は高級アルコール系シャンプーより低めなので、汚れが落としきれなかったりするものも中にはあります。使ってみて頭皮の汚れやベタつきなどを感じるようなら、あなたの髪質や体質には不向きかもしれません。

そして、ボタニカルは「無添加」という意味ではありませんから、添加物が含まれているものも当然あります。添加物というと危険というイメージをすぐに持ちがちですが、品質をアップさせて安定させるための物質。とはいえアレルギーの原因になったり、皮膚に刺激を与えてしまう場合もあります。敏感肌さんやアレルギー体質の人は注意しましょう。

自分好みの匂い・香りかをチェック

どんなに髪や頭皮に良くても、匂いが好みでないと使い続けるのは難しいですよね。ボタニカルシャンプーの多くはアップルやジャスミン、アプリコットやローズ、ライムといった植物性の自然な香りを持っています。

シャンプータイムをよりリラックスして楽しめるように、香りが自分にあったものを選びましょう。店頭販売されているものであれば、香りのサンプルを試してみて。

人気のボタニカルシャンプーのおすすめ5選

現在販売されているボタニカルシャンプーの中で、オススメのものをピックアップしてみました。あなたの髪を美しくしてくれるシャンプーはあるでしょうか?

ハーブガーデン さくらの森シャンプー(さくらフォレスト)

天然由来成分100%のシャンプーで、保湿力と髪の手触り感アップに定評があります。アミノ酸系の洗浄料を使用していて肌へも低刺激。オーガニック成分やエイジングケアのための10種の植物エキス、ヒアルロン酸などの高保湿成分を含む、ノンシリコンシャンプーです。

haru黒髪 スカルププロ(haru)

化学成分無添加で、100%天然由来。蓄積した毛穴汚れなどを取り除いて、ボリュームのある若々しい髪に導いてくれる、エイジングケアにアプローチしたシャンプーです。リンスやコンディショナーは不要とされています。

モイスト&フォレスト(mogans)

主な洗浄成分はヤシの実由来で、汚れがよく落ちるのに低刺激です。アミノ酸成分が20種類配合されていて優しく洗い上げます。12の無添加で赤ちゃんの肌にも優しい処方なのに、比較的さっぱりした洗い上がり感。

ボタニスト(I-ne)

アミノ酸系で、スムース(サラサラタイプ)、モイスト(しっとりタイプ)、スカルプ(さっぱりタイプ)、ダメージケアの4タイプから好みで選べます。通常のタイプのほか、リフレッシュラインや季節限定の香りのものも。

パールリッチ(ZACC)

青山・表参道のサロン開発のシャンプー。石油系洗浄成分・シリコンゼロ。植物由来の洗浄成分100%に加えて、美容液のような天然由来成分(パール、天然炭、シルク、和漢ハーブエキス、ボタニカルオイルなど)を21種類配合しています。

ラックスプレミアム ボタニフィーク(ユニリーバ)

100%アンデス産ピュアオーガニックオイル、ボタニカルフラワーオイルなど6つの植物由来成分を配合。洗浄成分も植物由来です。ナチュラルエッセンスオイルも配合で安らぐ香りです。しっとりとサラサラの2タイプから選べます。

まとめ

いかがでしたか?なんとなく良さそうなイメージのある植物性の「ボタニカルシャンプー 」。ですが品質や成分をよく見極めて、自分にあったシャンプー選びをすることがやっぱり大切、ということがお分かりいただけたかと思います。

あなたの髪にピッタリのシャンプーが見つかりますように!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事